【DTM】まだまだ現役だよ!? モニター向きスピーカー FOSTEX PM0.3のあるデスク【2018年修正】

FOSTEX pm0.3 スピーカースタンド 機材類

作曲頑張ってますか? 進捗どうですか?

当の私は、狭い机の上でも設置できる良質なスピーカーを買いました。

それが写真にもあるFOSTEX-PM0.3

基本的にフラットなつくりなのでモニター志向として使ってますが、味付け次第で自分好みのリスニング向けにも化けるところなんかがお気に入りポイントです。

以前まで使用していた Creative社の3000円スピーカーとは表現力の差がくっきり出ていて、なんと魅力的なスピーカーなんでしょうと嬉しさの余り、いくつかのレビュー記事を書きました。

あなたの環境と照らし合わせて参考になる部分ならない部分など含め、
お時間よろしければゆっくり読んで下さい。

 

【注記!】更新の記事を振り返ってみると、電源ケーブルの変更よりもスピーカースタンドの導入を先にするべきだったなと少し反省スピーカーと耳の高さが水平になるような環境づくりがいかに大切か改めて身にしみました。【注記終わり】

 

PM0.3のレビューその一 「スピーカーに求めるもの」 ※このページです。

PM0.3のレビューその二《リケーブル編》

PM0.3のレビューその三《インシュレータ編》

PM0.3のレビューその四《電源リケーブル編》

PM0.3のレビューその五《スピーカースタンド編》(一旦完結

[PR]

一歩進んだスピーカー環境を手に入れたい

知人のCD作りの手伝いで自宅PCを使いミックスやマスタリングをする機会がありまして。ヘッドフォンだけじゃ心もとないので一歩先に踏み込んだスピーカーが欲しくなりました。

私なりに購入の希望条件として掲げていた点として──

  • 狭い机にも置けるコンパクトなサイズ
  • 2wayスピーカー
  • 電源はACアダプタからとりたい(PCへの負担を減らしたい)
  • 音の性質はフラット志向(モニター向き

この四点をクリアしつつ前評判もよかった(ある筋からの推奨もあり)のでこの機会にスパッとAmazonにて購入。お値段の方も申し分ないですね。

おや、早速、届いたようです。

PM0.3の梱包内容

FOSTEX PM0.3 FOSTEX PM0.3

 

中身はコード類が三本。ミニプラグ/RCA端子に対応しているケーブルが二本電源ライン。取説の用紙。

取説がPDFとかじゃなくてよかった。

音楽制作ソフトやドライバ系によくある、PDF形式の取説がネット上にあってURL載せとくんで詳細はそっちで確認オナシャス!みたいなのは嫌なんですよね。ペラペラ眺めながらわくわく組み立てたい派なもんで。確かにPDFなら書類無くす心配はないし、エコだとは思いますが。そのおかげでこの価格帯をキープできてるんだと納得しよう!

FOSTEX PM0.3

一段目の発泡スチロールを外すとスピーカー本体のおでまし。
緩衝材&発泡スチロールでがっちり固定されてます。この梱包はベリーベリーグッド。満点です。

コンパクトなサイズ

fostex pm0.3
サイズ比[前/奥/高さ:10.0/13.0/18.5(cm)]

横面にコミック単行本を置いてみました。横にベタ付けしてもスピーカーのほうが少し高いくらい。前面は表紙よりも指一本狭いくらいの幅です。実にコンパクト。

次に背面↓

FOSTEX PM0.3 チャンネル

アンプ搭載のアクティブスピーカー(画像右:Rチャンネル)と、
アンプ非搭載のパッシブスピーカー(画像左:Lチャンネル)という仕様になってます

Rチャンネル側に電源など接続部がまとめられていますのでコード回しも一考すべし。

低音と高音のバランスが良い

「コンパクトなサイズ感」の評判通り、ちょうどいいスモールさでありながら、鳴らす音はしっかりとしたパワーを持っている

マスターボリュームとオーディオ・インターフェースのボリューム(とPC内音楽プレイヤーのボリューム)を掛け合わせたらなかなかの大音量が出せます。ノートPCやタブレットと一緒に持ち込んで小さいパーティに出張させられるくらい、出力のポテンシャルは高めです。

マスターボリュームの変化によって主張ポイントがブレたりしない点もグッド。

音が大きめのときにベースがブワついたりもせず、音量を絞っていっても低音が急激にしぼんじゃったりってこともない。どこで聴いても気持ちよく聴ける。

いいバランスです。

置き方は内向き推奨

FOSTEX pm0.3 スピーカースタンド

画像ではわかりにくいですが、スピーカーを少し内向きにしてます。

自分のリスニングポイントを決めて、スピーカーのコーンから均等な距離をとります。自分とふたつのスピーカーとで正三角形もしくは二等辺三角形をつくるようなイメージです。

左右の間隔を広く取れたほうがステレオ感増しになるんですが、いかんせん作業場が手ぜまなもんでこの辺りが限度かな、と。離し過ぎると、それはそれでセンターでの聴き心地が死にますので注意。

モニタリングはスピーカーでもするべし

DTMerが増えている。

まだ若いのに(というのは褒められた表現じゃないけど)、宅録してミックスしてネット上でワイドに発信しているような子が大勢いて──すごい行動力だなと舌を巻くことも多い。しかしときたま、ミックスバランスの粗さが気になることがある。

「ヘッドフォンだけで作業が完結しているんじゃないか?」

と思わずにはいられないので、

僭越ながら一言言わせていただくと、

「ミックスのバランスはスピーカーでも確認しなさ~い!」(しかるねこ風)

この一点に尽きます。

スピーカーへの一万円は決して高い買い物ではない。自己投資だと思えば安すぎるくらいだと思います。人によっちゃ全然足りてない、もっといけるって意見もあるでしょう。

(その他多くのスピーカーにも言えますが)買った瞬間は財布が少し寂しいかもしれないけれど、返ってくるものはしっかりあります。一ヶ月分の給料の使いみちを考え直せば十分まかなえるはず。休みの日に一日まるまる働いた自分へのご褒美とでも思えばいい。学業があるならこつこつ一週間働いてもいいですし。これはDTMとかする人に限らずリスニング用として考えてる人たちもそう。一週間の労働を吹っ飛ばすくらいの快感ならこいつが与えてくれます。絶対。

おしまいに、私がスピーカーに求めたもの

仮に、ヤマハのHS5NX50、JBLのPebblesなんかを購入していても、恥ずかしげもなく「これはいい!」なんてことを私は嬉々として書いていたと思う。合格点を越えているしっかりした品質のスピーカーであることは間違いないだろうから(Pebblesはバスパワー駆動だから候補から外したけど)。

好きな音なんて人それぞれ――とは言っても、みなさんハズレは引きたくないわけで。

高くないとはいえ決して安くもない。せっかくのお金、無駄にはしたくない。お金は大事。

「そもそも良いスピーカー(の定義)ってなんなの?」

実に難しい質問ですね。

低音が出てる」高音の伸び」クリアなサウンド」「高音質」定位がくっきり見える」音割れしない」……言葉は具体的なようで抽象的になっていくばかりだったりして、悩ましい。

なので、今回スピーカーを購入して私がまず思ったこと、一番の感動ポイントは、

——

音がセンターから向かってくる感覚”をすごくわかりやすく実感できた」

——

衝撃というと大袈裟だけど、「おもしれえな、これ」っていう感覚。

以前のスピーカーやヘッドフォン(MDR-CD900st)だと、左右から同レベルの音が出ている感じがどうも拭えなくって。それがつまりゴーストって原理であることは承知なんですけど。奥行きがないとか広がりがないともちょっと違う……ムードがないって感じ。「私はいまフロアに居る」って妄想が捗らないんです。

そこへ来て、PM0.3はひと味違う感覚があった。

PCのディスプレイ、その奥の向こうから音がとんで聴こえてくる感覚。
PCのその先に歌手が立っているような想像が容易にできてしまう感覚。

これが新鮮で面白い体験でした。
音との向き合い方について、ひとつステージアップしたような。

最後の注意点

購入しても損しないスピーカーだと思います。強めに推したい。

ただ、付属ケーブルの質が良くないので、何かしらの買い替えが必要になると思います。

そのあたりは続きの記事【PM0.3をリケーブルでブラッシュアップ】のなかでお話しているので参考にしていただければ……といったところで一旦筆を置きます。

 

過剰な低音はいらない、モニター指向のリスニングにおすすめです。

Amazon | PM0.3 ミニスタンドセット | モニタースピーカー | 楽器
PM0.3 ミニスタンドセットがモニタースピーカーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

参照リンク

FOSTEX公式サイト

コメント(承認制)

タイトルとURLをコピーしました