【夏の大処分祭】2nd STREETに着なくなった衣服類を買い取りしてもらった

セカンドストリート 買い取りWeb系の備忘メモ

引き続き「夏の大処分祭」の話。衣服編。断捨離の夏。
部屋が狭いと気持ちが滅入る。貧しさを視覚的に突き付けられるみたいで嫌なのです。

で、処分先(依頼先)──最近よく耳にする「2nd STREET」。入店も買取依頼も初めて。

評判も口コミも調べずでしたが、店内をひとまわり見て回ったうえでの第一印象は「落ち着いた雰囲気の古着屋」という普通の評価。問題なさそうなので、改めて、古着を持ってくることにしました。

そんな振り返り雑記です。GO

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2nd STREETの店舗買取に行ってきました

店に入って知ったんですが、2nd STREET(セカンドストリート)は屋号として残っているだけで、100円レンタルで有名なGEOの会社-ゲオホールディングスの子会社になってるんですね。2013年あたりのお話。この情報が信頼に繋がるのか……まあ少しはなりましょうか。

買取の流れ

レジの横にあった買い取りカウンターにいたスタッフさんに、「これ買い取りお願いします」と伝えるだけで、さっそく買取が始まります。特にこれ以上の作業はないのですが。

値段交渉とか「ちょっとオマケしてよ」とか、そんな余地はなかったですね。スタッフの視線がシャツと私を行き来するんじゃないかくらいは覚悟していたのに。ちょっと肩透かし。

私が持ち込んだブランドは、BEAMS/BOYCOTT/UNIQLOのTシャツ、カッターシャツ、パーカーなど計24着。

そのあとは、服を運んできたバッグを持って帰るかどうかの確認(ダンボールで持ってきたりするとそのまま店側で処分してくれるらしい)と、査定が終わるまでの待ち時間を教えてもらって、ただ待つのみ。

待ち時間、今回は30分

店外に出て見慣れた街をぶらぶらと散策、時間を潰すこと30分、お店に戻ると査定がきっちり終わっていました。そして、査定内訳の書かれた用紙が目の前に。

セカンドストリート 買い取り
こんなようなやつ

どの服がどの値段になったのか、専用の分類からある程度の推測ができそうではありますが、完全に目処を立てるのは難しい。

買取額/引取額がブラックボックスじゃないところは好感が持てますね。

提示額に納得するとサインをして査定金額を受け取ることになります。ここがキャンセルの最終ライン、だったはず。

セカンドストリートでの買い取り結果

今回の結果:24着のシャツやパーカーが2500円!

希望額に到達しましたので、買取額──2500円でフィニッシュです。ネタが古い

「一着平均で100円くらいは値がつくのか……」なんてのは数字マジックのですが、処分ついでにお金が得られたので今回の持ち込みは万々歳です。新たな経験もできたし。

店舗に持込むのならキャンペーン中に限る

今回は、期間限定上乗せ20%キャンペーンのボーナスぶんをプラスして買取額2500円なので、基準値は2084円くらいですね。意外に値がついたな、と受け取ればよいのか微妙なライン。20%の上乗せがなかったらと考えると「ちょっと残念」な気持ちもあります。

まあしかし、一番新しいのでさえ5年以上昔に買ったものですから、単純に古いだけのモノは値がつきにくいんでしょう。状態も良くはないし。むしろクタクタ。これ以上は望めない。値踏みの感覚が自分に甘くなってました。反省反省。

売りモノの点数が少ないならメルカリなどへ

今回は”処分寄り”な服を持っていったので、後悔の気持ちもほとんどないです。

「これはデザインも質も良いし、もっと高い値でもいいだろう」と思ったら、個人でフリマサイトなんかを利用して手売りするが吉。

メルカリでもユニクロの衣服は案外さくっと売れてしまうので、作業量が増えるのだけ目をつぶれば、お金になるのはこっち(メルカリ)かもしれませんね。

Tシャツを800円で売れば、540円の売上(手元に残るお金)になりますから。

2回目の買取持ち込みに行くも……

二週間ほどの後日、同レベル・同状態の着ない服を車に積んで再度お店へ。

お得そうなキャンペーンはやっていなかったので、通常買取。

結果は80点持っていって1500円でした。2点ほどノーブランドの理由により買取不可

中古買取でよく聞く、「気を許した2回目でここぞとばかりに買い叩く説」を支持したくなるような結果に。うーむ。ちょっと残念。

次回はweb買取も検討しよう

実はセカンドストリードは「web集荷買取」も取り扱っています。

webで申し込んで自宅に集荷にきてもらえる、名称そのまんまのサービスです。

リアル店舗への持込み買取の難点は

  • 店舗まで自分で服を持っていかないといけない
  • スタッフと対面してのやり取りが少なからずある
  • 服の点数に比例して査定時間が伸び、待ち時間(拘束時間)も増える

1回きりならまだしも、繰り返しはちょっとしんどいですね。特に私が行った店舗は二階に入っていたのでさらに憂慮。webも検討の余地あり。上の難点は解消できそう

web集荷買取の難点

しかしこっちにも別の難点があって、

  • 集荷先は本人確認書類(免許証など)に載っている住所限定
  • UNIQLO/しまむらなどの低価格販売店の商品は買取不可

少し面倒な条件です。ユニクロ売れないのは厳しいですね。たくさんあるのに……。仕方がないので、ユニクロやしまむらで買った衣服類は持込みで査定してもらうか、フリマコースが現状のベストらしい方法ですね。

スポンサーリンク

時間があるならフリマアプリなどで

「フリマアプリなどで…」と言っても、私はメルカリしか使ってないので、結果的にメルカリを推すことになりますが。ヤフオクとラクマは作業が多くて止めてしまいました。なんかかんやと使い勝手がいいメルカリに落ち着いています。

そんな感じで、〈夏の大処分祭 衣服類編〉でした。

おしまい。

関連リンク

セカンドストリート買取ページへGO

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました