[PR]

『ヤマノススメ サードシーズン』第10話。コーヒーをめぐる成長とか演出とか

ヤマノススメ第10話 アニメの話

MdN届かないんですけど…… 届きました、月刊MdN10月号(2018)。良き良き。

 

あおい達を映すカメラの前をサッカーに興じているクラスメイトたちが横切る。これ観た瞬間に、ちなさん来たのかな、と思いましたね。あれっぽいな、と。『エロマンガ先生』の公園サッカーっぽいなと。上手く言えないですけど、ちな氏の画作りってモーションに隙間を作ってる感じがして、ある人はそれをカクカクしてるとか言ったりするんだけどカクカクじゃなくてパタパタって感じがする。軽やかにキャラクターが動く。上手く言えないですけど

ヤマノススメ第10話
『ヤマノススメ サードシーズン』第10話より

 

「あ、今回良さそう」ともう思わせちゃうファーストインパクト。

とにかく『ヤマノススメサードシーズン』第10話、絵から伝わってくるものがビシビシきてすごい面白い回でした。勝手に受信してるだけかもしれませんが。

短橋でのかばん持ち替えとか、入射光でだんだん明るくなるかすみ様のお顔とか、あおいのターンしながら手を振る動作とか。たぶん年間10選に入れることになると思う、くらいに見どころが充実した挿話でした。

シリーズを通してコーヒーが登場する機会も多く、今回のコーヒーの使い方に気になるところがあったのでそのあたりを少し。

[PR]
[PR]

意地を張るひなた

家族との予定を勘違いしていたため、ぽっかり時間の空いた土曜日。

あおいのことに関して最近意固地になっているひなたは、間に合う可能性があるのに言い訳をこしらえて連絡をしない。ここで二回目のミルクを注ぐコーヒーのアップ。

ヤマノススメ第10話
『ヤマノススメ サードシーズン』第10話より

 

(あまり使いたくはないけれど)「ブラック=大人びた、ミルク・砂糖=子供っぽい」の象徴であるならば。大人への憧れがブラックであるならば。

ミルクを追加する動作(あおいのいうところの「ミルクはおこちゃま」)と、つまらない意地を張るという行為、このふたつの幼稚的行動をリンクさせた、そんな雄弁なコーヒーへのアップ一枚画。

ヤマノススメ第10話 ひなた
『ヤマノススメ サードシーズン』第10話より

 

線少なめ、陰とハイライトだけで唇のディテールを表現してるの素晴らしい。

かえでの部屋

かえでの部屋での勉強会、せんべいとコーヒーという変わった取り合わせ。

ヤマノススメ第10話
『ヤマノススメ サードシーズン』第10話より

ゆうかの下の位置にせんべい、かえでの下の位置にコーヒー。

「まるでかえでさんとゆうかさんみたい」とひなたが語るように(けっこう失礼じゃないか?)、この部屋のなかに存在する「奇妙なコンビ」というふたつの関係を一枚のフレームのなかにおさめている。まさにここしかないだろうってカメラの位置。

もしわかりやすくするために、せんべいとゆうか・コーヒーとかえで、なんて感じでカットをふたつにわけたとしたら……それはいかにも説明的だし辛すぎる醤油せんべいか甘ったるいだけのカフェオレみたいな画面になっていたと思う。

やはり大事なのは、奇妙でありながらも案外調和は取れている──そんなバランス感覚を示す場面なので、同一のフレーム内に対等にキャラクターを配置するのが美しいんじゃないかなと。背中にもたれてストレッチする二人の写真が差し込まれるのもバランスの強調だったりしそう。

ちな みに、さっきのブラックコーヒーが大人を象徴するアイテム論でいくと、ゆうかもかえでも飲むのはブラックコーヒーだったりする。
なんなんだコーヒー。

セーラー服はいつか脱ぐもの

話は進み、かえでの勉強の理由が大学への進学のためであるとひなたは知る。

ティルト(カメラの縦の動き)で参考書をナメながらのひなたのカットなど、二人の間に隙間と距離を作っていく。

ヤマノススメ第10話
『ヤマノススメ サードシーズン』第10話より

 

この部屋一連の絵作りで面白いのは、かえでと制服は同フレームには一度も入らないこと。そしてひなたとは同フレームに何度か収まること。

目的にあった靴を──、とは第2話でのやりとりでしたけれど、身につける衣服も似たようなところはもちろんあるわけで。山に登るなら丈夫な服装、運動場でサッカーをするなら汚れてもいい格好、学校に通うなら所属を示す制服を着る。

そういう目的から観察した制服はいったん横において、制服には「学生である」というステータスが付与していると私は考えていて、なかば強引につなげると「イコール子供(ノット大人)なんてイメージまで持っていってもそこまでの無茶でもない。気がします。え? 大人なのに制服を着て踊っている人達がいるんですか?

ヤマノススメ第10話 ヤマノススメ第10話 ヤマノススメ第10話
『ヤマノススメ サードシーズン』第10話より

 

制服と一緒にフレームインしない──距離をとるかえでは、すでに高校の先、つまり将来を見つめており、成長と熟成のレールにすでに乗っかている。ひなたはまだそこの域まで至っていないので、制服と同フレームに入ってしまう。

そういう対比構造でもあったのかなと。単純に高校を卒業する側とまだ現役側の解釈でもよいところですが、意味を足したくなるのだ。

EDのクレジットで楓だけ漢字表記だった疑問がなんだかとけたような気もします(かえではノットバージンとか考えてほんとスミマセンデシタ)

明暗と心の赤信号

かえでの家からの帰路、偶然にもあおい達の背中を見つけるひなた。

ヤマノススメ第10話
『ヤマノススメ サードシーズン』第10話より

 

「いい加減、声かけろよ」と視聴者の声(おもに私

ここまではまだチャンスがあった(後述)

のちに。

ひなたを置き去りにするように前を歩くあおい達。彼女らには光が差し込んでいて、ひなたには大きな影が。駅の陰かなこれは。

ヤマノススメ第10話
『ヤマノススメ サードシーズン』第10話より

ただそれだけではこのカットは終わらず、色を持ってふたりの立ち位置を明確にしている。それが真ん中にある。お店の丸看板。

の丸……すなわち信号機の代用である。

緑信号に見守られるように前へ歩くあおい。
赤信号は、ひなたのココロの停滞。
これじゃ追いつけるはずがない……。残酷でシリアスなカットだと思いました。

で、ですけど。この赤と緑の看板のお店。

ミスドとスタバなんですよ。

……。

おわかりいただけただろうか。

なんなんだコーヒー。

お風呂での沈殿

ヤマノススメ第10話
『ヤマノススメ サードシーズン』第10話より

 

ほつれ持ち越しのラストカット。

ここな家の台所よりも大きそうなお風呂もとい浴槽。
お湯のなかへ潜りあおいへの悪態をつく。誰にも訊かれたくない言葉を誰にも聞かれない場所で発する。

ヤマノススメ第10話
『ヤマノススメ サードシーズン』第10話より

お湯に沈んでいくひなたが、再三登場した、コーヒーに注がれるミルクと重なる。意図的に重ねてるんだと私は受信しましたけど。ひなたがミルクで甘ちゃんで子供だって意味に受け取りました。

ここまで!

ちなMADを観よう

ちな MAD

くじアン……!

成長を描く禁じ手

サードシーズンを観てきて、時間も計算に入れた成長を描いているような気がしていささか不安。不安というか心配というか。
終わりと別れを予感させますよね。けいおん!!』の「天使に触れたよ回」を思い出すような、まさか歳を重ねるとは思わなかった……みたいな。全然うまく言えてないけど。

OP冒頭のちびキャラダイジェストで、一期の第一話、ひなたがあおいを引っ張っていくシーンがありますけど、ED『色違いの翼』のジャケットはあおいがひなたを引っ張っている構図になっている。こういった「対の構図」を見てしまうと物語の収束──物語の閉じを感じてしまう癖がある。

脱線してしまった。

第10話すごい面白かった。

『ヤマノススメ サードシーズン』第10話

絵コンテ・演出:ちな
総作画監督:松尾祐輔 作画監督:今岡律之

 

以上、コーヒーとか成長とかの演出が好きってお話でした。つづく。

参照リンク

アニメ『ヤマノススメ サードシーズン』HP

『ヤマノススメ』のふるさと納税関連ページ

コメント(承認制)