座り仕事にはゲルクッション。「チチロバ」「タンスのゲン」を座り比べ

ゲルクッション チチロバ タンスのゲンレビュー記事・レポート記事

「座り仕事にはゲルクッションがいい、腰の負担が軽くなる」と親に言われまして、どんなものがあるのかAmazonで探していました。

あまり高いものも欲してないわけで、そこまで高くもない、定番のものでいいか(どれも大差ないだろう)とウォッチング中に最初に見つけたのがこれです。チチロバ(TITIROBA)のゲルクッション。

そこそこに安く、レビュー数も多い。なぜ多いか、いまは触れない。

もうひとつ候補に残ったのは「タンスのゲン」。

デスクやデスクチェアを探した経験のある方ならご存知であろう、あのタンスのゲンです。

基本的に、商品タイトルがブランド名から始まらない商品は買わないようにしている私

このふたつ。写真で見ただけでは、違いがわからない……。

「タンスのゲン」のゲルクッションのほうは評価の数があまり付いてなかったのですが、2020年からの取り扱いということを考慮すればこの程度が「正常」かもしれませんね。

さっそく購入して座り比べてみました。

││スポンサーリンク││
\確定申告は青色&複式簿記で!/
││スポンサーリンク││
││スポンサーリンク││

写真でみる2つのゲルクッション

中身の写真だとどっちがどっちかわからなくなるので、証拠として外箱を。

ゲルクッション チチロバ

チチロバはブルーケースに入っていました。

こちらタンスのゲンからの購入品。

届いたパッケージを見て気づいたんですが、タンスのゲンのゲルクッションは、製造元が別ブランドでした。つまり、タンスのゲンは販売を請け負っているだけで、製造は「ヒロ・コーポレーション」が作ったゲルクッションということです。

問い合わせのメールを送り、上記の内容の返信もいただけたので、公式の確認も取れています

件のヒロ・コーポレーションで検索をかけると同じパッケージの商品がヒットします。

タンスのゲンの商品を購入したら、この商品が届きます。

値段がページによってまちまちなのが不思議なところですね。本筋から逸れていきそうなのでこのへんで。

ふたつ並んだゲルクッション

ゲルクッション チチロバ

ゲルクッション チチロバ

左がチチロバのゲルクッションで、右がタンスのゲンのジェルクッションです。いや、左がタンスのゲンだったかな、と自分でも間違いかねないくらい似た形状の商品でした。※ほんとに左がチチロバです。

椅子の上においてみると……。

ゲルクッション チチロバ

これはチチロバのほうを置いています。椅子に乗っけただけの状態だとチチロバのほうが若干の厚みが出ますね。

メッシュのサイドに付いているジッパを開けると中身が取り出せます。

 

ゲルクッション チチロバ

これはチチロバのジッパを開けたときの写真だったと思います。たぶん……。

座り心地の体感と比較

座り心地に関しては大きく差がつけられず、それでも僅差でタンスのゲンが勝利。とはいうものの、70kg後半の私が座ると、ゲルクッション一枚ではやはり底つき感あり。

何もないよりは遥かにマシ&負担軽減ですが、「椅子との間に一枚かましただけ」という気休め程度の印象が拭えません。

苦肉の策として、ダイソーの薄い100円クッションを引き続き重ねて使ってます。

チチロバのレビュー数の話

ちょっとレビュー内容とは別の余談として。

チチロバのパッケージにはレターカードが入っていました。

「商品が気に入ったらレビューして、広めてね!」といった類のものです。

修理サポートや不良品の返品もここにメールをくれって記載があり、裏面にはAmazonにレビューを書いてメールをくれたらギフト券でお返し(事実上の還元割引)をするという旨の文章が記載されていました。スクラッチ形式で金額に3つの段階がついています。

こういった話を聞くと「いま世間を賑わしているサクラレビューだ!」と反応する人がいそうですが、私は大きく問題視していません。

「ははあ、レビュー数の多さはこれが要因か?」と思うくらいです。

レビューの要求は正当か?

300円欲しさにレビューでヨイショする人がたくさんいるなら、もはや正当な(信用できる)レビューではないっていう意見もごもっともで。

とはいえ、質が伴ってないとどっちみち相手にされないし、返品を食らうわけです。

批判しない理由としては、

  • お金を払ってレビューを書かせているわけではない
  • 好意的なレビューを書くように限定(誘導)していない

実際に購入者がいて、希望者には割引の機会があるというだけです。楽天の「レビューを書いてくれた方は送料無料」と同質のものだと考えます(楽天でやってるから問題ないでしょって論旨でもないですが)

結局、300円の割引とレビューを書く手間を天秤にかけて、何もしなかった私みたいな人間もいることですし。割引額が1000円だったら書いてたかもしれない。

お金を払って偽レビュー書いてもらうサクラと一緒くたに批判するのも違う、くらいの認識は持ちたいものです。

まあ、企業努力の範疇じゃないでしょうか。

2000円以下で買えるゲルクッション(タンスのゲン)に1票

結論として、私の所感ではタンスのゲンのゲルクッションに1票入れたいです。

ほとんど差がないですけど、値段が安かった分こちらをおすすめします。レビュー割引になびかない私ったら、なんてうつく(以下略

セット販売の理由

ゲルクッションは大体がふたつセットで販売されています。

2枚重ねのための用途ではなく、デスクの椅子・キッチンの椅子にそれぞれ使ってくださいといった感じの意図でしょう。

結果、気に入ったほうを自分で使い、余ったほうを親に送りつけて貸しを作る戦法となりました。

私みたいにどちらも買う必要はほとんどないですが、安いゲルクッションをお試しでひとつ買いたいならタンスのゲンの販売している「ヒロ・コーポレーション」のゲルクッションを購入するのはありだと思います。

あくまでも気休めのために

これ1枚で腰痛持ちを癒やすような、全てが改善解決するような、コスパのいい会心の商品ではなく、あくまでも値段相応かな、というくらいでした。

それでも、なにもない状態で椅子に腰掛けるよりは絶対にあったほうがいいです。長時間座りがちな方は特に、早急に。このふたつのどちらかじゃなくてもいいですから、何か対策はとりましょう。

ゲルクッションをすすめる記事でしたが、小休憩をはさむ、睡眠をちゃんと取る、といった習慣を身につけたほうが健康への効果はばつぐんだと思います。元も子もないですが、確かな事実。

こまめな休憩、湯船に浸かる習慣、あとは寝具に気を遣う。これ大事。

【追記】底つき感がまったくないバランスクッションもいいのを見つけました。椅子に座るときのクッションと、エクササイズにも使えるひとつで二役のナイスはアイテムでした。

K&Gのクッションの軽めレビュー
リモートで体がだらけてませんか。空いた時間で「ながらエクササイズ」しましょう

 

おしまい。

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました