FamiPayの還元キャンペーンとPOSAカードの買い方を考える

FamiPay キャンペーン,20%還元ブログ雑記

12月1日から始まったFamiPay(ファミペイ)払いお客様超感謝祭、参加されていますでしょうか。

キャンペーンの概要と還元ルールはざっくり整理すると、以下のようなものです。

FamiPay キャンペーン,20%還元
お客様超感謝祭キャンペーンページより

ややこしいですね。

最大1,950円相当の期間限定FamiPayボーナスを受け取るには、

  • ①ファミリーマート店舗のご利用(1回以上)
  • ②街のお店orネットのお店でのご利用(1回以上)
  • ③ファミペイ翌月払いのご利用

上記全ての条件を達成して、期間中合計10,000円以上(税込)のFamiPay払いが必要です。

お客様超感謝祭キャンペーンページより

還元率はこのように積み上がっていきます。

決済金額の合計を5000円以上にしておくことも条件のひとつになっているので忘れずに。

各条件のクリア自体はそう難しくないのですが、若干の抵抗感がある課題があります。それが「翌月払い」です。

個人的には、信用履歴が残ろうともリボや滞納をしなければ大した問題ではないと思っています。だからといって推奨も(否定も)しませんが。やりたい方だけ翌月払いを解放して参加してもらえれば。

残高が多くて「翌月払い」が発動させられない場合は、ファミペイ残高をAmazon残高に逃がす方法もあります。いちおう知っておくと後々活用どころがあるかもしれません

私自身は今回のキャンペーン、翌月払いは設定せず最大20%も見送ります。他の条件をクリアして、10%還元で我慢します。

そのうえで何をどのように買えばいいのか、少し考えてみたいと思います。

おすすめの提案は、ファミリーマートで満額「楽天ポイントギフトカード」につぎ込んで、楽天モバイルを契約。2台目のスマートフォンを獲得して、以後のポイ活キャンペーンの恩恵をダブルで享受する環境を作る──です。

││スポンサーリンク││

FamiPay翌月払いを見送ると、9.5%+通常0.5%になる

翌月払いを見送ると、還元率は最大で9.5%になります。通常ポイントの0.5%(200円ごとに1pt還元)と併せて10%の還元と考えるといいでしょう。

FamiPay キャンペーン,20%還元

10%還元を達成する条件は以下のようになります。

  • ファミリーマートの買い物をファミペイで支払う(1円以上)
  • 街・ネットの買い物をファミペイで支払う(1円以上)
  • ファミリーマートでの買い物と、街・ネットの買い物の合計金額を5000円以上にする

この3つの条件をクリアすると、”10%の還元”が適応されます。

ボーナスの上限が1950ポイントなので、翌月払い見送り組(10%還元組)の目一杯の買い物は20526円が上限ラインです。

通常ポイントの還元ルールは200円刻みであることを考慮すると、20400円か20600円に合わせるのが取りこぼし感もなくちょうどいいボーダーじゃないでしょうか。

それでは、ファミリーマートの買い物と、街の買い物・ネットの買い物では何を買っていくべきか。基本的には自分の生活で使いどころのあるものを買っていけばいいと思います。

ファミリーマートの買い物はPOSAカードでOK

今回のキャンペーンにもPOSAカードが対象になってます。POSAカードを買うだけで、条件1をクリアしつつ、ファミペイボーナスも還元されます。

FamiPay キャンペーン,20%還元,対象,POSAカード

>>ファミリーマート取り扱いPOSAカードについて

条件クリアのために無駄な買い物をしなくて済む、POSAカードそのものも他の用途の支払いに活用できる、といった理由から「キャンペーン時にはPOSAカードをとりあえず買っておく」節約術が人気を博しています。

「POSAカードってどうやって買うんだ?」という方は下のリンクの記事を読んでおけば理解が早いと思います。

ファミペイのキャンペーンでバニラvisaギフトカードをたくわえる
ファミペイのキャンペーンでバニラvisaギフトカードを購入しました。バニラvisaギフトカードはリアル店舗やAmazonギフト券のチャージでも利用できるため、ボーナスが稼ぎやすいです

自分の生活にあったPOSAカードを購入しよう

いくら還元率が良いからといっても、私の生活に一切必要としない「google playカード」を購入しても、それはもったいないだけです。google playカードが生活必需品の方、すみません。

だから購入するPOSAカードは、その出口をどうするかということを考えて選んだほうがいいです。出口戦略というと大げさですが、最終的な使い道を想定しておけば、失効に対しての不安もなくなります。

それから、POSAカードを買うときは購入金額を200の倍数に整えましょう。1500円で買うと通常ポイントがあぶれて少しもったいないです。計算も面倒になってきます。

Amazonユーザーならバニラvisaギフトカードがおすすめ

生活に合わせてカードを選ぶというのは、たとえばAmazonでよく買い物をする方なら「Amazonギフト券」だったり、ギフト券のチャージにも転用できて、普段の買い物でも利用できるバニラvisaギフトカード」を選ぼう、みたいな感じです。

POSAカード,ファミリーマート,ファミペイ,Amazonギフト券
ファミリーマート公式サイト、POSAカード紹介ページより

ふたつの違いは、Amazonギフト券の残高に直通させるのが「Amazonギフト券」で、Amazonのほかに使い道はありません。自分で購入したカードを誰かにプレゼントするといった使い方が可能です。

POSAカード,ファミリーマート,ファミペイ,バニラvisaギフトカード
ファミリーマート公式サイト、POSAカード紹介ページより

様々な用途のなかのひとつとして、または少額の残高を使い切る対応策として、Amazonギフト券にチャージできるのが「バニラvisaギフトカード」です。

この違い、理解できますでしょうか。

バニラvisaギフトカードを経由させるとAmazonポイントがもらえます

バニラvisaギフトカードを用いたAmazonギフト券のチャージは、クレジットカードからのチャージという名目になります。そのため、0.5%のポイントが付与されるメリットも狙えます。

何かと便利なバニラvisaギフトカードはキャンペーン中のアイテムとしておすすめです。

【GOTOイート】ファミペイとバニラvisaでプレミアム食事券の購入をお得にする
GOTOイートのプレミアム付き食事券を2000円お得に買うために、ファミペイとバニラvisaギフトカードを使ってみますという思考訓練です。現金やクレジットカードよりもお得になります
バニラvisaギフトカードはGO TOイートのプレミアム食事券の購入にも使えました。そんな予定があるなら買っておいてもいいですね

その他、配信サービスの月額料金節約になるカード

私は配信サービスとして、SpotifyとNetflixに加入しています。これらの月額料金はクレジットカードから引き落としていますが、プリペイドを購入して登録すると、そちらを先に消化してくれます。

POSAカード,ファミリーマート,ファミペイ,Netflixプリペイドカード POSAカード,ファミリーマート,ファミペイ,Spotify
ファミリーマート公式サイト、POSAカード紹介ページより

2万円分購入したら1950円相当が還元されるので、だいたい2ヶ月分を浮かせることができますね。

 

ほかにもU-NEXTやDMMのプリペイドもありますよ。

POSAカード,ファミリーマート,ファミペイ,U-NEXT

DMMプリペイドカードを購入してDMMポイントをチャージする

POSAカード,ファミリーマート,ファミペイ,DMMプリペイドカード
ファミリーマート公式サイト、POSAカード紹介ページより

DMMブックスDMM動画の支払いに使える「DMMプリペイドカード」。ほとんどDMM系専用です。私はDMMブックスの支払いに活用しています。

購入したカードの番号を公式サイトで入力してポイントをチャージするスタイルです。

DMMプリペイドカード,DMMブックス,ファミペイ,キャンペーン

POSAカードのコーナーからカードを取り、レジに持っていきます。有人レジのみです。

2000円、5000円、10000円と定額で指定されている固定タイプと、自分で金額を指定できるバリアブルのタイプとあります。3000円分チャージしたい場合はバリアブルタイプを、といった具合に状況にあわせてカードを選びます。

レジではスタッフさんに「金額は○○円でお願いします」→「FamiPayで支払います」と伝えます。

そして購入後、カードを持って帰ります。指定した金額がカードのなかにチャージされています。なくしてはいけません。

DMMプリペイドカード,DMMブックス,ファミペイ,キャンペーン

持ち帰ってきたカードがこちら↑

カードには番号が振られています。この番号をDMMポイントチャージのページで入力します。ページの下の方にプリペイドカード用のボックスがあります。

DMMプリペイドカード,DMMブックス,ファミペイ,キャンペーン
DMM公式サイトより

カードの番号を入力。

DMMプリペイドカード,DMMブックス,ファミペイ,キャンペーン

 

DMMプリペイドカード,DMMブックス,ファミペイ,キャンペーン
DMM公式サイトより

無事にプリペイドカードからのチャージが出来ました。

対象作品が最大50%還元の「DMMブックス スーパーセール 2021-22 冬」開催中です
DMMブックスの50%還元セール到来。ポイントを上手に使おう
70%オフのクーポンが帰ってきました。そして、DMMブックスのスーパーセールが始まります。ポイント50%還元をどうやったら上手に攻略できるのか、効率のいい買い方を考えています

今回は楽天ポイントギフトカード(楽天バリアブルカード)を購入

いつもの私なら「バニラvisaギフトカードとNetflixプリペイドカードを購入」するところですが、今回は「楽天ポイントギフトカード」を購入してみます。

コンビニ,ファミリーマート,楽天ギフトカード,POSAカード

Amazonギフト券はいまのところ残高に余裕があるから、というのも理由のひとつですが、個人的な理由がもうひとつあります。

近所の自治体(大阪府吹田市)が行っているキャッシュレス推進のキャンペーンに参加したいのです。ほんとに個人的な理由でした。

吹田 キャッシュレス,キャンペーン,還元,楽天
吹田市お買い物キャンペーン特設ページより

このキャンペーン、対象店舗でPayPayやd払いを使って決済をすると30%の還元が受けられるのです。なかなかない美味しいキャンペーンです。楽天payも対象決済方法に入っていて、年越しの準備を揃えられるチャンスと張り切っています。

楽天Payで支払うための楽天ポイントを「楽天ポイントギフトカード」でチャージしよう、という計画です。

コンビニ,ファミリーマート,楽天ギフトカード,POSAカード

早速ファミリーマートでFamiPayを使って購入しました。

楽天ポイント(ギフトカード)の使い道

局所的な自治体のキャンペーンはともかく、楽天ギフトカード購入が選択肢に入ってきそうな方はこんな感じです。楽天ポイントの使い道とほとんど一緒ですね。

  • 楽天市場で買い物をする
  • ふるさと納税は「楽天ふるさと納税」を通しておこなう
  • 街の買い物・ネットの買い物に楽天Payを使う
  • 楽天モバイルの端末料金・月額料金に充てる
  • FamiPayに楽天ポイントを連携させてファミペイ対応の決済に利用する
  • DMMポイントを購入する(※)

生活のなかで上のような消費行動をしているのなら、「楽天ポイントギフトカード」を無駄にすることはないと思います。

ただ、ギフトカードのポイントは有効期限がカードの購入日から6ヶ月と、他のPOSAカードに比べて少し短いです。半年で使い切れるだけの金額を考慮しましょう。

期間限定ポイントなので楽天証券のポイント投資には使えませんが、楽天ふるさと納税の決済には使えます。

こちらも詳細は別記事に振り返りメモをまとめてあります。

ファミペイで楽天ポイントギフトカードを購入しました
ファミリーマートでやっているファミペイの最大20%還元キャンペーンでPOSAカードが対象になっていました。楽天ギフトカードを購入して、自身の楽天アカウントにポイントを登録します

※期間限定の楽天ポイントはDMMポイントに変換すれば有効期限を伸ばせます

楽天Payを使ってDMMポイントにチャージ変換すると、変換日からポイントの有効期限が1年間延命できる小技もあります。DMMブックス利用者にもおすすめの豆知識です。

楽天ポイントはDMMポイントにチャージして消化(延命)してます
期間限定の楽天ポイントもDMMポイントにチャージすると半年間の延命ができます。使うのはクレジットカードと楽天ペイです。使い道の難しい期間限定ポイントに光が差しました。

街の買い物・ネットの買い物はジャパンやメルカリで対応

街の買い物かネットの買い物で1円以上のFamiPay決済が条件です。

街の買い物というと、ローソン(スマートコード決済が可能)、ジャパンCoCo壱番屋などのリアル店舗です。これらの決済でFamiPayを使って1円以上の支払いを行います。

あるいは、ネットの買い物でFamiPayを使う、でも条件はクリアできます。こちらはラクマメルカリDLsite、などオンラインのショップやサービスが対象です。

ラクマでたまにもらえる300円オフのクーポンを、301円で出品されてる商品の購入に使って残り1円をFamiPayで支払う、という流れがキレイですね。

 

私は定期的にDLsiteで作品を購入しているうえに、支払いはずっとFamiPayに設定しています。初日に「ネットの買い物」の条件はクリアしてしまいました。

普段の買い物や消耗品を買って、あとはPOSAカードを買うやり方でもOKだと思います

おさらいというか、考え方というか。

いろいろと観察していると、ローソンでうまい棒だけ買ってあとは「POSAカード」につぎ込む、というパターンが推奨されているのを見かけます。「ポイント(資産)」をできるだけ高めたい志向なのでしょう。

今回のキャンペーンは、①ファミリーマートの買い物、②街・ネットの買い物の合計金額が5000円~20400円になっていれば還元の対象になります。

普段の買い物からFamiPayを使っているのならそちらを優先して、キャンペーン期間の終盤で枠の余った分をPOSAカードで埋めてしまう、という選択でもいいです。

私の場合はこう買いました

で、私はどうしたかというと(記事作成時)、

  1. ファミリーマート店舗でPOSAカード(楽天ギフトカード)を10000円購入
  2. ファミリーマート店舗でPOSAカード(Netflixギフトカード)を2000円購入
  3. ジャパンでスナック菓子を800円程度買いました。

これで条件はクリアしました。Tマネーかざして支払いとかスルーです。

私は自治体のキャンペーンで13000円ぐらい使ってやろうかって気分になっているので、楽天バリアブルカード14000円&Netflixギフトカード2000円をファミリーマートで購入します。ひとまず。

残りの枠は検討中。楽天ポイントギフトカードを買い足すか、ジャパンでの日用品やDLsiteの娯楽品で消費するでしょう。

 

 

そんな感じで〈FamiPay(ファミペイ)の還元キャンペーンとPOSAカードの買い方を考える〉でした。

おしまい。

関連リンク

 

 

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました