【アニメ】人類史とともに『けものフレンズ』が迎える終焉と終園のお知らせ。【1~5話まで】

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

けものフレンズOP

きみも火曜日が待ちどおしいフレンズなんだね!

──なんて

そこまでIQ下がったふりをするのも疲れるのでいつもどおりに、私は元気。
(関係ない話だけどこないだ友人と久々にポーカーしてロイヤルストレートフラッシュが出た。ついてる)

しかし、火曜日の深夜を楽しみにしているのは事実だったりする。

「今期のラインナップ中、観ていて面白い&未視聴の方にオススメしたい作品を五本選べ!」という質問があれば、私なら迷いなく三本目、四本目あたりに『けものフレンズ』を組み込みます。現在それくらい惹かれている作品なのですが、会話の端々に漂う不穏さたるや筆舌に尽くしがたいものがある。(使い方正しいのかな?)

このページの目的は
①新たに火曜日を待ち望むフレンズを増やすこと
②視聴中だけども不穏ポイントを見落としているかもしれないフレンズの認識を補完すること

──である。助け合い・情報の共有<フィードバック>って大事。

布教はするけど不協和しない、的な。

いびつでやさしい不思議な箱庭「ジャパリパーク」を考察

けものフレンズ 図書館

かばんちゃんたちが一向にとしょかんに着かないもんだから、私が先に行ってきましたよ。絶滅危惧動物の図鑑を15分ほど眺めて次なる目的地、CD屋に。『ようこそジャパリパークへ』がなかなか見つからない。

さて。

こないだのメモ日記でもふれたけど、『けものフレンズ』……どこから切り込んでいいのかわからない。

【アニメ】良かった作品と話数は覚えておこう。できれば記録しておこう。
作品を受容することへのスタンスについて(そんな難しい話ではない

「三話まで観て惹かれなかったら観るのやめてもいいから」というのがやはり正攻法的なススメ方だと思う。三話そのものがしっかりとした出来だったうえ、おはなしの方向性も定まった観がある。三話までで惹かれないヒトは、最終話あたりで明かされるであろうあらかたの謎の正体を聞くまではもう興味も持ってくれないと判断するべきだと思う。

ステマなのか自然発祥なブームなのか

いま、ビッグバン的ミームの要因・ウケている要因を大きく二分すると、

  • パークのフレンズの誰もが他者を否定せず認め合うやさしい世界の空気感
  • 理想的な環境である”やさしい世界”のなかで浮き上がりきらない歪な不穏さ

このふたつが視聴者へのフックになっているんだと思う。とりわけ私は下のほうに当てはまる部類。部類といえば、人間はサル目ヒト科ホモ・サピエンスサピエンスというところに分類されるらしい。学名はヒト。

第5話になっても解消されない不穏さの正体が気になって仕方がないのだが、前置きはこのくらいにして、一話から少しずつ振り返っていこうと思う。未視聴の方へ向けて断っておくが、依然謎は謎のまま物語の水面下にあるので、大きなネタバレにはならないと思います。個人の見解も混じったりなので話半分で読んでくださいな。

第一話「さばんなちほー」

けものフレンズ1話

一話はやや枯れた草原が広がるサバンナの風景から始まる。

人類史とのシンクロをメインに解説を進めます。

アルディピテクス(アウストラロピテクスよりの古い人類系)などの人類の祖先の発生は、アフリカ東部.エチオピアの大地溝帯であり、ここは火山活動もさかんな地域であったために化石として当時の資料が残りやすい。(かばんが生まれたのもおそらくは”さばんなちほー”であり、ヒト説を支持する有力な情報になると思う。)これは”アフリカ単一起源説”という。

この地域、もとは森林地域だったのだが、隆起帯が大きく形成されると赤道西風はさえぎられ、森林は乾燥化が進みしだいに枯れはじめる。そうしてできあがったのが一話冒頭のようなサバンナ地域である。木から木への移動が主だった類人猿などは絶滅し、樹木の減少により地上に降りての移動を余儀なくされた猿人は直立二足歩行を獲得し生き延びた。という説がある。

木の上で寝ていたサーバルが木から飛び降りたのは、もちろんサーバルキャットの性質に起因するものだが、人類誕生の歴史をなぞっていたのかもしれない。ちなみにサーバルキャットはオスが縄張りを持ち、メスはオスの縄張りのなかで行動する。縄張りを主張したサーバルちゃんの発言はいささか不思議である……。シマウマを見つけられたのも視力が優れているため。かばんちゃんはそこまでの視力はない。

主に物語を進めていくのは”かばんちゃん”と”サーバルちゃん”のふたりと、多くのフレンズから”ボス”と呼ばれているラッキービーストというガイドシステム。

”フレンズ”とは上の画像のサーバルのように、ジャパリパーク内に住んでいるそれぞれの動物の特性を持ったキャラクターのことを指す。ジャパリパークには木登りが得意なフレンズや泳ぎが得意なフレンズがいる。”個体”なんて言葉に置き換えても概ね間違いではない。

けものフレンズOP

OPより。左がボス(ラッキービースト)、中かばんちゃん、右サーバルちゃん。

これはノアの方舟を作ろうとしているところです、たぶん。終焉と終園のダブルミーニング。

かばんとサーバルの邂逅

「君は何のフレンズなのかな?」

もう恐い。

なんて棒読みなんだ……。

なつ「そこかよ」

それは冗談だが、若干の混乱があった。どう見てもかばんは人間である。生物学でいうならヒトである。そこをして「なんのフレンズなの?」という物言いには違和がある。
正直にいえば、この違和がはっきりと表面化して認識ステージにのぼるのは二話鑑賞中なのだが、話の流れのうえでここで触れておく。

とにかくサーバルの質問に対してかばんの口から自分は人間だという返答はない。記憶喪失にあたる状態になっているのだが、言語を使うサーバルの存在を、不安ながらも受容する。

こんなものはいわゆる”アニメ語”であり、進行上の最初の嘘であり、物語設定なのでとやかく言う必要もない。しかしこれらの設定への認識も全部ひっくり返されることになる。

かばんの口からは「あなたは、ここのヒトですか?」という問いがあり、ヒトの認識は少なからずある模様。

ぶつ切りな会話が生む違和感

かばんがサーバルに質問する。

「あなたはここのヒトですか?」(質問A)
「ここはどこですか?」(質問B)

するとサーバルは食い気味で「ここはジャパリパーク。私はサーバル」と意気揚々と返答するのだが、この回答は実際のところ質問Aには答えてくれていない。答えきれていない。

ぶつぎりの編集により謎は解消されたような雰囲気があるが、本質には触れないように立ち回った会話が本作ではよくみられる。このあたりは上手い脚本術。近年見飽きた、物語進行の都合上にマヌケなキャラを生み「なんでそんな大事なこと連絡しないんだよ!?」なパターンとは一線を画すものである。

としょかんに答えがある

さきほどのアフリカ単一起源説にかさなるが”出アフリカ”といって、人類の祖先はアフリカ東部から出て、世界中に移動する。ここも物語の進行とシンクしている。

かばんの出自を調べるために図書館に向かうことで物語は動き始めるが、ここでセルリアンという未知の存在が登場する。

けものフレンズ セルリアン けものフレンズ セルリアン

やさしい世界といわれているジャパリパークでも危険視されている存在はいる。大きさや色の違うタイプも出て来るが、総じてフレンズ達の外的かつ外敵な存在である。赤いタイプは友好的かもしれない。(推測)

生体は最新話(第五話)でも謎のままである。

ゲート前のあの叫び声ってトキの声なのかな、なんて思ったり。サーバルにしか聞こえていないっぽいし。金朋氏がクレジットされてないから違うのかな。

けものフレンズ1話 けものフレンズ1話

そして物語に異変をきたしてきた要因として、たびたび差し込まれる文明の痕跡。
文字があり記号がありプラスチックがあり科学がある。しかしヒトはいない。

ジャパリパークと呼ばれるこの世界の舞台はおおかたサファリパークからもじったものだが、フレンズたちのくだけた会話やIQの低い本能的な行動に気を取られてときどきそれを忘れてしまう。そのなかで突如放り込まれるヒトがいた形跡。

このあたりで「ここを管理していたはずのヒトはどこに消えたのか」「かばんはヒトではないのか」「時代は」「ここは日本なのか」「フレンズとは」など色々な疑問が湧く。

サバンナ地方を出たところでかばんの声に反応したラッキービーストが草かげから登場し、一話は終わる。

総括

つかみからばっちりだったかというと、決してそうではない。クソアニメの匂いはした。

だがしかし、ですよ。

一話を一分三十秒で視聴断念しただとかあずまんがAパートでやめたとか、いろいろと感想文を観まして。冒頭の一分三十秒ってまだかばんちゃんを捕まえてすらいないですからね。そこで判断ってどんだけ時間無いのかと。こっちはキルミーをリアタイ完走したんだぞ。

確かに、安っぽいモーションのアニメだなという印象は受ける。水しぶきなんかは特に。
しかし手描きの画でなく拙さの残るセルルックなタッチになっていることでよりホログラムっぽい感覚を際立たせ、「私が観ているのは全部幻想かアトラクションの類なのでは?」などといった「水槽の脳」のような別の不安さえ呼び寄せる。そんな狙いはないと思うが。

サーバルちゃんの演技も棒の部類に入る。しかしどちらかといえば”上手い棒”の部類でいまとなってはサーバルはこの声で大正解だとさえ思えてきた。
案外一番の難所なのは環境BGMのループがぶつ切りで安っぽさが爆発している点。ここが視聴のノイズになっていた。私の場合は。

一話を最後まで観ると、よほどIQの低いヒトじゃなければ「何かおかしい。何かあるぞこれは」となると思うんですよ。どうやら物語のラインがふたつあるぞ、と。
私は公式でも制作側でもなんでもないのでこんな発言も許されるかと思いますが、
「一話で切るのは早計すぎますよ。せめて二話までは観るべき」
と改めて伝えたい。

初回特別編成みたいな構成で一気に二話まで放送(視聴)できてたら、広がり方も変わってたでしょうね。ニコニコも二話からは有料の壁が立ってたみたいですし。

(以下、二話以降文脈を追うのは効果的とも思えんので、ピックアップのみ)

第二話「じゃんぐるちほー」

けものフレンズ二話 

この文字が読めない。〇〇エリアはわかるんだけども。

かばんの声にだけは反応と返答をするラッキービースト。

ラッキービーストがジャパリパークの説明をする。ここでだいぶ核心に迫っているのだが、延々と説明が続くという演出として文節だけ抽出したカットをポンポンっとつなげる。疲れて話に集中できないかばん、という二つ目の理由付けも完璧。この演出により肝心の謎が謎のままで視聴者を惑わせる。

「いま、なにかすっごいこと言わなかった?」が印象として残るだけ。

上手いなー。綿を背中に放り込まれたようなモドカシサやムズ痒い感じ。

ここでラッキービーストが説明したこと

  1. パークは気候をもとにして5つのエリアに分かれている。
  2. それぞれに動物や植物が展示されている。
  3. フレンズと呼ばれる生き物たち、彼女らはその動物や異物(※コメント欄にて言及)と……。

①5つの気候帯は地球と同じですね。熱帯・亜熱帯・温帯・亜寒帯・寒帯の5つ。
地球の未来なのか地球の縮図としてみるべきか。火星とかかもしれない。『トータル・リコール』みたいな。

②展示。なにやら物騒な物言いだが、展示物というのは大抵が管理されているものである。

③フレンズの詳細がちらり。異物と……の次に来るのは「配合」だろうか。
”異物”がいったいどの種のことをさすのかは不明。ヒト(女子)と動物(ここではヒト以外の生物の意)や異物、をかけ合わせたものをフレンズと称するのか、動物と異物(ここがヒト)をかけ合わせたものが”彼女ら”=フレンズなのか。たぶん後者ですよね。恐い展開をとりにいくなら。(※コメント欄にて別意見の言及)

ラッキービーストの台詞から、この作品があまたの簡易で安易な擬人化作品の系統ではないことがわかる。あくまでも擬人法は表現方法のひとつであって、大前提として対象は人間でないことが条件なのである。

なので、さっきの共通言語”アニメ語”の話も見方を改めるべきで、実際はひとつの言語(日本語の可能性が高い)なのかもしれない。

これはキリスト教圏内ではウケなさそうだな。こういうの神への冒涜なんじゃないか。
よくしらないが。

けものフレンズ2話

なんのフレンズの足跡なんだ……?

大きな川の向こうの砂漠地方

カワウソやジャガーとともに川を下り、さらに大きな川に出る。バスの運転席を運ぶあの川。

さきほどの人類史にならうと、アフリカにいた人類の祖先はバブ・エル・マンデブ海峡を渡りアラビア半島に移住した「南ルート説」というものがある。現在はサウジアラビアなどがあるアラビア半島は当時も内陸部において砂漠地帯だったとされている。

バブ・エル・マンデブ海峡という名の由来は、潮の流れが急なことや強い季節風などで航海が困難なことから船乗りがアラビア語で「涙の門」と呼んだため。橋が壊れていたのも潮の流れのせいでしょう。

その後、運転席を運ぶさいにジャガーが「川の向こうは砂漠地方でこっちはジャングル地方」と言いました。

アラビア半島 けものフレンズ

これをけものフレンズ二話での動きにシンクロさせてみましょう。
サバンナから移動しジャングルを抜けて川に出ると橋がなく、ジャガーとともに左方向へ川を下っていく。川幅は広がり、さきほどの発言「川の向こうは砂漠地方、こっちはジャングル地方」

紅海を川と見ると地形は似ている。人類が歩んできた道すじも。

けものフレンズ二話

大きな川に出たあと、頭がハッピーセット カワウソの指差す向こうに何やら背の高い建造物が見えます。三話の山とは別物だと思う。地図状の方向でいうと、メッカがあるあたりでしょうか。

けものフレンズ2話

メッカの近くにジッダという都市があり、そこにはジッダ灯台なる巨大な灯台があるそうだ。1990年に作られた現存する一番高い灯台である。ちなみにジッダタワーという1000m越えの巨大なビルがいまなお建設中である。『猿の惑星』でいうところの女神像的なアイテムなのかどうかは……どうだろう。

そんなことを予感させつつ、人類の祖先と同様に一行は砂漠地方へと移動していきます。

……が、バスのバッテリーが切れている。高山の上に充電設備があるらしい。

第三話「こうざん」

けものフレンズ3話

一話単位でみると、一番しっかり出来上がってる回だったかと。だからみんな「三話までは観て」と言うのかな。いい出来でした。

トキが登場。

けものフレンズ3話

ハイライトがない。学名はニッポニア・ニッポンのはずだが少し表記が異なる。

公式サイトにケモふれ図鑑ってページが有りまして、かわいいキャラクターがいっぱいいるんですが、絶滅種は瞳のハイライトが描かれてません。かなしい。

(公式サイトのペラトップにフレンズたちの立ち絵があるんですが、かばんちゃんがいないの。お別れENDの示唆っぽくもある)

トキの発言のなかで「動物だったころより便利に飛べる」「フレンズの身体だと勝手が違うみたい」というものがある。二話のジャングル小道でもラッキービーストが説明していたように、本来の動物だったときのサイズからフレンズ化した場合大きくなったり(小さくなったり)する。しかし、フレンズ化した彼女らの意識(人格のようなもの)は実質動物のもののようである。

トキの性質を獲得したヒトではない。ヒトっぽい性質を獲得したトキなのだ。

どうしてもビジュアルイメージと人間本位な考え方で勘違いしていた。言われてみれば一話からキャラクター紹介のたびに出ていたではないか。「サーバル」あるいは「トキ」と。

ラッキービーストの「トキの声はカラスに似ていたようだよ」との発言。やはり絶滅してしまったのか。

ちなみにトキにまつわる昔話とは秋田県に伝わる以下のようなものである。

諸国を回っていた左甚五郎という男がおり、大館の地に神社を建てることになった。その途中、腹が減ったので地元の農民に握り飯を乞うたものの、「お前のような下手糞な大工にはやれねぇ」と断られてしまったため、怒って杉のくず材で鳥をかたどり、それに田畑を荒らさせた。その鳥がトキであるが、彼は怒りのために鼻を開けるのを忘れてしまい、そのため鳴き声が鼻声になってしまった。

wiki「トキ」の項より

サンドスターについて語るトキ。

湿度・温度・日差しなどを変化して管理しているらしいが謎が多い。
今年の噴火によりかばんは誕生した。トバ・カタストロフ理論あるいはトバ火山がモデルかもしれない。(時間の概念はある。しかしトキはいつその情報を仕入れたのか?)

サーバルがほかのフレンズにたいして「ちゃん付け」とそうでないときがある。これもやや気になるところ。

サーバルが登頂して充電完了のタイミングがばっちしキマってる。レンジでご飯温めている間に漬け物切るみたいな。うまいな。トキの歌声の変化は、かばんに声の出し方を教えてもらったから上達したのかと思ったら紅茶の効能だったなんて……。

高い山のうえのアルパカ

アラビア半島の左下にナビー・シュアイブ山(:預言者シュアイブの山:の意)という山があります。このあたりで一番標高のある山です。そこでは「博士」の助言によりアルパカがカフェを営んでいました。

預言者というのは未来を見通す占い師(つまり”予言者”)のようなものではなく、啓示された神の意思を伝達、あるいは解釈して神と人とを仲介する者、のことを指します。

アルパカはカフェを始める前に博士と接触しています。ううむ。

「博士=神」の説を唱えてみたり

博士は神なのだろうか。

そういえば、コーランもモーセ五書も旧約聖書書物だ。としょかんには本がある。

OPのイントロで鐘の音がなっている。これは福音と捉えて良いのではないか

日の出から一周戻って日の出、というのはイエスの誕生、復活……なんてやりすぎか。

……しかし、これはなにかにおうぞ。

下山後、バスを動かすラッキービーストと一同。

けものフレンズ3話 けものフレンズ3話

サーバルの「動け!」に反応してバスが動いたのか、ラッキービーストがタイミングよく動かしたのだけなのか。なんにせよ、わはははってどこかおかしいぞ。もしかして偏桃体に支障があるんじゃないのか?

三話までの総括

と、三話まで観ればこの世界が異様な雰囲気に包まれている気がしてならないのはわかるはずなんですが……。ここからどういった展開を見せるのか。

おすすめできる要素たっぷりなのに、ノイジーマイノリティが新規を遠ざけてる節もあったりしてなんだか。

第四話「さばくちほー」

けものフレンズ4話

スナネコちゃんかわいい。

食料ジャパリまんの種類が豊富。もう怪しい世界観から『ゼノギアス』か『ソイレント・グリーン』のあれにしか視えないのがまた怖さ倍増なのだが、通貨代わりの担保あるいは物々交換の手段として扱われている。加工しているのがどこなのか配給があるのかなどは不明。

ここでもスナネコを通してフレンズ化の影響の話が出る。

バイパスを見つけたときの不安BGMがいい。対象的に土を掘りながら鼻歌でEDを歌う気分屋のスナネコかわいい。

けものフレンズ4話

いきなり文明めいたものが出て来るときの温度差よ。サファリパークなので施設があるのは当然なのですが。左側通行、やはり日本なのか。

ツチノコが登場。もはや動物の枠が取っ払われた。戦コレで劉備が出てきたときのあの感覚に近い。現実に近い将来ツチノコは見つかるんでしょうか。

ツチノコはだいぶキーパーソンらしくかばんの種についてもなにか知っている様子。ヒトのことも知っているし、「昔作られた…………遺跡」という含みもあの施設の背景について感づいている様子。のちに「人を楽しませるために作られたんだ!」の発言あり。彼女はボスといわずラッキービーストと呼び、サーバルを無視するもの当然という。

あの溶岩もサンドスターの噴火で流れてきたものなのか、原子炉廃炉のようにヒトが埋めるために詰めたモノなのか?

けものフレンズ4話

この場面、『CUBE』を思い出しました。あれも面白い映画だった。オールタイムトップ10。

by カエレバ

ツチノコが分かれ際に「あいつ、絶滅してなかったのか」とどちらかというと晴れやかな表情でいう。かばんの種におよそ気づいたのだろう。

改めて振り返ると、フレンズたちの認識のなかの”フレンズ”とは、

「〇〇(ベースの動物)×ヒト」の生き物。

この概念が前提としてあるのではないか。ということは一話冒頭の「なんのフレンズなの?」という質問は”ヒトと何を配合された生き物なの?”という意味で捉えるべきなのかもしれない。恐い。薄ら寒い。

あるいは『アルタードステイツ/未知への挑戦』みたいに「進化するぞ!進化するぞ!」って実験した結果、進化体系を逆流してしまうみたいな展開もありです。

アルタードステイツ

『アルタードステイツ/未知への挑戦』より

なかなかにカルトなぶっ飛んだ映画なので別におすすめはしません。

第五話「こはん」

けものフレンズ5話

せまいところが落ち着く・蓋なんかあるといいよね、などの発言に賛同するかばん。

ビーバーがダムや巣を作る性質の話であるとともに、扉を介して外界から退避している現代の家モデルに通ずる部分であり、まさしく人間らしい発想にとれる。フレンズ化以前の名残ともいえるか。各話で発揮される叡智といい、かばんはヒト説が濃厚になってくる。

けものフレンズ五話

テル・アブ・フレイラという遺跡がありまして、旧石器時代には木や小枝で作られた住居があり集落があったことが確認されています。その後、古い住居が崩れた泥の上に新しい住居を再建したために、辺りはぼこぼこの丘状に。紀元前10000年あたりのお話。

博士の存在がちらほら。図書館にいるのだろうか。ヒトだろうか。神だろうか。AIかもしれない。『2001年宇宙の旅』的な。デイジーデイジー。コーホーコーホー×20。

なつ「何それ」

まあ一種のトラウマみたいなやつです。ヘッドホンでこのシーンはたいへんな地獄なのです。鑑賞時にお試しあれ。

謎未満の謎

後半に入って「としょかん」の回は絶対あるでしょ。

なつ「まああるだろうね」

で、その次が「じいん」とくる。遺伝子のgeneとのダブルミーニング。

なんてのは冗談です。(おい

まだちゃんと情報がなくて気になってる部分。

  • 同種のフレンズが二体一緒に出てこない
  • サル目の動物が出てきていない
  • ラッキービーストが反応したかばんの帽子の羽根。そして帽子はもともと誰のものだったのか
  • セルリアンまわり

同種の双子キャラみたいなのがいてもおかしくはなかったりするんだけど、このへんは「ノアの方舟」っぽいかなーなんて。あれは雌雄のつがいだったけど。

サル目がいないのは気になりますね。

セルリアンはなんだかこっちの存在っぽいですよね。もろに眼球だし砕けた後のブロックが細胞というか角質チック。

EDの廃墟めぐりツアー

廃墟EDと言えば竹内哲也がコンテと原画をやった『百合星人ナオコサン』のEDですよ。

ちょーかっこいい。

話を戻します。

EDの廃墟でうっすら浮  かびあがってる針金アートの輪郭をはっきり

出したいん

ですがどうにも難し ぃブラジャーかいせきとかゲ スなことして たヒトならでき るのかな。

廃墟 けものフレンズED

特定したヒトすbらしい。画像はいしや くいたします。

つ ぎのはなしも  たのしみ。

かゆ い

うま……。


参照リンク:レポートの続きを書きました。書いてあることの半分は絵空事だと思ってくださいね。

【アニメ】『けものフレンズ』を人類史にこじつける考察、その中編【6~7話】
けものですものを人類史にこじつける考察をはじめる。

けものフレンズ公式サイト
http://kemono-friends.jp/

ありがたいコメントご意見ご感想

  1. 名無し より:

    楽しく拝見させて頂きました。感謝です

    ところで、
    ×異物 ○遺物 では
    絶滅種や神話生物のフレンズも出てきたことですし

    • 折田(兄) より:

      名無しさん、コメントに加えそのような細部までじっくり読んでいただき、本当にありがとうございます。
      なるほど、遺物ですか。そのほうがしっくりする部分が多いですね。ダークに受け取りすぎました。
      ハカセの予想などはまったく的はずれでしたが、OPの画もかわり第二章が始まったようで毎週が待ち遠しいです。