クリスタはダウンロード版が安上がりで良し

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版Live2D

いままでGIMPとペイント3Dで騙し騙し描いてきたのですが、ようやく本格イラストソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO」(クリップスタジオペイント)が我が家にやってきました。電波に乗って。

ついに私もクリスタデビューです。

クリスタには「CLIP STUDIO PAINT PRO」と、PROの上位版にあたる「CLIP STUDIO PAINT EX」があり、それぞれパッケージ版とダウンロード版の2タイプがあります。

いまからデジタルでイラスト始めるぞという私と同じような状況の方には、断然「PROのダウンロード版」の購入をおすすめします。

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版
CLIP STUDIO PAINT公式サイトより

一番の理由はやっぱり値段が安くで買えるということ

では始めます。

││スポンサーリンク││

どうして「CLIP STUDIO PRO」を選んだのか

どうしてPRO版にしたのかというと、高性能かつ多機能なEXは素人の私では到底使いこなせないだろうと判断したからです。PRO版でも私からすれば十分多機能ですし、やりたいことはできます。対象定規とか、PSD変換とか。

将来的に画力がついてきて、EX版でアニメーションなんかを描きたくなったときに改めてグレードアップすればよいのです。EX版へのグレードアップ料金はPRO版との差額のみです。

EXのダウンロード版の料金は単品で23000円となっていますが、PROを持っているユーザーは(先に5000円の支払いが済んでいるユーザーは)残りの差額分18000円でEX版が手に入ります。

まるっとEX版を買い直す必要のない、良心的な料金システムですね。

「じゃあ、とりあえずPROから練習していくか」というのが選択の決め手になってます。

「CLIP STUDIO PAINT」はダウンロード版がたいへん安い

PRO版にした理由は自身の能力と用途から。

ではダウンロード版購入をすすめる理由はというと、第1の理由は、ずばり安いから。

「パッケージ版」と「ダウンロード版」に機能の差はありませんが、価格差は意外に大きいです。それぞれ9200円と5000円です(CLIP STUDIO公式サイトの価格)。

ダウンロード版のほうが実に4200円も安いのです。

Amazonだとパッケージ版はもう少し安くなってました

Amazon価格を加味しても一番安いのは公式のダウンロード版ですね。Amazonその他ではダウンロード版は購入できませんし。

パッケージ版の付属品は、必需品ではない

CLIP STUDIO PAINTのパッケージ版には、付属品としてインストール用のDVD-ROMや、公式クリスタガイドブック・インストールガイドが付いてきます。しかし、これらは絶対に必要かと聞かれると、そうでもありません。

情報交換は公式のコミュニティでもできますし、ネットを探せばたくさんのtipsが見つかります。読んでおかなければ絵が始められないといった重要度の高い本ではありません。

クリスタ教本(イラスト教本)はアップデートに合わせたものが毎年出版されています。そちらで同様の内容が学べます。

ちなみに、Kindle Unlimitedに加入していれば、公式ガイドブックは無料で読めます。お試し期間内にパパっと読んで1ヶ月以内に解約すればお金もかかりません。

ダウンロードするだけですぐに始められる軽快さ

第2の理由、ダウンロードしてすぐに触りはじめられる利便性。

購入して、ダウンロードが済んだらそのままセットアップが始められます。データのみのダウンロードですから部屋の場所も取らず、精神衛生面でも良いです。

パッケージ版を通販で購入すると、モノが到着するまでの時間を待たないといけません。ヨドバシカメラなんかで買って持って帰るケースはこれに該当しませんが。家電量販店は少し割高なんじゃないでしょうか。どうでしょう、あまりテキトーなことは言ってはいけない

パッケージ版のインストールには注意事項あり

パッケージ版はPCにインストールするのにDVD-ROMを使用します。ディスク読み取りドライバの準備も必要です。

DVD-ドライブバは持っていますか? もしドライブがない場合は用意しないといけません。さらに出費がかさみますよ(脅し

こういう商品も、あるにはあります。

箱とか取っておけばなんとなく安心できる特殊性癖の方でなければ、ダウンロード版のほうがささっとすっきり始められていいと思います。

買い切りだと2年後も5年後もずっと使える

クリスタは月額利用も可能です。

「もしかしたら半年で触らなくなるかも……、だとすると月額でもいいかな」とも思ったりしたのですが、結局は買い切りのほうが気が楽だったという結論に至りました。

購入者によって感覚が違うので全員に当てはまることでなく、やや個人的な理由だと思います。

PRO版の月額利用プランは以下のとおり。

  • 1デバイスプラン(月額480円)
  • 2デバイスプラン(月額800円)
  • プレミアムプラン(月額980円)
  • スマートフォンプラン(月額100円)

とプランごとに価格設定が異なります。

デバイスの利用範囲は以下の通り

CLIP STUDIO 月額
CLIP STUDIO PAINT公式サイトより

1ヶ月480円、11ヶ月目でほぼ同じ支払い額になります。

CLIP STUDIO PAINTを使いたい月だけ契約できるショート契約で年割り制度もあるのですが、毎月1度や2度はちょこちょこ触ったりするかもしれませんし、「来月は停止に切り替えて1ヶ月触るの我慢しようかな」なんて考えるのはけっこうしんどいです。クリエイターは選択疲れをできるだけ避けないといけない。

どっちがいいのか悩むコストに振り回されることを考えると、ひと思いに買切っておいたほうが集中できるし、気も楽かなと思いました。

一括5000円を払ってしまえば5年後も10年後も財布を気にせず自由に使えるのですから、断然買い切り推奨です。

リクープラインがわかりやすい

5000円を一括で払うことでリクープラインが明確になる、という考え方もあります。

リクープラインというのは損益分岐点のことです。ここからはコスト分を取り返してプラスになっていくるボーダーラインを指します。まあ、原価計算のお話ですね。

一度買いきれば、クリスタに使った経費が5000円で固定されます。このさき素材やブラシを購入することもきっとあるでしょうがともかく、クリスタを利用して5000円を稼げば、あとはもう永年無料で使える機材をゲットしたようなものです。

5000円稼げばそれで良し、クリスタを買った意味はあった、と思えるラインを知っておけば最初の目標が定まります。

販売でも依頼でもなんでもいい。5000円を稼ぐ、決して無理じゃない。……と自分を奮いたたせる。

クリスタ「パッケージ版」と「ダウンロード版」の比較

さて、パッケージ版とダウンロード版の内容を比較するとこんな感じです。

  • パッケージ版──付属品がいろいろ付いてくる(アプリケーションディスク (DVD-ROM)・インストールガイド・スタートアップガイドのセット)、インストールにディスクを使用、箱がある──9200円
  • ダウンロード版──ソフトのみダウンロード(レファレンスガイドがPDFで閲覧可能)、荷物が増えない、損傷の危険もない、購入日に始められる、ガイドブックはKindleお試し期間で読める、5000円

やや贔屓っぽい書き方ですが、ダウンロード版がどれだけお得かわかるでしょう。

浮いたお金でクリスタの勉強や環境を強化をしよう

浮いたお金で資料本を買ったり、設備のブラッシュアップに充ててもいいですね。

ちなみに私は、勢いでWacomを買って置物にしてしまうのは恐かったので、低価格のXP-pen「DECO01シリーズ」を最初の一台に選びました。結果的にちょうどいい買い物でした。

左利きでもコードが回しやすく使いやすいです。公式ストア限定版のほうが若干安い(会員登録が必要)。

あとはちょっとニッチですが、左利きのための”左手デバイス”として注目されてる、iCleverのテンキーも2000円そこそこと予算に組み込みやすい値段。これもなかなか良かったです。

PC環境でもこれがあればキーボードを横に移動できてスペースが作れるので、けっこう作業が捗ると思います。

左利きのための”右手デバイス”、噂のicleverのテンキーを購入
左利きでも問題なく使えるicleverのテンキーを買いました。ふたつのテンキー違いをレビュー。これは便利な”右手デバイス”。

資料本だと『「良ワザ」辞典シリーズ』は最初の一冊として読みやすかったです。

まあ急いで全部買う必要は全然ありません。なんかあいつがおすすめしてたな、くらいぼんやりと覚えていて貰えれば。

ここまでのおさらい:CLIP STUDIO PROはダウンロード版がおすすめ

そんなわけで、CLIP STUDIOのダウンロード版をおすすめする理由を3つほど書いてきました。

CLIP STUDIO PAINTはダウンロード版がおすすめ派です。大事なことなので繰り返し。

CLIP STUDIO PAINT PROの詳細を見る

※amazon payでのお支払いが可能です

次項からは、ダウンロード版の購入からインストールと起動までの解説です。

CLIP STUDIO公式サイトでダウンロード版を購入する

アカウントが必要になるのは初回起動のログイン時ですが、そのタイミングで作成するよりもさきに作っておいたほうがすんなり進んで楽でした。

というわけで、購入に先駆けてCLIP STUDIOアカウントを作っておきます。

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版
CLIP STUDIO公式サイトより

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版

 

メールアドレス、ハンドルネームとパスワード、最後に生年月日を入力すればアカウントの登録完了です。

ハンドルネームはあとからマイページで変更が可能です

CLIP STUDIO PAINT ハンドルネーム 変更
[マイページ]より

ストアでダウンロード版を購入

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版
CLIP STUDIO PAINT公式サイトより

購入方法はクレジットカードやコンビニ支払い、Amazon payが対応しています。Amazonギフト券をチャージしてお得に買物ができる方法を別記事でも書いてたりします、読むと得するかもしれません。

いまならkyashのキャンペーンに乗っかるのもありです。

ともかく購入完了。

注文番号とシリアルナンバーが記載されたページに飛びます。同様の内容のメールも届きます。

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版

ダウンロードページに移動

メールに記載されたURLから、もしくは購入画面のボタンから「ダウンロードページ」に移動します。

環境OSに合わせて、インストーラーをダウンロードします。

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版

左が初回ダウンロード用、右はバージョンアップ用です。初めてなら左から自分の環境に合ったものを選びます(私はWindows版)

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版 CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版 CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版

インストーラーを起動して、言語設定や保存場所を決定します。クリスタのショートカットがデスクトップに出現していると思います。

※PC環境で話を進めております

インストールできたらCLIP STUDIOを起動しよう

CLIP STUDIOのショートカットを起動すると追加素材のダウンロード指示のダイアログが出ますが、ダウンロードは後回しにすることもできます。

ひとまずはクリスタのペイントを起動します。

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版

左上にある「PAINT」をクリックして一番下のボタンを進みます。

アカウントでのログインが必要です

「アカウントでログイン」

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版

さらに、「シリアルナンバーの入力」をおこないます。購入画面に記載されているシリアルナンバーを入力します。

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版

最後に「起動する」で完了。

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版

上のようなステータスダイアログが表示されたらOKです。

無事、クリスタを起動できました。

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版

あとは絵を描く鍛錬を積んでいくだけです。頑張りましょう!

次回からは自動ログイン

次回からは最初からログイン状態になっており、クリスタも一発で起動されます。

CLIP STUDIO PAINT 購入 ダウンロード版

ファイルから開いてPAINTだけを起動させる方法もあります。

CLIP STUDIO PAINTの導入方法は以上です。

ダウンロードしただけでは絵は上達しません(辛辣)

やはり絵は描かないと上手くなりません。ソフトやデバイスを整えてもきれいな線は引けないのです。

観察と練習あるのみ。

それでは良きクリスタライフを。

CLIP STUDIO PAINT PROのダウンロード版を詳しく見る

そんな感じで〈CLIP STUDIO PAINT PROはダウンロード版が安上がりで良し〉でした。

おしまい。

関連リンク

CLIP STUDIO PAINT PRO

「XP-PEN」公式ストア

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました