【ベース機材】VOX「Amplug 2 bass」があれば耳コピ・リズム練習がブリブリ捗る

【下のアイコンを押して あなたの周りにも この記事を拡めてくれたら、 それはとってもうれしいなって】

vox amplug 2 mio

ヘッドフォンベースギターアンプの新モデル──『Amplug 2 bass』の存在を知りながら、これまで購入に到らなかった理由は、旧モデルが騙し騙しでなんとか使用できていたからなのですが、とうとうノイズや操作性に我慢の限界を迎えたので、噂の新モデルに買い替えました。

長い間お疲れ様でした。よろしく二代目。

by カエレバ

変動誤差はあれど、¥3600-付近なら旧モデルとほぼ同じ価格帯です。

さて、新モデルですが、旧に劣らずなかなか重宝している。個人的にリズム機能がいいですね。リズムの軸があればフレーズの精度も確認しやすいですし、何より飽きが来るのが遅い。

ベースの練習は孤独との付き合いとも言われてきましたが、これ一台(と、何かの音源)があればけっこうベース弾くのも楽しくなります。

ああ、ベーシストの悩みが聞こえる……

  • 片耳で音源聴いててもベースがよく聴こえないし、耳コピがうまくできないよ
  • リズムが安定しないヘロヘロベースと言われてしまった
  • アンプにシールドを繋ぐの、毎度めんどくせ
  • アンプもマルチエフェクタもないからいつもクリーン歪んだ音を聴きながら弾きたい
  • ライブ前にちょっと弾いて音の確認したいんだけど、周りがうるさすぎてベースの音なんて聞こえない

わかる。すごいわかるぞ。

ベースを手にとったものの壁だらけ、いまいちモチベーションの上がらない駆け出しベーシストなら一台持っていても損しない製品だと思います。これからのベース活動にきっと役立つ。コンパクトなサイズによる使い勝手の良さもオススメ理由の一つだったり。

では、VOXAmplug2 bassのかんたんなレポートもといレビュー、はじめます。

余計なテキストが多くなっちゃったので、「このへんはどうでもいいかな」と思ったらガンガン読み流してってくださいな。

前作との比較から(読み飛ばしてもOK)

vox amplug2 mio

私のが購入した旧モデルはご覧の画像のように『VOX ヘッドフォンアンプ amPlug 秋山澪モデル』だったのです。秋山澪モデルって言っても外装のシールを貼り付けただけの付加価値で購買意欲をたぶらかそうと目論んだもので、チューニングは従来のAmplugシリーズと同様なのですが、練習中、ふと視線を下げたところに澪がいるのといないのとではモチベーションに雲泥の差が生じてきます。

「無言で応援してくれてる。テンポキープの練習 頑張ろう!」

──とまあ、これだけで「買い」だったのです。冗談です。

では、まずは形状からの違いを見ていきましょう。

(※ここからは、旧型・新型と名称を統一します)

電源ボタン

vox amplug2 mio vox amplug2
左が旧型、右が新型

電源がレバー式からボタン式に変わりました。

旧型は、三段階のレバー0電源オフ・1電源オン[クリーン]・2歪み追加で、大きくわけて二種類の音色でした。オーバードライブというよりはファズ系に近い”ザラっとした歪み”はあまり調整の効くものではなかったので、個人的に使用頻度は低かったです。ピック弾きの練習の場合に限り気持ちよさを求めて切り替えたりしていました。

新型は、ボタンの長押しによるオンオフの切り替え。電源が入っている状態で短く押すことで三種類のアンプモデリングを切り替え。〈ハイゲイン・ノーマルゲイン・ローゲイン〉と、よく言えば「バリエーションに富んでいる」のだが、私自身これには大した恩恵も感動も感じられない。音が小さくなっていくのはなぜだ……。

上部コントローラーパネル

vox amplug2 mio vox amplug2
左から、1.AUX接続ジャック 2.GAIN 3.TONE 4.VOLUME

操作コントローラーの配置は前作と変わってませんが、新型には新機能として「RHYTHM」のボタンが搭載されています。こちらもボタンによるオンオフの切り替え。(リズム機能については後述)

vox amplug2

リズムの種類とテンポはココと〈VOLUME〉で調整します。

右部イヤフォン・ヘッドフォン接続ジャック

スピーカー機能はついていないので、画像に写っている差込口にイヤフォンなどを接続してベースの音や外部の音源などを聴きます。

vox amplug2 mio イヤフォンジャック
旧型新型ともに位置は変わらず

接続はミニ端子・3.5mm端子のタイプのみ使用できます。普通のイヤフォン、普通のヘッドフォンと言って特に差し支えないと思いますが、標準プラグは挿せません。念のため。

mdrCD900-st 標準プラグ

標準プラグっていうのは画像内の銀色の端子。少し太いのです。

その右下が変換プラグ。後ろが標準プラグで先端が3.5mmになっているわけです……。標準プラグを接続したいなら変換プラグも必要になりますね。サウンドハウスで500円くらいだと思います。

ジャックの角度が180°変更可能

収納に便利な仕様になりました。

直角に固定だった旧型から、新型になり可動域が180°になりました。「180°」といっても収納機能的な部分も含めての見積もりなので、差し込んだままの状態で自由が効くのは60°~180°くらいでしょうか。

vox amplug2 mio vox amplug2

”改良点”とはいえ、もともと「直角な作りによる差し込み角度の不満」というものはなかったのです。これまた個人的に。持ち運びには難儀したりもしましたが。

私の使用ベースはfender系なので、シールドジャックは前面つまみの横にあるわけですが、(fender系でも前面じゃないのがあったらすみません)座って弾いても立って弾いても特に支障が出ることはありませんでした。

しかし、ベースの種類によっては「あぐら座りの状態では差し込めない!」みたいなこともあるかと思います。「遠い!」みたいな。

ここは注意と事前の確認が必要ですね。

レスポール系やリッケンバッカーのような、ボディのサイド淵(?)にシールドジャックが有るようなタイプだと、あぐら状態で弾こうとすると床と本体の間に入ったAmplugに負荷がかかるため、立って弾くor座布団を一枚敷くような対処を強いられると思います。前作からあまり改善はされていないので、VOX側の割り切りポイントなんだろうなと想像。

ベースに接続

vox amplug2
直角に差し込むとこんな状態に(写真は新型

私が弾いているのはレフティ用のベースなので、必然的にAmplug2が”内側”を向くことになり、ベースのボリュームつまみやトーンつまみに接近するのは邪魔といえば邪魔でした。しかしそれはレフティの宿命というか、限定的な話なので割り切ってもいいかな。今更と言ってしまえばそれまでのお話。

つまみをいじれないことはないですし、プレイの最中に頻繁にトーンをいじったりといった玄人なプレイはまだできないので。

vox amplug2
可動域が増えたので最大に開いた状態

せっかくなので目一杯開いてみました。

んー、特に感動するような変化ではないですね。パフォーマンス重視で演奏したときにイヤフォンのコードに手が引っかかる心配が少しは軽減されたりはしそうですが。つまみは触りやすくなりました。あんまり触らないんですが……

vox amplug2

折りたたむと……あら、こんなにコンパクト。

外装についてはここらでいいでしょう。正直、あんまり変わってません!(おい

では見た目レポートもほどほどに、新モデルの目玉新機能「RHYTHM」について、実際に使いながら、弾きながらの感想を書いていきます。この新機能、付き合い方が難しいぜ。

後半に続く

【下のアイコンを押して あなたの周りにも この記事を拡めてくれたら、 それはとってもうれしいなって】