【アニメ】『龍の歯医者』のブランコの”キタルキワ問題”について

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

龍の歯医者

昨日、友人とご飯を食べに行きまして、[物語論]といえばかなり大仰だけど脚本上のキャラクター行動原理みたいな話をしてました。やたらと飛び交う「ご都合主義」というワード。耳タコでした。

エイリアン2(監督:ジェームズ・キャメロン)で生き残ったあるキャラクターが、続編にあたる『エイリアン3(監督:デヴィッド・フィンチャー)の冒頭で2と3の間に死んだことになっている件などを題にして、脚本の都合から発生した”退場”がアンフェアかどうか、リアリティがそんなに大事か、なんて話でした。

そこで先日の『龍の歯医者』を私がピックアップ。死なずのブランコの”キタルキワ問題”について。

キャラクターの行動原理はやっぱり大事なのか

日本アニメ(ーター)見本市のほうは観てないので、先日の前半後半を観てという前提でよろしくお願いします。

※物語の終盤の流れについても言及するので
未視聴の方には大きめのネタバレが起こります。

龍の歯医者 龍の歯医者

これからの話に必要な部分のために大まかに物語の前提を説明すると、
(作品を観た方はここからあらすじの説明なので、”舞城王太郎だし”まで飛ばしてくだしい)

この地には龍と呼ばれる常に空飛ぶ飛行生物がいて、国に危険が及ぶと力を使い国とその地の人を守ってくれます。これははるか昔、人と龍の契約が交わされていたからだそう。

強大な龍ですが、歯が弱点なのです。虫歯に弱い。なんだそりゃ。契約の範疇なのか、湧いてくる虫歯菌という生き物を駆除してその歯の管理をしている人間がいます。それが龍の歯医者です。結構な人数います。誰でも歯医者になれるわけではなくてある通過儀礼があります。

死ぬんです。死んでからが通過儀礼の本番なのですが。ともかく一度死んだ人間が選定されて龍の歯から生まれ龍の歯医者になる。『GANTZ』でいうところの、死ぬ→あの部屋で再生される→戦いに出ることになった、のようなものだとすごい乱暴に解釈ください。

そしてここが大事なところです。
龍の歯医者は、自分の死期がわかるという特殊性を備えています。この能力のようなもの──作中では「キタルキワ」と語られますが、誰に打ち明けるでもないままみんな普段の生活や歯の掃除をする。漢字で書くなら「来る際」になるのか。

一方で件のブランコは地上にいるセルパナーダ軍に雇われた傭兵部隊の隊長。
銃弾の雨のなかにいても一発も弾が当たりません。『バンド・オブ・ブラザース』のスピアーズみたいに走り抜けるでもなく、のろのろと時には突っ立ってたりしても被弾しません。至って冷静で、周りの部下も「彼には弾が当たらないんだ」みたいなことをいう。オー.ジーザス。

ミスリードだったのか

となると観ている側の私たちとしては「この人もキタルキワが実装されているのか?」と思いますよね。元歯医者、あるいは、龍から降りてきた人間なんじゃないか。
そう思うわけで、そう思わせるところなわけで。

キタルキワがあるから、この戦場では死なない・死ぬ場所はここではないという思考のもと、銃弾の雨もビビらない。そういうことなんだなと。

これ、ブランコ隊長が「実はオレも元歯医者でな、」みたいなことは一切言いませんし、たぶん地上にいる兵士や帝国の人はキタルキワの存在をそもそも知らない。読者視聴者と龍の上にいる人だけが知っている情報。(の前提で進んでいたはず)

龍の歯医者

あー、物語がすごい飛びますすみません。

セルパナーダ帝国軍は龍の上にのぼろうと考えておりました。強大な力を支配しようと目論んでいたのです。そしてなんやかんや(ほんとはちゃんとディテールがあります)して、龍の上に乗り込むことに成功。ブランコ一行が乗ってきた飛行機は不時着しますが、もちろんブランコに傷を負ったような形跡は見られません。

そして、主人公ベルと長い階段の中腹で対峙します。

ベルは元帝国の人間なので、ブランコとは知り合いです。というか、ブランコの手によって死んだんです、ベル。銃を持っても引き金を引けない腰抜けビビリが上官だとやってられん、と。『紫電改のタカ』の花田上飛曹みたいなやつですね。

そのころ同時進行的に、ある虫歯菌が暴走し超巨大化します。それはさながら『もののけ姫』のオッコトヌシ様のようで地上の兵士の首をスパンスパンっ! 蹂躙していきます。
それを見ていたベルと野ノ子は死体の山のなかに生きている兵士もいることから「この殺戮虫(と呼ぶ)は殺意を持った人間だけを襲っているんだ」というパターンを見つけます。

そこでさっきのベルとブランコの対峙に戻るんですが、
ブランコは勝ち気というか死を全く予感していないんですよ。そういう表情が視えない。
私たちは、「ああ、ここでもないのか」と。

じゃあ、一体こいつをどうやって倒すんだ? この場面をどう掻いくぐるんだろう。

そう思いますね。

ベルは銃をブランコに向けますが殺意を持ちません。しかし銃を向けられたブランコはベルに対して殺意を芽生えさせてしまいます。すると、ぐわーとサツリク虫が寄ってきてブランコの首が……と。

龍の歯医者 龍の歯医者

あっさりと死んだことにより「あれ、キタルキワの設定は?」なんて考えが浮かぶ。あるいは、風呂敷が畳めてないとか伏線が回収できてないとか投げっぱなしジャーマンとか。

舞城王太郎だし

馬鹿にしている気は一切ないので。ほんとに。

「坊主とは話が合わねえ」ババババッババ──なんて舞城らしくて好きですし。「肺に血が溜まって息ができなくて僕は死ぬ」なんかも実に舞城王太郎なセンテンス。

舞城王太郎だし、って回答は、作品を観るスタンスとしては絶対的に不真面目だと思いつつも、『好き好き大好き超愛してる。』『煙か土か食い物』『世界は密室で出来ている。』『九十九十九』『スクールアタック・シンドローム』なんかを読んで、私としては「理由とか全てに意味を見出すのは、もうよそうよ」なモードによくなったりする。
「なんでルンババなの?」に対する解答とかいちいち要るかな?

そういうもの・そういうこともあるよな、でいい。事故死に理由とか突き詰めると辛くなるだけだと思う。原因はそりゃあるとは思うけど。

別件だけど、犯人の動機についてもそう。もう理由とか動機が何かあるみたいな風潮はやめてもいいんじゃないかって。それが善きことな風潮というか。「お金のもつれで」は理解できても「天井の模様が──」だと理解できない、故にこいつは狂っているみたいな。結局自分が納得できるか、どうかになっていっちゃったり。

それはいいや。

ともかくブランコは元歯医者でもなければキタルキワも実装されていませんでした。普通の人間でした。じゃあ、”死なずのブランコ”はなんだったの? 銃弾の雨はなんだったの? 

なんでもなかったんじゃないですか? と私は思う。たまたまこれまで被弾しなかっただけ。

何がなんでも理由があって欲しい とあなたは祈る。(舞城王太郎ごっこ難しい……)

アンチミステリ、アンチノベルズってそういうものだし。

部屋の壁にライフルがかかってるからなんだってんだよ!

(何を言ってるかさっぱりな方はチェーホフの銃を参照ください)

という思考の末、「舞城王太郎だし」ってひとつの回答を持っているわけです。

それでも理由っぽいものを挙げるとしたら、サツリク虫の猛威にはキタルキワで視える”運命”も捻じ曲げるほどの強大で凶悪で恐ろしいパワーがあったのだ、とかですかね。

これにしたって、キタルキワが実装されていると仮定しての話になりますが、実際のところはされてないと思いますしおすし。すしお。
龍の歯医者が死人の集まりなのかって、地上での噂についての確証を持ったのがベルと野ノ子と地上であったときなのに、あの時点で龍についての情報を噂レベルでしか持っていない以上、龍の上にもいったことないだろうし、キタルキワは持ってないと考えるのが道理では。

だからやっぱりなんでもなかったんですよ。理由なんて。

by カエレバ

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

【あんまり更新しないけど、待機フォローしてくれたらそれもとってもうれしいなって】

フレッツ光192,000円割引はこちら