『響け!ユーフォニアム』は京アニの現在形-集大成なのかもしれない vol.1

アニメ

こんばんは。 折田兄(@orita_no_ani)です。

 

京アニ(Kyo-ani)」の愛称で信者/アンチともに親しまれる京都アニメーションが手がける、音楽青春スポ根シリアスコメディラブロマンスアニメ(こう書くと詰め込みすぎですな)響け!ユーフォニアム』楽しく観てます。

いつもの京アニだった、とか「また美少女動物園かよ」とか色々あるらしいですが、
やっぱり新作が出るとドレどれどんなもんかいなと観てしまうよ、ソラね。

なつ「そうですか……」

もうねOPとか「ファッ!?」って感じで二度見しちゃった。あ、にドミシちゃった。

なつ「このへんで掴みはスタッカート」

[PR]
[PR]

OP・EDから観ていこう

私自身、大した京アニ歴があるわけじゃないんで偉そうにモノ申す立場じゃないんですが。
フルメタル・パニック ふもっふ』も全部は観てないですし。そんな私の独り言。

集大成ってどの部分だよ、って話ですが、OPの映像に限らず、過去作品にやった演出・手法をおしげもなくもう一度引っ張ってきたような部分を観て、私はそう思いました。

既視感があるぶん、焼き増しと呼ぶようなものかもしれないけど、それは何か意図があるんじゃないかと勝手に憶測を立ててしまいます。だって意味もなく同じことやってたらただの(ry

音楽もの+京アニとくれば、おのずと頭に浮かぶのが『けいおん!(二期はけいおん!!』でございましょう。

余談ですが、あのムーブメントの影響でレフトハンド用のベースが従来の二十倍売れるようになったって話ですよ。アニメ特需ってもんを再認識した現象でした。

特にfender japanのジャズベは澪が使っていたモデルってこともあって、一時期店から無くなったりしてました。あるいは、置いていても「最後の一本!」みたいな煽りのカードが差し込まれたりしててね。ホントは在庫あるんだろ!?  

 

(※余談そのニ。フェンダージャパンは2015/3/31付でなくなりました。元々フェンダージャパンを冠したギターやベースは米fenderの直系ではなくて、神田商会や山野楽器が名義を借りて販売していたものだったのですが、この度、新たにフェンダーミュージック株式会社として、日本法人に生まれ変わり(……はちと違うんですが)ました。2006年末のギブソン騒動のときは高値になったり店舗で見かける本数ががくっと減ったようですが、今回の件で価格が安くなるのか高くなるのか。私、気になります)

 

枠+キャラクターネーム

『けいおん!』での主要メンバーのピックアップ立ち絵。

けいおん 響け ユーフォニアム
『けいおん!』OPより

 

  響け ユーフォニアム けいおん
『響け!ユーフォニアム』OPより

 

キャラクターの名前と立ち絵セットの演出は、これまた京アニ制作の『CLANNAD』のキャラ紹介の流れ(※原作のゲームの流れもある)がまずは『けいおん!」に移って、そして今回の『ユーフォ-』に来たんだと。おそらく石原立也の演出指向。

四人集合の立ち絵

ちょい俯瞰の位置からカメラ目線と四角いフォーメーション。

けいおん 響け ユーフォニアム 響け ユーフォニアム けいおん 

 

あとは『中二病でも恋がしたい!』での提供の画面の顔グルグル→3カウントの演出とかも。

中二病でも恋がしたい!響け ユーフォニアム 中二病でも恋がしたい!響け ユーフォニアム

『中二病でも恋がしたい!』OPより

楽曲と映像の絡めかた

音ハメによるジャストのカット切り替えは『日常でも顕著でしたし、『甘城ブリリアントパークでのハンズクラップなんかはまさにそのもの。

日常 響け ユーフォニアム 日常 響け ユーフォニアム

 

文字が出てきたのもこの辺りでしょうか。

 

OP曲の展開は『氷菓』を思い出す。

Bメロに入り、マイナー進行からサビで一気に上がるメジャー感。
これは日本ではよくある展開なのでいいとして、注目するべきはガイドとしての映像。

天気がぐずついていて、暗い表情

チンダル現象とともに晴れ間が差す。キャラクターの顔に光があたり前向きな笑顔になる

幸福度高めのサビを迎える

──という非常に分かりやすい流れ。

氷菓 響け ユーフォニアム 氷菓 響け ユーフォニアム 氷菓 響け ユーフォニアム
『氷菓』OPより

 

一方の『響け!ユーフォニアム』

氷菓 響け ユーフォニアム 氷菓 響け ユーフォニアム
氷菓 響け ユーフォニアム

 

京アニ オリジナル作品の『MUNTO』でも青空と傘のコンボは観れますよね。

MUNTO 響け ユーフォニアム MUNTO 響け ユーフォニアム 

部員のシルエット

最後のカットは、部員全集合のシルエット(登場人物全集合かもしれません)で締める。

これは『涼宮ハルヒの憂鬱』のあれ。ハルヒポーズとか混じってないかな、なんて思って探したけど、やっぱりいませんでした。

ハルヒ 響け ユーフォニアム ハルヒ 響け ユーフォニアム 

『涼宮ハルヒの憂鬱』OPより

次回に続くのかもしれない

ネットで漁った画像ばっかでサイズとかごっちゃですが、こんなにも過去作品に通ずるものがあると何かあるんじゃないかと思えて仕方がないです。画像に頼ってテキストが全然なくて申し訳ない。

まだ二話終わって物語が転がりだしたところなので、目を引く情報というか気になった部分が三つくらいしかないんですよね。ベッドのあれとか、OPの演奏シーンでの人物フォーカスの謎とか……。その辺りはまた後日。

今日はこの辺でスタッカート、じゃなくてピリオド.

 

おしまい。

by カエレバ

コメント(承認制)