トラックボールでワイヤレスで左利き用のすごいマウス「M-XT4DRBK」を使ってみませんか?

【下のアイコンを押して あなたの周りにも この記事を拡めてくれたら、 それはとってもうれしいなって】

M-XT4DRBK エレコム マウス 左

人生初デスクトップ型(タワー型っていうんですか)のPCを買いました。家で触るだけのPCならノートである必要がないなーと思って買い替えたんですが、デスクトップはデスクトップでまた気にかけないといけないところが出てきて楽しいやら難しいやら。

左ユーザーに持って来いのマウスのお話。

ノートPC時代から二年ほど このマウスを使っていたんですが、PCを買い替えた数日後に調子が悪くなってしまいまして。妙にカクつくなぁーと思いつつだまし騙し使っていると、完全に反応を返さない状態に入ったりしたので、いまのうちに予備用で買い替え(というか買い足し)することにしました。

いきなりマウスが死んじゃうと焦りますよ、ほんと。焦りマウス。

残されたキーボードでショートカットキーを駆使して、メールを返し、Amazonで買い物をし、PCの電源を落とす──。
初心者だったらお手上げだったんじゃないかって状況を危なげにクリアしてちょっと満足げな私でした。

それはさておき、
新しい製品も出ていなかったので前回と同じもの、二台目のトラックボールマウスを購入しました。

エレコムが2015年に発売開始した「ワイヤレスマウス トラックボール 左手用 ブラック M-XT4DRBK」(Amazonより引用)です。

by カエレバ

これ、なかなかいいんす。大きすぎず小さすぎず手のひらにフィットするようにチューニングされたサイズ感。

「左利き」というマイノリティに属するってのに、やれトラックボールだやれワイヤレスがいいだの欲張りたがる私達の救世主的な存在のマウスです。

トラックボール、ワイヤレス、左用、この三本柱。全部乗せ。
それに加えて6ボタンに機能振り分けも可能。ブラウジングが捗るはかどる。

二年前に買ったときの値段(5800円くらい)からするとだいぶお求めやすくなっててびっくり。あとはクッション付きマウスパッドなんかもあると手首ケアにもさらに効果があると思います。

エレコム M-XT4DRBKの使用感

トラックボール使い始めて腱鞘炎の気配さえ無縁ですし、場所も取らないワイヤレスなので「マウスはここ」って定位置はあれど、臨機応変に移動→操作が可能なので机の上を広く使える。環境が見事に整備されてます。

操作性/精密さは標準クラスです。マインスイーパとか操作ミスしないくらいにちゃんと動かせます。イラストとかは厳しいでしょうね。マウスで絵を描いたりする人は少ないと思いますが、色付けが限界かと。最初はやはり慣れが必要ですが、その辺のマウスと遜色ないレベルで動きます。

もう戻れないトラックボールの魅力

いまとなっては光学式タイプ(トラッキング方式)のマウスを使うとなるとちょっと億劫な気持ちになったり。本体を一回だけ動かすとかならいいんですが、カーソルを移動するのに繰り返しパッドの上を「シャッ、シャッ、シャッ」ってやるのはもうやりたくないですね。そりゃあ腕にも負担が溜まるわな、とか考えてます。黙ってますが。カーソルの移動レベルが短い設定のPCだと尚更ストレスの原因に……。

その点トラックボールだと親指でスイスイと。

「稼動範囲は小さく効果は大きく」なマウスカーソル捌きができます。親指と人差指と中指の三本で98%の動作は完了します。

使ってわかるトラックボールのありがたみ──ですが、そんなトラックボール付きのマウスといえば、定番中の定番機種にLogicoolのM570tがあります。

by カエレバ

友人が使ってるので一度触りましたが、右利きなら(右手で使うなら)これ選んでハズシはしないと思いました。こっちのトラックボールも滑らかで精密でした。


※2017年9月にLogiの新シリーズ「MX ERGO」が発売になりました。

【参照リンク】http://amzn.to/2Bulvjz


Logicoolは私も好きなんで最初のマウスはLogicool製のワイヤレスでしたし、トラックボールを探してたときも叶うならこれが欲しかった。でも「M570t」って左モデルが出てないんですよ。残念なことに。悲しきマイノリティ。

そこで左手でも操作ができる、左手で操作するべくトラックボール式のマウスが「M-XT4DRBK」です。いい加減しつこい。

ブラウジングで効果発揮! 機能割り振りの設定

まずマウスを購入すると、付属しているUSB受信機をPCに接続しましょう。通常ならドライバが自動でインストールされます。

しかしデフォルト設定の状態だと、マウスの左ボタンが”コンテキストメニューの呼び出し”、右ボタンが”決定/選択”になっているので、カスタマイズするために、エレコムHPからマウスアシスタント(設定ソフト)をダウンロードします。

【エレコム 「マウスアシスタント」 ダウンロードページ
最新の情報を取得するために移動先で「更新」をしてください。

ダウンロード後、実行ファイルを開いて設定に進みます。

左手でマウスを使う場合は、右クリックでコンテキストメニューを呼び出したいので、上の設定から任意でいじっていきます。

一般的なマウスよりも3つほどボタンが多いですね。
ボタン4、ボタン5、ボタン6、とここでは呼ばれております。

私はここにブラウザの「戻る」「進む」を振り分けています。これでいちいち左隅までカーソルを持っていったり、「Alt+←」のためにキーボードに手を伸ばさなくてもいい。楽。

Firefoxなんかだと、ドラッグ+横スライドでブラウザバックができますが、ChromeやIEやOpera(Vivaldi)などはそうもいかなくて、それに準ずるプラグイン入れるのもメモリに影響が出るので避けたい。できるだけブラウザを軽くしたいのは万人共通の願いでしょう。こういうのはマウスに補ってもらいます。

ほかにも、センターのホイールもクリックが可能なので、「新しいタブでページを開く」を振り分けています。「新しいタブでページを開く」を活用すると、調べ物の際にいちいち前のページに戻っての行ったり来たりをしなくて済むので、一気にいろんなページにとりあえずアクセスしておきたいときに重宝します。

その他数々の機能を細やかに振り分けられるので、使いやすいようにカスタマイズしてください。

いやあ、充実してるなあ。

導入に関して

動力は単三電池が1本。どこでも手に入りますね。私はエネループを8本買って字のごとくループして使ってます。

付属品はUSB受信機と単三電池1本と説明書(保証書)

トラックボールは力を入れるとかんたんに着脱可能なので、ほこりが詰まって動きが悪く感じたり手垢でベタついたりしたら外して掃除もできます。なくさないように。

ワイヤレスとはいえUSB接続なのでPC側に空きが一つ必要です。2.0でも3.0でも動作には問題なし。

二年で寿命を迎えるとは思っていなかった

あと二週間でちょうど二年ですが、ちょっと早い気も……。マウスは消耗品として考えるべきですかね。

購入時が5800円だったので、耐用年数を二年計算で減価償却すると…………、まあざっくり一年で2900円の1ヶ月で250円切ってる!お買い得! どんな計算だ。

それが二年経ってみると、3500円前後にまで値下がりしてるじゃないですか。

トラックボールマウスM-XT4DRBK

二年前の注文明細。

これは買いですよ、おじさん。
保証も6ヶ月ついてくるので、ちょっとだけ安心ですな。

ただ衝撃的だった事実がひとつ。これは二台目買って気づいたんですが、私が買った一台目……初期不良品だったみたいです。ははは。なんかおかしいとは思ってたんですよ、ボタン6が全然反応しないから「これ飾りなんじゃないのか?」って。6ボタンって商品タイトルだけど一箇所クリック反応していないし5箇所しか機能振れないし、おかしいなって。

M-XT4DRBK エレコム マウス 左
右が旧マウス、左が新マウス。

試しに二台目で触ったら”ボタン6”がカチカチ動く動く!
保証期間中にサポートに対応してもらえばよかったな。

みなさん買ったらすぐに各ボタンの確認を是非。

そんな感じで〈トラックボールでワイヤレスで左利き用のすごいマウス「M-XT4DRBK」〉でした。

おしまい。

by カエレバ

【参照リンク】

エレコム公式HP
http://www.elecom.co.jp/

Logicool公式HP
https://www.logicool.co.jp/ja-jp

【下のアイコンを押して あなたの周りにも この記事を拡めてくれたら、 それはとってもうれしいなって】