ASMRだけじゃもったいない。全方位を迎え撃つ優秀なイヤホン「E500」

final E500 レビュー機材レビュー

イヤホンの進化にはいつも驚くばかりです。

なにがどうなればこんな優秀なイヤホンが2020円で市場に放たれているのか。乱獲の予感をビンビンに感じています。

2020円とは到底思えないイヤホンの性能を堪能しながら書いています♫

ついテンションが上がって普段使わない音符記号なんて付けてしまう始末

イヤホンを付け替えるたび新しい音が聞こえる現象、あれはなんなんでしょう。

味付けが変わるのは当然として「こんな音がピアノの裏で鳴っていたのか」「このトラックにもリバーブがかかっていたのか」なんて部分にまで気づいてしまうと、嬉しいような悲しいような。少し耳と音に対する自信がなくなってしまうのです。根が暗い。

まあ、へこたれていてもしょうがない。せっかく良いものを見つけたのだし。

これです、final(ファイナル)のE500。

U-2000円(アンダー2000円)でイヤホンを探してるなら、予算上限にあと20円プラスしてこのE500を買ってみてください。幸せに近づけます。

映画にも良し、アニメにも良し、ゲームにも、さらにはASMRなどのバイノーラルにも適している全方位型のオールラウンダー。ナイスです。

早速、E500のレビューを始めましょう。

││スポンサーリンク││
\確定申告は青色&複式簿記で!/
││スポンサーリンク││
││スポンサーリンク││

革命的なイヤホンが存在していた

finalの「E500」を買いました。

final E500 レビュー final E500 レビュー

もしかしたら「えっちなイヤホン」なんて二つ名くらいは耳にしたことがあるかもしれません。知らない人にはいきなり何を言ってるんだこいつ状態ですね。

家に届いて早速聞き流していましたが、2000円台3000円台の価格帯に革命を起こすイヤホンではないか。いやすごいイヤホンがあったもんだ。

有線イヤホンはお嫌いですか?

「有線イヤホンか、有線はタッチノイズがあるから嫌なんだよな……」と思うのはわかります。でも有線によるタッチノイズは、「シュア掛け」をすれば90%は軽減できます(当人比)。タッチノイズが理由で有線イヤホン敬遠派にもおすすめの装着方法です。

ケーブルを耳の後ろから通すことで耳裏がオブザーバーになり、タッチノイズへのイライラがなくなります。E500はshure掛け用の形状じゃないので、ぴったりとはハマりませんが効果は絶大です。

E500を購入したら早速試してください。

すっきりしたSE215という印象

買いたてのイヤホンは角が立っている(だからエージングが必要)なんて話をよく耳にしますが、初聴からいい音がしてびっくりしました。

エントリー価格帯の有線イヤホンだと、フィリップスのsheシリーズ(SHE9700は良かったなあ)を推していた過去もある私ですが、finalのイヤホンも相当すごい。

アニメを観ていても、「靴の音は別に収録しているんだ」というのがはっきりわかります。音が浮き上がってくるというんですかね。そんな感じです。でも、馴染んでいないわけではないです。意識が研ぎ澄まされるような感覚。

普段のリスニングにもGOOD

E500はASMR向け、VR向けのイヤホンというバイノーラル特性との触れ込みではありますが、普段のリスニングも十分堪能できる性能を持っています。ポップスでもメタルでもフューチャーベースでも鮮やかな色が浮かびます。

一聴した第一印象はすっきりしたSE215といった印象(経験のあるイヤホンのサンプルが少ないですが)

すっかり1万円超え商品になっちゃって……。

SE215の低音のパワフルさから半歩ひいて、空間を広く眺める志向を目指している感じ。何よりも全部の音を拾ってやろうという気概をばりばりに感じます。ついつい気持ちよくなって音量を上げたくなります。

耳コピの用途にもおすすめできる

ベースもギターもシンセサイザーも、音階がわかるだけでなく「どう歪んでいるか」「どう弾いているか」「どう鳴っているのか」など、エフェクト的な部分にも気づくことがめちゃくちゃ多く、何回も聴いたお気に入りの曲でも新発見にあふれてます。目を閉じれば「この音はこのトラック。で、これはこっちのセンド」といったミックス風景さえ視えます(※幻聴と幻視のコンボ)

耳コピしたい人、ミックスを深く理解したい人向けのイヤホンとしても、かなりおすすめです。

低音がやっぱりすごい

特筆したいのは、低音のゆらぎとサスティンです。フロアタムの「ドォォォーーン…………」といった残響やシンセベースのビリビリくるウーファーの質感はSE215を越えたと思ってます。

あとはエージング期間(150時間~200時間)を迎えたらどんな別の顔を見せてくれるのか、そこがまた楽しみだったりして。

兎にも角にもほとんど全方位、無線原理主義者とヘッドフォン派を除いた方々には満足を提供できるんじゃないでしょうか。

アニメにもいい

SEとフォーリーが飛躍的に前に出てきますね。小さい音ほど、耳を傾けたくなる。

靴の音・足音ってわざわざ別で収録してるんだっていうのがまざまざと伝わります(フォーリーというセクションです)。生音っぽさが浮きだつような感じ。

外見のお話とデータ

ケーブルの長さは1.2m。耳の位置からだいたい膝の下あたりまで、ぶらーんとぶら下げた長さがそれぐらいです。コートの深いポケットに入れる人、パンツのサイドポケットに入れる人、どちらにも十分な長さ。

final E500 レビュー

太さは中ぐらい。シュア一家よりは細いです。

final E500 レビュー

ジャックはL字設計。

final E500 レビュー final E500 レビュー

愛機のZenfone(ASUS)に差し込むとこんなふう。ちょっと出っ張ってる感じがします。スマートフォンで使う機会はあまりない私。

イヤーピースはSS/S/M/L/LLの5サイズ。

final E500 レビュー

予備は別の袋に入ってます。

柔らかいシリコンが採用されていて、装着したときの耳馴染みはいいです。

final E500 レビュー

本体は芯形で細く、ぐっと押し込めて三連フランジいらずな作りです。

音量はやや小さめか

インピーダンスは16Ωということですが、手元にある「UM PRO 30」や「SE215」と聴き比べると若干の音の小ささを感じます。

本来の思想がVR用、ASMR用といったバイノーラルシステムの環境に強いつくりであることを考えると、そこまで大音量を求めるシチュエーションは限られるか、アンプやソフト側の音量調整を複合的に想定したのかもしれません。

左右の見分けがつきにくい

難点は左右の見分けがつきにくいことでしょうか。

LとRの印字はされていますが、画像はけっこうなズームで撮ったものです。

final E500 LR

衰え始めたおじいちゃんの目にはキツイです。慣れると手触りで判断できるから、慣れましょう。

ASMRブームの火付け役になったのも頷ける

公式のデータを引用しつつちょろっとした雑感を書いてきましたが、これは久々に自信を持って言える「買い」イヤホンです。少年少女から紳士淑女まで、耳コピから耳かき音声まで、力強い相棒になるポテンシャルあり。

そうです、E500の本領発揮は音声作品でこそなのです。好きな声優を耳元に召喚するために購入したのです。笑ってやってください。

これとか。

【耳かき・ツンデレ・ドジっ娘】いやでんっ! 〜癒やしの寝台列車「クルーズトレイン・ロイヤルセブン」〜【CV: 日高里菜】

これとか。

耳かき研究部!~鼓動も感じるドキドキASMR~乃々編 CV:長縄まりあ

さらにこれとか。

ぐっすり眠れる耳かきボイス 真冬のコインランドリー

かの仔さんは長い間聴くとちょっと変な気になってくるから要注意です。久美子のラフなあの感じ、好きな人はハマると思います。

どうですか、新しい扉が開く音が聞こえてきませんか?イヤホンジョーク。

E500を耳に通せば音声開化の音がする。

マイクやリモコンも付いてたほうがいい、という方には上位機種にあたるE3000を候補に。

以上、E500のレビューでした。

おしまい。

関連リンク

final公式サイト

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました