ファミペイ払いでAmazonギフト券のチャージをする

Amazonギフト券,チャージ,ファミペイ,ファミリーマート,収納代行ブログ雑記

ファミリーマートに検証に行きました。

確認したかったのは2点。

  • 「Amazonギフト券を現金でチャージ」はファミペイ払いでも可能なのか
  • このファミペイ払いは「収納代行(各種お支払い)」扱いになるのか

検証結果、ちゃんと出来ました。

ファミペイの還元キャンペーンを効率よく攻略()する方法はふたつ考えられます。

  1. POSAカードを買う(例:バニラvisaギフトカードを買う)
  2. Amazonギフト券チャージの支払いにファミペイを使う

時間がかかりすぎるとか在庫が枯渇したときは助かるとか賛否両論ありますが、時間がもったいないと思うなら合計で7.5%還元になるバニラvisaギフトカードをさくっと購入したらいいし、予算がきびしかったら1000円を用意して作業時間を10分増やせば少なくとも還元率では満足がいきます。

どちらにもいい部分、もったいない部分はあります。

要は自分の時間・予算・コストをどう考えるかじゃないでしょうか。生き急ぎ過ぎでは?

バニラvisaギフトカードを購入する場合の要点
  • 前準備はfamipayへのチャージだけ
  • バーコードの読込みは1回で済みスピーディ
  • Amazonギフト券以外にも使いみちが豊富
  • 他のキャンペーンと合わせると7.5%還元にもなる
  • 店舗に在庫がないと買えない
  • オンラインでの使用にはSMS認証が必要
  • キャンペーンの上限ポイント500円相当を獲得するには10000円が必要

予算に余裕があり、スピードと使いみちを重視するならバニラvisaギフトカードが吉。

バニラvisaギフトカードのルートについてはこちらから。

famipay払いのキャンペーンでバニラvisaギフトカードをたくわえる
ファミペイのキャンペーンでバニラvisaギフトカードを購入しました。バニラvisaギフトカードはAmazonギフト券のチャージにも利用できるため、ボーナスが稼ぎやすいです。
一方、Amazonギフト券チャージを直接famipay払いの要点
  • Amazon会員が条件
  • 前準備としてAmazonギフト券購入の申込みが必要
  • Famiポートで申込券を発行しないといけない
  • バーコードの読込みは5回繰り返す(1回の会計でできます)
  • 在庫に左右されない(Famiポートの印紙が切れていると不可)
  • Amazon(pay)でしか使えないがすぐに使える
  • キャンペーンの上限ポイント500円相当を獲得するには500円が必要(保険をかけて1000円)

手間と時間に関してはバニラvisaギフトカードのコースに劣りますが、元手がほとんど要りません。

1000円で500ptが手に入るので、時間をかけられるのならこっち。今回使わない9000円は別の増資の軍資金に回せるメリットあり。

そんなわけで、実際にAmazonギフト券をチャージしにファミリーマートまでいきました。

以下、雑感。

  • バニラvisaギフトカードよりもお金がかからない
  • 想像していたよりも時間・手間がかからない
  • 店員さんは「代行収納→ファミペイ」の流れには慣れている(という印象)
  • 申込券の決済は1枚ずつおこなう。バーコードを複数回読み込む
  • 終わってみると少額チャージにも抵抗感がない

もう少し詳しく書いていきます。

││スポンサーリンク││

スーパーサンデーキャンペーン、バニラvisaギフトカード1万円の購入よりも収納代行のほうが効率はいい

バニラvisaギフトカード ファミペイ還元

「スーパーサンデー」キャンペーンのボーナス獲得上限500ptを目指して、みなさん10000円分のバニラvisaギフトカードを嬉々として買うわけですが、バニラの残高をAmazonギフト券にするにはSMS認証が必要だったりします。これが面倒といえば面倒。

バニラvisaギフトカード ファミリーマート コンビニ POSAカード

(先週も買っているのです)

そもそも10000円(3週チャレンジするなら3万円)を用意するのは容易なことではない人も少なからずいるでしょう。

最終的にAmazonギフト券に変えるルートでいくのなら、バニラvisaギフトカードを経由せずに最短距離でチャージすれば話は早いのです。

バニラvisaギフトカード サンデーキャンペーン ファミペイ還元

「代行収納(各種お支払い)」でも10ptがもらえます

「Amazonギフト券のチャージをファミペイ払い」にすると「収納代行(各種料金支払い)」扱いになります。

Amazonギフト券のチャージは1回ごとに最低100円のチャージが必要ですが、理論上100円のAmazonギフト券チャージで100円相当のファミペイポイントが進呈されるのです。

私は一応保険をかけて200円ずつのチャージにしましたが、それでも5回分合計で1000円。1000円で500ptが返ってくれば万々歳。

10000円で750円相当をとるか、1000円で500円相当をとるか、です。

金銭面での効率の良さ・還元率の良さは代行収納に軍配が上がります。

  • バニラvisaギフトカード10000円で750pt
  • Amazonギフト券収納代行500円で500pt(☆)

では手間や時間はどうなのか。

というか、どうやってやるのかを書かないといけない気がしてきました。

Amazonギフト券をファミペイ払いでチャージする方法

どういう手順を踏んだのかも、書いておきましょう。

  1. Amazonでギフト券チャージの申込みをする
  2. Amazonから届くメールに載っているお客様番号をメモする
  3. ファミリーマートへ向かい、Famiポートにお客様番号を打ち込む
  4. 申込券を1枚発行する
  5. レジに申込券を持っていき「ファミペイで支払います」と店員さんに伝える
  6. バーコードを読み込んでもらって支払い完了(しばらくすると残高に反映します)

簡単です。

チャージ申込みの作業が1回30秒程度。番号のメモに30秒。Famiポートでの発行作業が1分弱。レジでの決済は15秒ほど。1回の作業時間はそこまでかかりません。

もし上限の500ptを狙うのなら、

  1. ファミリーマートに向かう前に5回チャージを申し込む
  2. 番号のメモを5つ持って店内へ
  3. Famiポートで5枚の申込券を発行(ここでやや時間がかかります
  4. レジで申込券の読み取りを5回繰り返す(こっちはすぐ終わります)

チャージの申込みは6日間の有効期限があります。当日に申込みの作業をやらなくても、前もって準備しておくことも可能です。申込みをしたあとに支払いを行わなかった場合は6日後に自動キャンセルになります。

5枚申込んだけど3枚発行したら疲れてきた、といった場合はバニラvisaギフトカードを4000円分だけ購入して、合わせ技で4600円消費、還元上限の500ptになります。余計にめんどくさいか。

 

では、Amazonギフト券のチャージ方法について具体的に書いていきます。

Amazonギフト券のチャージをはじめる

コンビニに向かう前に、Amazonギフト券 チャージタイプのページから購入する金額を申込みます。

Amazonギフト券をチャージする

Amazonギフト券,チャージ,ファミペイ,ファミリーマート,収納代行

金額を指定するボックスに任意の金額を入れます(今回は200円)。「今すぐ購入」ボタンをクリックします。

Amazonギフト券,チャージ,ファミペイ,ファミリーマート,収納代行

注文内容の確認画面に移動するので、①支払い方法「変更」をクリックします。

Amazonギフト券,チャージ,ファミペイ,ファミリーマート,収納代行

クレジットなどにチェックが入っていたら、②「コンビニ・ATM~」のボタンにチェックをいれて、③続行をクリック。注文内容確認画面に戻ります。

Amazonギフト券,チャージ,ファミペイ,ファミリーマート,収納代行

支払い方法がコンビニになっているのが確認できたら、確定をクリック。コンビニ支払いにしているので確定を押しても金銭の移動は起きません。

メールが届きます。

Amazonギフト券,チャージ,ファミペイ,ファミリーマート,収納代行

チャージの手続き1件につき、番号が2つ(お客様番号と確認番号)送られてきます。2つともFamiポートで使うのでメモします。

ここまでが前準備。

1回分のチャージの申し込みを実践しました。そこまで難しくないです。初めての方でも大体1分で手続きが完了すると思います。

チャージを5回申し込むなら5セットの番号が届くことになります

番号を2つメモしたらファミリーマートへ向かいます。

Famiポートでお客様番号を入力して申込券を発行する

店舗に入ったらFamiポートを探しましょう。

Famiポート

FamiポートTOPメニューで「代金支払い」を選択し、「お客様番号」→「確認番号」の順に入力すると申込券が発行できます。

 

Amazonギフト券,チャージ,ファミペイ,ファミリーマート,収納代行

※写真が見づらいですが、「お支払いは現金かFamipayです」と印字されてます

あとはこの申込券をレジに持っていき「ファミペイで支払います」と伝えればOKです。

レッツトライ。

所要時間は1.5倍か2倍程度、誤差の範囲

すでにファミペイのチャージは済んでいる時点から比較を始めましょう。

レジまでの所要時間

バニラvisaギフトカードの場合、POSAカードのコーナーからギフトカードを取ってレジの店員さんに渡して決済開始。早い場合は1分かからないこともあります。

対して、収納代行はまずFamiポートで申込票を発行しないといけません。完全に出遅れです。5枚の発行となるとやや時間がかかります。1枚1分前後として5分弱くらい。

大抵はいち店舗にFamiポート1台が相場でしょうから、後ろを待たせる可能性があります。心苦しいですね。後続がいたら2回にわけたりしましょう。

レジでのやり取りはスムーズ

レジでの時間はバーコードを読み取ってもらうだけなのですぐ終わります。30秒もかかってないです。想像していたよりもずっとスムーズで簡単で、早かった。

「現金しか無理なんですよー」といったひと悶着もなく、確認で待たされたりもなく。優秀な店員さんで良かった。ファミペイでの収納代行はみなさんよくやってることなのかもしれないですね。

申込券を2枚同時に渡してみましたが「1件ずつ行いますね」と言われました。会計は1回ずつに区切られるため、バーコードの読み取りも2回、渡されるレシートも2枚でした。

それでも並び直したりする必要はなく、バーコードを読む、レシートを出す→バーコードを読む、レシートを出すを繰り返しただけです。2枚で1分かからず。5枚でも1分半はかからないんじゃないでしょうか。

チケットの発券とか、荷物の発送受付のほうが時間がかかりますね。

収納代行は申込票の発行に一番時間がかかる

レジで時間がかかりそうで面倒かも、と思ってる方が多いんじゃないかなと想像しますが、一番時間のかからないポジションでした。

バニラvisaギフトカード購入でもどっちみちコンビニに出向くのは変わらないから、5分程度の誤差は微々たるもんじゃないですか。5000円以上諸経費を抑えることができますし、こっちの方法でも十分活用のしがいがあると思いますね。

「収納代行として10ポイントが付与される」を確認

申込票の発行手続き中、ファミポートの画面に「この収納代行は全額ファミペイで支払うと10ptが付与されます」といった説明もありました。

いちばん大切な、キャンペーンの効果で90ptも付いてくるといいんですけど、これは8月に持ち越し。

少額でも抵抗感がない(読み取りとキャッシュレスの効果か?)

時間がかからなかったというのが一番大きいと思うのですが、ささっとバーコードを読み込むだけで完了するので、店員さんに無理に付き合ってもらっている感じが薄く、終わってみれば罪悪感がないです。次はさらに少額でもいけそうな気がする(迷惑)。

来週も同じことができるといいですが

以上、雑感のわりには長くなってしまいました。

「Amazonギフト券のチャージはファミペイ払いでも可能で、収納代行には10ptが付与される」ということがわかっただけでもコンビニに確かめにいって良かったかなと。

ファミペイのキャンペーンによっては「各種代金お支払い」が対象にならない場合があります

いつまでこの方法が持続できるかはファミのみぞ知る、といった感じですが。

あまり収納代行を利用する機会がないから不安もありましたが、1万円でバニラvisaギフトカードのコースよりもコスパはだいぶ高いんじゃないですかね。どっちみちAmazonギフト券にするのなら、収納代行のほうが元手が要らない分、今回使わなかった9000円を次の別の機会に回せるわけですから。

そんな感じで〈Amazonギフト券のチャージをファミペイ払いで試してきた〉でした。

おしまい。

PS.節約好きな人へ

タクシーアプリの『GO』が新規客呼び込みキャンペーンをやっていて、紹介コードを登録するだけで(500円を軽く超える)5000円分のクーポン配布中です。

タクシーが呼べるアプリGO 《ゴー》 │ 友達と一緒におトクに乗っちゃおう!【総額4,000円】友達紹介クーポンプレゼント!
GOをまだ利用していない友達に紹介すると、友達に2,000円分、さらにその友達が乗車するとあなたにも2,000円分、総額4,000円分のクーポンをプレゼント!

ご興味あれば「 mf-8z9cz9 」←このコードを使ってタクシー代を分け合いましょう。休みの日に人柱になった報酬ってもんをですね……。

関連リンク

Amazonギフト券 チャージタイプ

「ファミペイで100%還元でAmazonギフトにチャージ FamiPayスーパーサンデーキャンペーン」│note

「スーパーサンデー」キャンペーンページ│ファミリーマート公式サイト

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました