DMMブックスの電子書籍はアプリ版で読むに限る

ブログ雑記

DMMブックスで購入した電子書籍をfireシリーズ(私はfire7持ち)のブラウザで読んでいる方々に申したい。

すぐにでも「DMMブックス+」(DMMブックス専用ビュアーアプリ)をfireにインストールして、今日からでも読書スタイルを変えたほうがいいです。快適さが段違いです。

DMMブックス アプリ fire

>>DMMブックスアプリ ダウンロードガイドページ│ DMMブックス(旧電子書籍)より

 

普段、「絶対」とか「べき」とか軽い気持ちで言わないように気をつけているんですが、今回はアプリ導入を強めに推したい。もう読みにくさやコマの圧縮に我慢しながらで読まなくていい。自分に嘘をつかなくていい(やはり大げさだ)

どうせDMMブックス70%オフのセールで買い込んだ書籍もまだ半分くらい残っているのでしょう?

その半分を快適に読破するためにも、fireシリーズでDMMブックスの電子書籍を読むのなら「DMMブックス+」をダウンロードしましょう。してください。

││スポンサーリンク││
││スポンサーリンク││

fireユーザーは「DMMブックス+」を使ってアプリから電子書籍を読もう

ブラウザ読みからアプリ読みにスタイルを切り替えるためには、当然アプリを入れないといけませんが、アプリをダウンロード&インストールする5分の手間を3分の読書体験で取り返すほどのメリットをまず書きます(きまったぜ)。

ブラウザから「DMMブックス+」に切り替えるメリット

総合して言えるのは、快適さと操作性が上昇したということなのですが、いくつかピックアップします。

  1. 画面の最大化により見開きのサイズも大きくなった
  2. ダウンロードしていくだけで非Wi-Fi環境下でも読書が可能
  3. 背景色の変更、フォントの変更
  4. 「ページの送り方」が設定できる
  5. web検索、書籍内の検索が可能(対応したテキストのみ)

触って3分で実感、したメリットはこのあたり。

silkブラウザではDMMブックスの画面を最大化できないのか?

ブラウザで読む場合、DMMブックスのサイトに移動してサイト内で読んでいたわけです。クラウドにアクセスするような感じですね。

DMMブックス チェンソーマン

ブラウザ(Silkブラウザ)の難点は、横向きにしても書籍の画面を最大化できずに紙面が小さくなってしまうこと。

チェンソーマン 電子書籍 fireHD 7
『チェンソーマン』第1巻より

いまどきそんなわけないと思って色々を弄くり回しましたけど、ほんとに最大化できない。上部のタブがずっと表示され続けるのです。そんなわけないだろう(2回め)といろいろ探したのですが、やっぱり無理のよう。

 

漫画を見開きでしっかり観たいけど、タブの部分が邪魔で紙面を小さくしています。これをもっと押し上げたいんですけど、

チェンソーマン 電子書籍 fireHD 7
『チェンソーマン』第1巻より

しかし現状のfire7のブラウザでは無理。ただでさえディスプレイのサイズが見開きよりも小さいネックを抱えていましたが、ますます不向きな存在になってます。これじゃあ見開きの魅力も削がれるし、「大コマ」が「中コマ」に、「中コマ」が「小コマ」になって読み進めていてもインパクトに欠けます。

そこでアプリに一縷の望みを賭けたわけです。

アプリ(DMMブックス+)は画面を最大化できますよ

さよなら私のクラマー 比較 電子書籍 fireHD 7
『さよなら私のクラマー』第1巻より

DMMブックス+では見開きも最大化の状態で閲覧できるようになりました。コミックのサイズにはまだまだ追いつけていないものの、ストレスは感じにくく読書に耐えうるレベルにはなっています。

さよなら私のクラマー 比較 電子書籍 fireHD 7

しかし理想的な環境には程遠く、近々発売されるfire HD10への移行もちらほら計画せねばなという現状。いま予約すると20%オフで買えるらしくてどうしようか迷っています。

DMMブックス+は環境のカスタマイズが充実しています

長時間のスクリーンタイム、特に白い画面を観続けるのは睡眠不足やストレスなど体にもよくない影響を与えます。眼球は意外と繊細です。

そういった不安要素を軽減すべく実装されたアプリの環境設定は、以下の項目を調整できます。

  • 画面の明るさ
  • 文字色の変更(白、黒、ベージュ、グレー)
  • 背景色の変更(白、黒、ベージュ、グレー)
  • フォントサイズの変更(8段階)
  • 行間
  • 余白

などなど眼球に優しい親切なカスタマイズが実装されています。

DMMブックス+ アプリ 電子書籍 fireHD 7 設定 DMMブックス+ アプリ 電子書籍 fireHD 7 設定

そして、なかでも特筆すべきは「ページの送り方」のカスタマイズ。これがほんとうにありがたい機能なんです。

「左右エリアのタップ」でページ送りの操作がとっても快適に

DMMブックス+ アプリ 電子書籍 fireHD 7 設定

アプリを起動して「設定」をタップすると、「左右エリアのタップ」という項目を選べます。画面の左右をタップしたときの動作を設定するコマンドです。

この機能がいかに画期的かと言うと、右手や左手に縛られない操作性の飛躍的な向上の実現です。

電子書籍の中には右に読み進めるタイプ(洋書、参考書や実用書)と左に読み進めるタイプ(小説や漫画)があるにも関わらず、fireのブラウザもkindleのアプリも、次のページに移動するためにはそちらの方向にスワイプするか画面の端をタップする必要がありました。

右なら右、左なら左に進んでいかなければならなかった。

さよなら私のクラマー 比較 電子書籍 fireHD 7

右に読み進める書籍を右手で操作することを想像してください。まことに面倒です。

この謎の仕様のせいで、横になって腕を枕にして読みたくなったときの体の向きまで制限されていたわけです。漫画を読んでいても、次のページに送るために右手を画面の左端まで移動させたり、めちゃくちゃ面倒じゃないですか。

それがDMMブックス+の「ページの送り方」カスタマイズをあらたに設定すれば、両サイドどちらをタップしても次のページに移動するようにできるんです。これはほんとうにすごい。ブログを更新する活力になるくらいすごい。

さよなら私のクラマー 比較 電子書籍 fireHD 7

コマンドが「左右のタップで次のページへ」と設定されているので、左に読み進めるタイプにも当然対応してくれます。

新川先生、本誌のうえにゴチャゴチャと落書きをしたことお許しください

この機能のおかげでどちら向きに寝転んでいても順次対応できて、腕の負担・指の負担がめちゃくちゃ減りました。

前のページに戻りたいときは、戻りたい向きにスワイプすればOKです。基本的に一方方向に読み進めるときに便利な機能です

アプリ版は混雑に巻き込まれない

アプリにダウンロードしておけばWi-Fi環境以外でも読めますし、ブラウザでDMMブックスのサイト内で読んでいたときとは違い、サーバーの混み具合に左右されません。70%オフのセール時にサイトが激重状態になったのは記憶に新しいかと思いますが、アプリだとそういった影響は受けないので、いつでもサクサク読書がはかどります。

DMMブックスはアプリで読むと快適さが増す。おすすめです

とまあ、上記のポイントだけでもブラウザ読みから卒業するきっかけにはなるかと思います。小さい子コマで漫画を読んでも楽しみ半減ですし。スマートフォンで読んでるの、もったいないよ。

ほんとに5分の手間だけでこれからの読書習慣ががらっと改善されること請け合いです。ぜひとも導入してほしいですね。

DMMブックスアプリ ダウンロードガイドページ│ DMMブックス(旧電子書籍)

fireの端末からDMMブックス購入作品ページ内の「アプリで読む」を進んでいけば、アプリがダウンロードできます。

おしまい。

関連リンク

人気作品無料&最大60%ポイント還元!DMMブックススーパーセール! – DMMブックス(旧電子書籍)

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

││スポンサーリンク││
タイトルとURLをコピーしました