広告

『響け!ユーフォニアム』は京アニの現在形-集大成なのかもしれない vol.2

響けユーフォニアム アニメ

こんにちは。折田(兄).exeです。

【追記】
二期の最終回を思い出しながらリライトしてるんだ。

私はやっぱり京アニが好きなんだなー、と思うわけです。何と言ってもわかりやすい。演出にしろ脚本にしろ、(面白さとは別角度で)わかりやすさが広い客層にウケているんだと最近感じる。こっちが面食らうくらいのストレートにときおり鼻白むんだけも、あとあとになって「あれはあれで面白いものだったよな」なんて気がしてくる。
【追記終わり】

広告

集大成うんぬんは忘れていいのかもしれない

なつ「前からイラっとくるんだけど、なんなのこれ? ”かもしれない”

──艦これのアニメでムカついたから憂さ晴らし。あのメイビー? みたいなやつです。
まだ引きずってんですよ私。しかも二期決定らしいです。

分割……ってことでいいのかな?

語尾による安易なキャラ付けはね、梨花ちゃんだったりミカサだったり「あーあーまたですか」って感じで。もう一々怒ったりはしなくなったんだけども、久々にヒットしたのがあれ。逆ヒットです。

なつ「フィクションに現実の常識とか持ち込んじゃう人、可哀想」

──とか言いますけどね、言語感覚にしてもそうだけど整合性の範囲はしっかり守ろうよ

別に、その世界の理に無理がある!とかおかしい!とか、「そんな姿勢で弓が引けるか!」とかはなるべく言いませんし、言いたくないですけど。都合のいいところだけマイルールを持ち出すなってそれだけ言いたいわけですよ。そういうのは一個にして、と。

(よしんば擬人化は物語のスタート地点の設定なので受け入れるとしても、ドロップキックかますってどうなの……?)

なんも明示がなければ、思想とか良識とか常識とか、こっちの現実に則した部分で判断しちゃうじゃないですか。死んだものは生き返らないもの、とかの前提で観るじゃないですか。

そういう部分はそっちから歩み寄ってくれないと困る。というか、この話まだするんですか?

なつ「じゃあ、定番の『おいおい』ということで」

 

前回、京アニの総決算なんていったものの、『たまこまーけっと』『境界の彼方』はおろか、『らきすた』や『Kanon』からは特に共通項を見つけられなかったことをまずは軽く陳謝します。許してヒヤシンス。

では方向を変えて、単に気になったシーンを見てもらいましょう。

実写に寄っているカメラのレンズ

アニが気に入ってるんだろうなと勝手に思ってるエフェクト──スミア

私のスミアフォルダがまた潤うっぽい?とか思っていたら、今回はスミアよりもピン送りとピンぼけが多いですね。正直なところ、さりげなさがなくて、却ってくどくなってると思います。ちょっとやりすぎ。

第一話アバンで、歓迎・勧誘として校門過ぎたところで暴れん坊将軍のテーマやったじゃないですか。ずらっと階段に立ち並ぶ部員に段々でボケ効果をかけてたんですが、さすがに1メートルも奥行きがない場所でやるのはどうなのか。リアル志向というのか、徹底的に写実的な画作りを目指す姿勢が窺えます。

そのピンぼけはどんな効果があるのかという

観客に見せたいものを正しく強調させることができます。

まわりをぼかして視聴者の目移りを阻止する。いまフォーカスが合っているものがあなたが見るべきものだよ、っていうガイド。モブのカラーや顔のパーツをすっかり抜いてしまう演出に近いものがありますね。

逆説的に(メタ的に)考えると、
ピントが合っているのに特に台詞もなく誰も触れたりしない場合は、後々触るよって前振りだと思って下さい。 あと名称はわかんないんですが、画面の外縁周りだけぼやける特殊な効果のレンズもたまに出ます。視野狭窄とは違う。

じゃあ、また話は変わって気になったところ。

気になったアイテムとか演出

ひとつめ。
このベッド下の白っぽい箱。これ後々拾ってきますよ(多分)なんもなかったら私の深読みを返せ! ってなるんでしょうが、後出しは格好悪いので今のうちにジャブっておこう。

【2017/1/2追記】何もなかったね。ははは。【】

 響け! ユーフォニアム  響け! ユーフォニアム

ふたつめ。
姉にマウスの吹き方を教えてもらう回想シーンで、「そうそう、うまいうまい」なんて言いながらトロンボーンの手入れをする動き。

 響け! ユーフォニアム

会話とは直接は関係ない演技――「ながら演技と私は勝手に呼んでいるんですが、
こういったディテールに凝った、しかしさりげない仕草が大好きです。大好きってのは京アニに限らず、こういう演技を入れてくれるアニメーターさん全てに言える。

 

みっつめ。
葉月と出会いの教室。明らかに腕のサイズがおかしいんですよね。パースがおかしいのか。

 響け! ユーフォニアム はづき  響け! ユーフォニアム くみこ

別の角度から見ても伸びた腕の長さが合わない。作画番長・京都の兄貴らしからぬミス。

強めのディフュージョンについて考える

第一話。部活の見学後、帰り道のシーンになってディフュージョン(覚えたて)が強い。
これじゃまるで回想ではないか。

 響け! ユーフォニアム 1話
『響け!ユーフォニアム』第1話より

 

この眩しさは何か。

もしかするとこれは、
日の当たらない教室内日の当たる校舎の外という対照的な場所を用意することにより、

なんとなく続けているだけでやる気も希薄な二年生や三年生の部員たちと、音楽に対してワクワクした気持ちに溢れた三人(久美子はちょっと迷っていたけど)との対比を表現していたのかもしれない。そんな見方もありじゃないですか。

 響け! ユーフォニアム ディフュージョン

しかし、眩しいな。

その後、滝先生が過去のコンテストの音源を聴いているときは、正しく回想らしい光の散らし方だった。「いや、あれはホールの照明だろ!?」だって!? それは言わない約束だ。

 響け! ユーフォニアム くみこ

OPの演奏シーンに不在のメンバー

番組の公式HPで主要キャラクターのプロフィールなんかが見られるんですが、そこに載っていながらOPサビの演奏シーンにはカメラで抜かれない人物がいる。二話でも出てきたあの子。

京アニってあんまりOPの内容とか変えたりしない認識があって、変えたのは『けいおん!』であずにゃんが追加されたくらいしか覚えがない。はたして彼女は演奏追加メンバー入りできるのかどうか……。

おしまい。

by カエレバ

【参照リンク】

アニメ『響け!ユーフォニアム』公式HP
http://anime-eupho.com/ 

楽器関連協力YAMAHA(ヤマハ)HP
http://jp.yamaha.com/

コメント(承認制)