[PR]

クリエイターに直接お返しをする時代が来る(草案)

未確認で進行形 アニメの話

年始/正月をいかがお過ごしでしょうか。
今年はカニのお鍋を食べました。

忍野メメが言っていたようにほんと食べにくかったですし、戦場ヶ原ひたぎが言っていたとおりとっても美味しかったです。まる。(脈絡なしの『セーラー服と機関銃』オマージュ

 

タイトルは「クリエイター」としていますが、ここには「バンドマン、アイドル、コンポーザー、エンジニア、DJ、ライター、カメラマン、アニメーター、イラストレーター、メーカー」なんでも代入できると思います。ひとまずアニメーターを軸に話を進めます。

 

去年はアニメ界でいろいろと悪い慣習が露呈した印象がありました。

けものフレンズ』をめぐる人事のことだったり、バンダイチャンネル会長の松本氏が送検されたことだったり、原画マンの低賃金の実態であったり、生活が苦しい動画マンと天才画家のビーフだったり。低賃金/低報酬というのはどこのセクションにも当てはまるであろうことなので、全体の予算の問題とも言い換えたほうが良いかもしれない。

素人が首をつっこんでいっちょ噛みできるほど正確な情報があるわけじゃないんですが、水面下での濁りが表面化していって周知にはなったものの、ラスボスも中ボスもいるのはわかったものの、そのあとどうやって倒すのか誰が倒すのか、いつ倒すのか。現場にはいない私を含む視聴者ユーザーはどうすりゃいいのか。不買運動/退会運動に効果はあるのか。

裏方のクリエーターの生活なんて知ったコッチャねえ、って人もいれば、
面白い才能が生活苦からクリエイターを辞めざるを得ない状況になるのは防がねばって気持ちの人もいると想います。

アニメは声優が一番の花形で、画や音楽は二の次にされがちだが、
決して裏方ではない。十分に表だと思う。思いたい……。だがしかし……

ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン──までいくと綺麗事が過ぎるとも思うが、撮影も美術も音響も制作も必要不可欠なセクションなのは変わりなく、失敗したときだけ注目される、バンドで言えばベースみたいなポジションだが観てる人は見てるの精神でこれからも良いものを作っていただきたい。

前置きが過ぎました。すみません。

[PR]
[PR]

「お布施」のためにDVDを購入するという選択について

突然ですが、「スタッフへのお布施」と言いつつ購入したあのDVDや「二期祈願として」購入したあのブルーレイやグッズが、クリエイター(「アニメ化に携わったスタッフ」としておきましょう)にどのくらい還元されるかご存知でしょうか?

原作媒体のほうへ流れたお金はもちろん、DVDからの分配などもたかが知れているので「生活を支えるほど大きくは返らない」とはおよそ検討がついていましたが、先日、現場にいる方の呟きからも言質が一応はとれた感じです。

(ソースがTwitterって弱すぎるだろって意見も甘んじて受けます。数値化できていないままでは信頼性に欠けることも自負しているつもりです)

還元する/されるものって、実は”ものすごく”少ない。

なんだったら、直接会って晩御飯代を払ったほうが還元されるんじゃなかろうか……とすら思う。

しかし、「直接会う」なんてハードルはとても高い。物理的距離、プライバシーの問題、双方忙しいなんて場合もあるでしょう。私も杉並区まで行くのは嫌です。

その問題がクリアになりそうな方法があるんです。確認作業を怠っているのでまだ草案の段階なのですが……。エビデンスなんかねーですが……。(よくわからない方は「エビデンス、ねーよそんなもん」で検索してください)

ウィッシュリストってあなどれない

ほしいものリスト

ウィッシュリストっていうのはAmazonがサービスを提供している「ほしいものリスト」のことです。ニコ生でジャーナリズム高ぶらせてドローン飛ばしたことでも一時名を馳せたN○ELに、おもちゃ代わりに高価なドローンを買い与えたルートがウィッシュリストもといほしいものリストだって話です。[要出典]

結局ね、テレビに映るお仕事だなんだと言っても個人事業主の一般人なんですよ、大半の方は。「すごい」じゃ形容しきれないくらいの技術を持っていてもやはり一般人なんで。ジョブズもザッカーバーグも一般人なんで。ほんと一般ってなんなんだよ!?巽悠衣子ご結婚の報にダメージ喰らってる勢)

だから(?)武士は食わねど高楊枝なんてポーズはやめて、

「クリエイターはTwitterなり個人HPなりにウィッシュリストを公開すればいい」

 

──と提案したい。いや、すでに実行している方もいるので厳密には「提案」どころではないけれど、とかくこれが広まれば生活の一助くらいにはなるんじゃないかと夢想している。

そういうことを言うと「乞食だ」「物乞いだ」「恥ずかしくないのか」って、柴田さんのクラウドファンディングのときにも似たような声が上がったらしいんですけど、野次なんて全部聞いてても仕方ない。

実際、コミュニティなんてものは、楽しみたい人と楽しませたい人が成り立っていればいくら小さくても良いんですよ。「俺たち勝手に楽しみます。勝手に思い出つくります」のスタンスで良いんですよ。学年全員で沖縄なんか行かなくても、視聴覚室で3人でだべってるだけで良いんですよ。

まあそれは置いといて。

私の部屋でアニメを鑑賞できる環境があるのはテレビの存在や配信媒体やそれ以前の巨額のお金の存在があってこそなので、テレビ局や製作とか全否定は当然できない身分なんですけど、そのあたりもまあ置いといて(おい

アニメーターは一般人なのだからせっかくのご厚意に甘えて、OFUSEだろうがクラウドファンディングだろうがウィッシュリストだろうが使えるものは全部使って、なるべくしてクリエイター業を続けていただきたい。

作り手が求めてるのは一家言なのか、今一度考えてみよう。
作り手を支えるものは一家言なのか、今一度(以下略

貧困芸、貧困フェイク芸、どんとこいですよ。

で、ウィッシュリストで何ができるのか。何が起きるのか。

ウィッシュリストの流れはこう

アニメーターを(a)、ユーザーを(u)として簡約すると、

  1. a)「ほしいものリスト」を作成する
  2. a)リストのリンクをTwitterなり個人HPなりに公開する
  3. u)公開されたリンクから「ほしいものリスト」にアクセス
  4. u)リストの中から贈りたいモノを選んで購入
  5. ※ uの残高は減り、a宛に荷物が発送される
  6. a)配達された荷物を受け取る

これでやり取りは終了です。けっこう簡単。贈る側、受け取る側の両方がアカウント持っていないとできないのが多少ネックです。といっても、アカウント自体はすぐに作れるのでそこまで高いハードルってわけでもないです。やろうと思えば、今月中にでもできます。クレジットカードがない人はコンビニなどでギフト券を買う必要がある。

 

※贈与税のこととか一切考えずに書きましたが、税の対象に当てはまるのかどうか以前に年間110万とかイカんでしょ。

補足:ほしいものリストにはamazonギフト券も載せることが可能っぽい※まだお金の移動は試みていない)。可能だった場合、15円から刻んでいけるので投げ銭感覚でチップを渡せます。匿名性を保持したまま贈ることもできます。(※未検証)

ほしいものリスト

ガチャ一回分/コーヒー一本分をかっこいい作画やかっこいい演出やかっこいい音楽やかっこいい効果音やかっこいい撮影やかっこいい美術に回すのってそんなにしんどくないでしょ?

月一でも1クール一回でもいいじゃないですか。
そんなのは、おのおの余裕のあるなしで決めたらいい。

ノブレス・オブリージュごっこみたいな軽い気持ちで。

 


ここからは個人的なダラダラした話です。

とりあえずはウィッシュリストの存在と認識が広がれば、この記事の目的は達成できたと思います。

 

……続くぜ、だらりと……

一人100円の投げ銭を想定

コミケって50万人くらいの来場者がいるんですよね? 重複する人ももちろんいるでしょうけど、家でテレビ観るくらいなライトな層とか合わせると「アニメが好きな人」はどんぶり計算でも最低100万くらいはいるんじゃないですか。

アニメが好きな人の半分はコミケに行く、という命題を考えると「せいぜい三分のいちくらいだろ」という反証が立つので、コミケ来場者の三倍が潜在数として150万でも問題なさそうですね!!

まあ詭弁ですけど。

冗談は置いといて、50万×100円で5000万円のお金が動く。大した労力もなしに──。

5000万を全数で割るとまあ悲しいぐらい減るんでしょうが、ある程度は有意義なことだと思う。何もしないよりかは。

それに一回100円だったらリトライにも抵抗が少ないでしょ。

 

いくつかの不安

もしこういう慣例が──ファンの一人ひとりが制作会社や製作会社を介さずに直接的にアニメーターへ還元する行為が──常習化とはいわずとも活性化した結果、グッズやディスクの売上に減少の傾向があらわれた場合に、製作や製作がどういう対処でもって作り手と対峙するのか。そこは少し怖い想像が働いてしまうところではある。

というのも、
この草案はアニメーター支援が目的ではあるけれど、作品にかかる予算が増えるとかカットの単価上昇が望めるとか、そういった類の話ではない。そういう影響は一切生まれない。

ただアニメーターの生活を部分的にバックアップできる猶予があるという話。バーチャル親戚erみたいな存在になって仕送りするようなものです。早い話が不定期なパトロンです。

仮に外的支援が届いても、本来の「上」から降りてくるべき報酬は変わらず、ともすれば「他所から何かいただいてるんでしょ? じゃあ、これくらい(低単価)でも問題ないですよね?」みたいな陰湿な事態になる……とは思いたくないですが、そうなったら怖い。(悪い人像を作りすぎてる感はある)

その人の参加を望んでの行為が、却ってその人の処遇を追い込むなんて本末転倒

もうひとつ危惧しているのは、助けになるつもりが格差を深めることになる可能性。

縁の下の力持ちは大抵の人間には視えない

誰に援助を送るかって段階になったとき、判断材料としては「あそこのあのキャラクターの芝居が凄い良かった、ああいうのがまた観たい(作画の話)とかそんな感じなわけですが、どなたが手掛けたのか正直わからないんですよね。最近になって「ここはあの人かな?」って人もいますが、極少数。キャストだと簡単に結びついたり確認も容易ですが、作画や動画はそれも難しい。

となると、さんざ偉そうなことを言っていたくせに結局のところ有名な人か有名になった人が、上から選択肢と優先順位を埋めてしまうことになる。それは悪いことではないけれど。

私の援助が手助けになればと思うのは「感動させてくれたものを作った人」「また感動させてくれそうな人」なので。まずはそこからなので。

全部の要素が追えない以上、前に出てこない人はこちらも見つけられない。ポートフォリオ見して、なんて言えないし。フォローにも限界はあるんだと痛感する。

「誰の仕事かもわからずに援助とか支援とか、ぬかしおる」と言われればその通りなんだけど、9割わかるまで待ってたら辞めてるかもしれないしね。バンドが解散してから「もっと聴きたかった」「好きでした」とか言い出すやつは大嫌いなので。今でしょ、タイミング的には。今更でも、でしょ。

昨今、自分のパートを公開するアニメーターも少なくないですが、ああいった場で自分の好きな絵を描く人に出会えるといいですね。

(しかし、答え合わせが身近になったぶん、視聴前に予期せぬカンニングとなってしまうこともある。「感動は常に出会い頭」イズムに反するがそれは贅沢が過ぎるのか)

やっぱり平等は無理です

そんなわけで、原画マン動画マンの窮困っぷりが先行していて他のセクションの状況まで目がいっていないです。自分の生活も最優先にしたいし、誰しもサポートに限界はあります。ベストな選択ではないにしろ、ちょっと動いてみたくなったのでこんなことを書きました。完全に気まぐれです。焚き付けるだけ焚き付けて逃走するかもしれません。私はジャンヌにはなれません。

私はあまりできた人間ではないので顕示欲にも勝てず「伊達直人」みたいに上品に黙ってられんのですが、とりあえず手始めにウィッシュリスト公開してるアニメーターに何か贈ってみます。

「そいつは十分食えてるから慈悲をかけなくても良い」とか色々ありそうですが、自分の感動は間違いじゃないので、気の向いたときに気の向いた額でサポートすればいいんじゃないでしょうか。

もらったものが余ったなら、その人がまた、近くの”助けるべき人”に供給すればいいんじゃないでしょうか。『ペイ・フォワード』の世界です。会ったこともない人の人格とか信用のしようがないですけど。横のつながり縦のつながりも全然知らないですけど。

 

 

※確認作業が進んだら、修正加筆します。勇み足での金銭の消失などは一切責任取れませんのでご了承ください。

コメント(承認制)