【MV】岡崎体育のあるあるMV元ネタ(標的)探して三千里ツアー

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

くせえMVばっかだなあ。て顔してる。

くせえMV(ミュージックビデオ)ばっかだなあ。て顔してる。

三千里、なんて言ってほんとはPCの前から一歩も動いてないんです。3センチだって。

いまやいろんな音源・映像が、You Tubeを筆頭にネット上で聴けますからね。
「ネット上にないものはこの世にないもの」くらいな感覚の人も大勢いるでしょう。
気持ちのいい音楽探すのに、もう足なんか使いませんってか。

退廃的な時代だ……。

そんな個人の暗い意見は置いといて、楽しい話。

MVにまつわる話題ということで、You Tube上でリンク取得の作業を繰り返していたら記事作成の8割がた終了しました。コピー&ペーストだけで記事作るのって楽ね。くそメディアのやつらみたいに闇落ちしてしまいそうでした。

ありがとうYOUTUBE

岡崎体育の『MUSIC VIDEO』というMusic Video

ややこしいな。

まずはこないだ公開された岡崎体育のMV『MUSIC VIDEO』をどうぞ。
映像もキモなのでちゃんと通して観てね。

”あるあるネタ批判”自体はそこまでエポックかってわけでもなくて、キュウソネコカミが『サブカル女子』や『ビビった』でやったこととベクトルは一緒と捉えている。こういう奴いるよねー、ありがちねー、という具合の挑発・からかいである。
マキシマム・ザ・ホルモンの『小さな君の手』もそんな類のものだったし、ニコニコ動画においても『 J-POPの歌詞における「何か」の探され率は異常』が2010年に話題になりました。

アニメ方面では2013年放送のCGプレスコアニメ『てさぐれ! 部活もの』において”アニメOPのありがちな構図・演出を皮肉った『Stand Up!!!!』という楽曲もある。(ありがちな転調にまで話は及ぶ)

しかもこれをOP〈オープニング〉でやっちゃうという。
しかし許せないのは、カメラを縦に振るのは”ティルト”っていうんだ。
パンアップ、パンダウンなんて業界人なんだったら広めないで欲しい。

批判してこそ発展する文化

先日Creepy Nutsが『みんなちがって、みんないい』のMVを公開したことも記憶に新しいところです。

そもそもなぜ批評が多発(まだまだ足りないけど)するかというと、仕事した気になってる腑抜けクリエイターが多いからの一言に尽きるわけで。それはミュージシャン・ビデオディレクター・ライター、どこの分野にでも言える話だと思いますです。加えて言うと、

お前ら周りと同じことし過ぎなんだよ!!

なつ「お前もなー」

──っならおあいこでいいこのバカヤロー!(余計なお世話だバカヤロウ より引用)

とにかく、PVって言葉がMVと呼ばれるようになった背景から伺えるように、MVの役割がやや変化してきた昨今、制作費からお金動いてんだからくだらないことはすんな、って私の内なる少年が僻みながら喚いています。

では、元ネタを探す旅に向かいましょう
こんなMVを撮っちゃう奴は自転車を盗られろ

BGMはThe Bugglesで『ラジオスターの悲劇(Video Killed the Radio Star )』にしましょう。

なつ「趣味わりい……」

──そこは悪趣味と言ってくれないと。

”あるあるネタ”である以上明確な元ネタ(標的)があるのかどうか定かではないので、たまたまピックアップしたMVやバンドさんのファンがいたとしてもやいのやいの言わないように。
ネタにされるようなショットを獲ったそっちに問題があるんじゃないですか?
やーいやーい没個性。

here we GO!

カメラ目線で歩く→メンバー出てくる

メンバー構成とかは合ってないんだけど、後ろの付き方のぬるっとした感じはばっちしなので選びました。

手で隠して別のカット

案外ないので場所移動に限定せずカットチェンジ。

倍速

スロー

コマ撮り

モノクロ

淡い

ざらつきフィルム

無意味に分身

女の子演出講座HEAR WE GO!!

なかす

踊らす

近代踊らす系のさきがけだと思ってます。

音楽聴かす

窓にもたれさす

倒れさす

サーバ負荷軽減のため分割しました【後半に続く】

【MV】岡崎体育のあるあるMV 元ネタ(標的)探して三千里ツアー【後編】
岡崎体育のMV『MUSIC VIDEO』に触発されて、件の演出がつかわれているMV・PVを探す