Bluetooth4.1採用のワイヤレスイヤホン「TT-BH07」と「Q12」はどっちが快適かという お話

【下のアイコンを押して あなたの周りにも この記事を拡めてくれたら、 それはとってもうれしいなって】

TT-BH07とQ12

最近もっぱら外出のお供になっている無線イヤフォンを紹介します。

決めては「快適さ」

それとは別の話として「尼ランに自分の買い物の意思すべてを委ねるな
そんな話も。(厚かましいな

リスニングに関しては圧倒的に有線派でありワイヤレスを軽視していた私ですが、ウォークマンのジャック部分がイカレ始め、そこから発生するノイズが無視できないレベルになりまして。そんな状況から救いはないものかと、入門がてら二つのワイヤレスイヤフォンを購入。そんな経緯がありました。

私が買ったのはamzonのレビューでも人気の高いふたつ。

TaoTronics (タオトロニック)「TT-BH07」

そして、

SoundPEATS(サウンドピーツ)「 Q12」

です。

TT-BH07とQ12
左の赤いのがQ12、右の黒いのがTT-BH07

Amazon内では現在、
Q12が3200件/TT-BH07が1900件という多数の評価がつき、大変人気で いまなお注目されているワイヤレスタイプのイヤホン。

今回初めてのワイヤレス購入でしたが、ワイヤレスへの入り口として、エントリーモデルとしてなかなかに優良なイヤフォンでした。価格帯もじゅうぶん射程圏内なので、無線未経験な友人へのお誘いプレゼントや、スマートフォン環境でのリスニング/ゲームなど日常使いにもオススメできそう。コードが引っかかりがちなランニングや部屋の掃除なんかにも導入していけます。

そんなワイヤレスイヤホン、購入から2ヶ月ほど使ってみての中途報告です。

ごゆっくりどうぞ。

(この記事はやや読者層を広めに想定しています)

有線所持の読者各位の状況予想↓

  • 無線に興味はあるけど、イヤホンに五千円とかはちょっと……
  • スマートフォンの操作にコードが邪魔。端末を持ち続けるのも疲れる
  • (PCなどの作業中)席を立つたびにイヤフォンを外すのは面倒
  • 有線で接続するとノイズが発生するようになった
  • ポケットや服の隙間からコードが伸びてるのってあんまり見た目良くないかな……
  • 夏はポケットの空きが少ない。いっそ鞄に入れたい
  • ランニング中に音楽聴きたいんだけど、胸の前でプラプラするコードが鬱陶しい

↑この辺りは今回の推しイヤフォン、「TT-BH07」で解決できると思います。


  • 無線イヤフォンってどんな感じ? やっぱり使いやすいの?
  • 無線って有線より音質が悪くなるんでしょ?
  • TTBH07が人気みたいだけど、実際どう?
  • Q12もまた人気みたいだけど、 実際どう?

↑後半にふたつの機種の比較をまとめたので一読ください。

無線の特筆すべきポイントは「快適さ」に尽きる

(・無線イヤフォンってどんな感じ? やっぱり使いやすいの?)

まず、無線の機能性/特性について。
対義語であるところのWIRED(意:繋がれている)の文字通り、有線の弊害は「限定された距離間」「リードみたいなコード」だったわけです。

部屋で聴いていてトイレに行きたくなれば毎度ポケットに端末を入れ直し、ランニングに連れていけば胸の前や顔の横でプラプラペチペチ……、靴紐を結び直して立ち上がったら膝にひっかかって耳を痛めたり運が悪ければ断線の危険も……。

有線イヤホン
気持ちよく聴けるのは間違いないのですが……

どうにもこうにも持て余してしまうコード。薄着だとなおさら。

有線が無線になることで、これら諸問題に対する潜在ストレスが取っ払われたのは「快適」の一言。耳の横に小さなスピーカーを置いて移動しているような、移動してついてくるような気分にさせてくれる。(ちょっと大袈裟

通信可能距離について

TaoTronics「TT-BH07」とSoundPEATS「Q12」のふたつを使っての印象としては、障壁なしなら10m程度離れていても通信は良好。最近の無線システムは進んでますな。

あまり広くないコンクリマンションの自宅で試したぶんとしては、ベランダにウォークマンを置いて、玄関付近のトイレに入り扉を締めても音飛びせずにリスニングが可能。これは壁が二枚・直線距離8mくらいかと。受信機のある右耳側がフリーかどうかがけっこう影響してきます。

同周波数を扱うものが近くにあると混線して音が途切れてしまう。家庭製品だとレンジなど。回していなければ問題はなし。新幹線などの高速移動中でも問題なく再生。言わずもがな地下でも使用可能。

無線を体験して気に入っているところ

繰り返しになるけれど、コードの存在がなくなった恩恵は大きい。

たとえば外出時。イヤホン側に操作ボタン(詳細は後述)があるので、本体はバッグのサイドポケットなんかに放り込んで、かんたんな操作は耳元のボタンでちょちょいと済ます──なんてことが可能。上着のポケットやバッグからコードが伸びていないのはかなりスマート&フリー。

他には

  • タッチノイズも感じずランニングに集中できる。
  • どこかに引っ掛かる心配から解放される。

など、さっきの不満点がまるまる逆転しているような感じです。
音楽聴きながらの縄跳びもできますよ。あとは単純に「軽い」ので、着け疲れもしませんし少しの間聴かないときは耳から外して首にかけておけば置き場にも困らない。

後ろにぐるっと回り込ませるだけなので、下に引っ張られるような力も感じない。ただただ軽い。首にタオルを「置いてる」感覚に近いかもしれない。なにせたった15gですから。

有線だと起こりがちな、ウォークマン本体が手からずり落ちてジャック部分の損傷だとかコードの断線だとか、そういった不意の巻き込まれトラブルはなくなる。

【2017/8/13追記】
日差しが強くなってきた夏真っ只中ですが、汗ばんだ首に回して装着すると少しベタつきを感じますね。ワイヤレス初めての夏の新発見とともに、U字ケーブル時代を思い出しました。そして、選んだカラーが黒のせいか妙に暑さが乗っかってくる気がしてしょうがない。
【追記終わり】

音質について

(・無線って有線より音質が悪くなるんでしょ?)

私もそう思っていた時期がありました。
そんな”回り道”をしたら音に悪影響が出るだろうがと。

しかしBluetooth 4.0(-4.1)の登場による革新的な音質の向上により(実際に音質があがるわけではなく、電送信による劣化を防いでいるということ)いまや有線と無線に大きな隔たりは存在しないように思える。iPhone 7からジャックが消えたのも素晴らしい技術を有しているBluetooth4.0の登場が背景にあったのかもしれない。(よく知らないけど

────

なんとなく注記。

[このレビューを書いている私自身の耳の性能のようなところについて、疑いを持たれる方々がそろそろでてきているような気がしてます。愛用のイヤフォンを紹介して信頼や安心が勝ち取れれば簡単なのですが、そうもいかない部分はあると思います。能力と知識をかんたんに説明するなら──クラッシュシンバルの枚数や、2タムフロアタムの違い、スネアの”固さ”、ギターやベースの”歪み”などの聴き分けができる。「定位 リバーブ ディレイ パンチイン イコライジング」などの基本的な楽曲ミックス方面の概要が理解できる。耳コピはニガテですが転調したタイミングくらいは分かる。こんな感じです。いわゆる標準的リスナーのひとり。愛用機はSE215、三連フランジ]

────

話が逸れました。

で、実際にTT-BH07のほうを聴くと、やはりというべきか、最初は低価格イヤフォンに付き物なドンシャリサウンド……ドンシャリシャリサウンドとでもいうべきものでした。

しかし、予想していたより音像が曇った感じでもなくて、(予想はモコモコにこもっているんだろうと思ってました)定位なんかは結構しっかり分解されていてそれぞれの楽器は聴き分けやすい部類でした。そしてエージングを経て丸みがついてきた頃には、突き刺さる高音部も消えていきました。

全然いけます。全然問題なくいけますって意味です。
音の鳴る空間(左右のレンジ)がもっと広ければ……というのはさすがに高望みでしょうか。

TT-BH07
鳴り分けはいい感じ。

「無線だから音は良くないって考えはやはりこれを機に改めるべきですね。

むしろ有線でありながら(どういうわけか)それなりの評価を得ているZERO AUDIO「カルボ テノーレ ZH-DX200-CT」とかに比べると、無線タイプであるTT-BH07のほうが解像度もいいし、(あんまり好きな言葉じゃないですが)遥かに「高音質」でした。カルボテノーレは産廃レベル。

音質に関して言いたいことがもうひとつ。

主張がやや本旨とズレるのですが、
「アウトプットされる音質にどこまで気を使うか問題」について話したい。

後半に続く

ありがたいコメントご意見ご感想

  1. mossa より:

    iphone7導入ではじめてwirelessを検討中・・・まさしくこの2つで悩んでいたときにドンピシャの記事でした笑

    掲載リンクからTTBH07購入しますね(^^)

    有難うございました。

    • リンクまで経由していただいてありがとうございました。書いた意味があったな、と嬉しく思います。
      ワイヤレス体験は有線での生活が長かった人ほど驚きがあるのではないかなと想像します。

      mossa様のリスニングライフも快適なものになれば幸いです。