【アニメ】『亜人ちゃんは語りたい』のEDのクレヨンが鍵盤並びなワケ

亜人ちゃんは語りたいアニメ感想文

町さんかわいい。

応援がてらヤングマガジンサードっていう、いままで名前すら聞いたことのなかった雑誌を買いに行きました。103円でした。レジに通すと102円でした。

 

603円が103円になっているという出版社の気合の入れようなので、ここはみんな、缶コーヒー一本我慢して書店へGO!

││スポンサーリンク││
││スポンサーリンク││

EDのクレヨンが鍵盤並びなワケ

デミちゃんED
『亜人ちゃんは語りたい』EDより

画像を見れば一目瞭然ですが、鍵盤の配置を模しています。
サイズの違いで白鍵と黒鍵を表現してるわけです。

ピアノの配列、色とりどりのクレヨン、そして作品テーマのひとつ「異種間の交流」すなわち『調和と共生』とくれば思い当たるものがあるでしょう。

1982年に発表されたポール・マッカトニーとスティービー・ワンダーの共作『Ebony and Ivory(エボニー・アンド・アイボリー)』です。

Ebony & Ivory-Stevie Wonder & Sir Paul McCartney PRESENTED BY: Ace Prestige

「ピアノの黒鍵(Ebony)と白鍵(Ivory)が一つのハーモニーを奏でるように、白人と黒人、無色人種と有色人種、すなわち人類が調和する」というテーマのデュエット曲でした。

この名曲が託した願いを、亜人ちゃんたちの環境、テツオや同級生たちとの関係にリンクさせているわけですな。

安藤監督、いいところからアイデアを引っ張ってくる。

第1話のコンテも安藤氏が手がけており、クールものの第1話は監督みずから絵コンテまで描くのがやはり主流なのかなと思うこの頃。

余談ですが、最近のクレヨンや色鉛筆は「肌色」って名称は使わないで、”薄橙色”って言うそうです。「スキンカラーとは何事だ!」って誰かが怒ってるらしく、薄橙色のクレヨンが入ってない場合もあるとか(まじかよ

比喩と対比の本と機械

色がそれぞれの個性や差別化を表すのはよくある手法です。

『亜人ちゃんは語りたい』ED
『亜人ちゃんは語りたい』EDより

おとぎ話のなかの登場人物だった亜人と、現代人代表のテツオ。長い歴史のなか伝承されてきた「本」と近代文化の象徴である「PC」というふたつの媒体による対比。ニクいぜ。

あとは第一話の良かったところなど、雑談じみたお話です。

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました