『レガリア The Three Sacred Stars』はどうしてレガッたのだろうか?

レガリア アニメ感想文

こんにち……えっ、

いったん終了? ……そんな!?

まずは公式が発表した以下の文を。

お客様各位

『レガリア The Three Sacred Stars』放送・配信に関するお詫び

平素「レガリア The Three Sacred Stars」をご覧頂きまして誠にありがとうございます。

7月より放送して参りました当作品ですが、既に放送・配信している話数において、本来意図していたクオリティと相違があることを強く認識致しました。
この相違は、現在の制作体制の中で解消をする事が難しく、いま一度、制作体制およびスケジュールを仕切りなおし、きちんとした形で視聴者の皆様に作品をお届けしたいという、制作サイドの意向を受け、下記の対応を取らせて頂くことにいたしました。

  • 第4話をもって、放送をいったん終了とさせて頂きます。
  • 制作体制を整理したのち、現在放送中の各TV局にて、9月1日より順次放送を開始させて頂きます。尚、改めて第1話より放送させていただきます。
  • BD・DVDのリリースにおいては発売を1ヶ月延期させて頂きます。

以上、第5話以降の放送を楽しみにして頂いた皆様には多大なご迷惑をお掛けいたします事、心よりお詫び申し上げます。

また、急な決定の為、これまでプロモーションにご協力を頂きましたキャスト・アーティストの皆様、各媒体や販売店の皆様へもこの場を借りてお詫び申し上げます。

スタッフ一同、気を引き締めて全力で制作に取り組んでおりますので、何卒ご理解を頂けます様お願い申し上げます。
9月よりの放送を是非ご期待ください。

レガリア製作委員会                  2016年7月吉日

公式サイトhttp://regalia-anime.comより引用

はい。

第1話放送当時から私は本作を観てまして、ときに頭を傾げながら第3話まで視聴し、少し間が空いておりました。そして第4話放送後に……

「打ち切り! レガッたww 万策(ry!!」

みたいな話を目にするもなかなか観れぬまま。

「週一で観れるのは奇跡と認識しよう」発言なんかもあったりして、一体第4話で何が起こったんだ? と思い、居ても立ってもおれず第1話から見なおしてみました。なぜレガッたのか、どうレガッたのががわかるかもしれないと思って。

比較記事へのリンクはページの最後に置いています。

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉

過去にレガッたものは数知れず……

レガる/レガった」というniceなスラングについて簡単に説明するとですね。

から10年前の2006年に、原 秀則さんの原作漫画『レガッタ~君といた永遠~」をドラマ化した作品がありました。レガッタっていうのはボート競技。スラングが生まれたのもドラマの放送時です。

速水もこみち・相武紗季・窪塚俊介などを擁したキャスティングで挑んだものの、第9回で打ち切りになってしまいました。低視聴率だったから! 大島ミチルまで起用したのに。

そこで生まれたのが、放送打ち切りを指すスラング──レガる[動]──です。

「万策」同様、ホイホイなんにでも使うべき用語ではないんですが、今回のタイトルが『レガリア The Three Sacred Stars』なだけに、何か運命めいたものを感じます。

クオリティアップのための一休み

さて、件のレガリア再スタートの話ですが。

今回の死体蹴りムーブのダメなところって、私の発言や主張が、9月に放送を控えるこの状況に対し全く援護にならないこともさることながら、第1話あたりで何らかの言及があったのならまだしも、レガリアサイドが疲弊している状態を確認してから追い打ちのように「ここがダメ、ここがダメ」ってやる、いわゆるただの勝ち馬乗りのかたちになっていることですよね。その自覚はある。でもやるんだよ。

ンフィニット代表のナガッチョ氏のツイートからいわく、

「作画面・演出面・音響面においてのクオリティコントロールを主眼とする」

ためのいったん終了……9月からの復活放送ということです。

強調していたのは作画だけのリテイク作業ではないと。囃し立てた人が多かったのかな。

なつ「視聴者のなかで一番声がでかいのが作画に対する文句、注文だからね」

一番わかってる気になれるのも、そこのような気がするね。語った気になれるのも、というのかな。音声よりも画像キャプチャーのほうが物的証拠として引っ張ってきやすいのも要因でしょう。

緒方恵美氏のツイートでは「パワーアップした作画が観られると思うので期待して待っててください」みたいのがあったけど……どっちなんだよって感じがせんでもない。アニメーションって作画だけなのかよ的な。

で、私が作画以上に危惧していた脚本の是非っていうのはどこに該当するんでしょうか? 演出面?

要は物語の展開として、画面として、繋がっていない部分に修正するべき箇所があるってこったろう。じゃあそれを探してみよう。

第1話、置いてけぼりと説明不足の違い

画で進めたいのか台詞(ナレーション含む)で進めたいのか、物語の進め方と画面がちぐはぐで、本気にさせてくれないのが「面白くない第1話」の共通点だったりすると思うのですがどうでしょう。私は「第1話からちゃんと全部説明しろ原理主義者」では決してないですけど、観続ければわかる謎の扱いも考えものです。

後々の山場作りのために──驚きの真実展開がしたいがために不詳を不詳で放っておくのは欺瞞だって私は思うんですよ。すごく微妙なラインで自己基準強めなんですが。

詳しくアレはよかったとか言い出すと言い訳がましくなって説得力も薄れるだろうから、具体的な作品は出せませんすみません。

指輪への視線誘導

おそらく指輪が今作のキーアイテムになってきますが、

レナのつけてる指輪への視線誘導があんまり上手くないですね。朝食取っている段階で指輪を観客へ見せてるんだから、玄関前でズームなんかしなくていいじゃないかと。

ズームって、どうにも品がなく映ってしまうことがありますよね。「これ、覚えておいてね~」みたいな。おせっかいだなあ。ユイが指輪に視線向けてるんだからそれで十分じゃないですかね。

そのあとの、ユイの「もう指輪つけられなくなっちゃったね」のテンションがおかしい。全然関係を大事にしてるように見えない。んでそのあとのレナの笑顔はなんだ。話聞いてたのか?

港での一幕

レナ「ケイはどこ?」

おっちゃん「オレは使いだ。お前を連れて来いといわれている。ご同行願おう」

レナ「いいよ。連れてって」

おっちゃん「ああん!?

レナ「!?!?」

おっちゃん「戦いに来たんだヒャッハー」

私「!?」

──

そして、なぜか埠頭にたどり着けたユイ。だから、やっぱり脚本なんですよね、本作が抱えた問題点は。

覚醒までのやりとり

まあ覚醒の流れはどこも似たようなものというか、「勝手に抱え込んでましたパターン」でした。「オレがいないとこの店回んねえから」って考えのアルバイトリーダーが勝手に疲弊してしまうパターン。あれに近いなと思って観ていました。ちなみにこれが第4話まで続く。

レガリア1話 
『レガリア The Three Sacred Stars』第1話より

 

「レナが……おねいちゃんが……」

こういう獺祭言い回しがこの世から消え去りますように。

ここで、「人間じゃないとかレガリア? とかアレクト? のコア? とかそんなの関係ない。おねいちゃんはおねいちゃんだよ」って言ってもらって立ち直ったのに、そのあとおっちゃんに化け物って言われて怯む意味がよくわからない。

(上の台詞、響いてないのかよ)

化け物同士粉々になるまで……って言われてユイが「化け物じゃない。私のおねいちゃんです」って否定して。

これってレナには人間性があってあなたみたいな殺人マシーンとは違うんです、みたいな。そういう主張がレナは何を思ったのか吹っ切れ、必殺技ブッパして相手は粉微塵ですよ。

まったく、よくわからない脚本だ。

爆発エフェクトいいですねえ

仕切り直しに関して「作画面のパワーアップのため……」という理由が挙がっていたわけですが、第1話の作画が全くのダメダメだったわけではないんですよ。

次元の狭間に消えたっぽい感じの煙とか素敵でした。金田伊功風の十字光がきらりと入っていたりして。

レガリア1話gif
『レガリア The Three Sacred Stars』第1話より

 

爆発の勢いにまかせて煙の発生地が手前に来てるように見える。そして最後まで丸さ球体を意識した煙の動き。小澤さんですかねえ? わからないですねえ。

レガリア1話
『レガリア The Three Sacred Stars』第1話より

この巻き付いたのもさらっとしてましたね。拘束の役割だと思われますが、あとあと掬い上げたりするのだろうか。

 

EDのクレジットの出し方

一枚続きのクレジットが縦に流れていくのって映画的作法というか大作感が出てちょっと高揚をもたらしたりするものです。黒背景でバシッと、気合入ってんな、なんて。『Fate/zero』の第1話とか、これはヤバいものが始まってしまったのではないかとビクビクしてました。

レガリアもそうでした。縦スクロール型でした。でも悔しいことに何も感じませんでした。

レガリアed 

 

バディものってことでペア意識でちょっと隙間をいじってます。どうしてアオイとナルがセットなのかはよくわかりませんが。

しかしレガってしまったいまでは大作感も損なわれた結果に。クロムクロの作中の言葉を借りるなら、

「素人がセミプロ感出すとこうなるっていう最たる例」

的な。や、プロの方々なんですが。

答え合わせは9月

第2~4話についてはまたそのうち。なんせ9月まで時間がありますからね、

レガリア4話
『レガリア The Three Sacred Stars』第4話より

すぐ戻るから!!(9月)

 

実際のところ、9月あたまから第1話を放送するので第5話は9月の末ですね。

【レガリア第4話までのわかりにくい部分】

『レガリア』はどうしてレガッタのだろうか?~第2-4話~
さっくり行きましょう。最近記事が長ったらしい気がしてしょうがないので。 レガリアの気になったところを思い出すシリーズ第二弾、なんちゃらの名のもとに! 第2話より 実はユイは女王様でした、からの記者会見で始まる二話。 どうして記者が質...

【比較記事】

レガリア第1話とシン・レガリア(復活版)第1話で変わった部分はどこなのか

レガリア第2話と復活版の第2話で変わった部分はどこなのか?

レガリア第3話とシン・レガリア(復活版)第3話で変わった部分はどこなのか?

レガリア第4話とシン・レガリア(復活版)第4話で変わった部分はどこなのか?

 

2800作品以上のアニメが見放題!【dアニメストア】 
で『レガリア The Three Sacred Stars』をチェックする(31日間の無料お試しやってます)

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました