『ド級編隊 エグゼロス』EDのタイムシートはきっと美しいに違いない

ド級編隊エグゼロスEDアニメ演出・分析

ド級編隊エグゼロス』のED映像が、すこぶるいい。

10程度(おそらく13cut)のカット数の少なさ。無茶をせず、できる範囲の力を適したベクトルで発揮する省力加減。

第2話が初お披露目でしたが、今年ベスト級に「上手いぜ!」と唸りました。

何かと癖もあり、まとまりもあった第2話本編の上々の出来もさることながら、いわゆる「GET WILD型」のアプローチ(本編のお尻からED曲のイントロが流れ、その高揚感とともにEDアニメーションが始まるアレ)は見事にツボを押さえていました。

(第2話がそうだっただけで、次回以降がどうなっているかは不明)

第3話でフル尺映像が出ましたね。前の方にカットが増えてました

リピートを生かした”なびき”や寝息芝居のここが気持ちいいぞ、というポイントを書いていきます。

では始めます。加隈亜衣の歌唱は相変わらずいいなあ。

││スポンサーリンク││
││スポンサーリンク││

リピート作画を活用した静的な動き

性的と静的がかかっているのだ。

ド級編隊エグゼロスED
『ド級編隊エグゼロス』EDより

まず、スカートのなびきが映し出されるファーストカットから「おっ、これは」と思わせる気持ちよさがありますね。

フル尺が公開される前に書いていた記事なので、色々とアレな取り違えがあります
TVアニメ「ド級編隊エグゼロス」エンディング映像 歌:星乃雲母 (CV:加隈亜衣)
ED映像が公開されてるじゃないですか。ひゃほう。

話が逸れましたが、スカートの気持ちよさでした。

気持ちよさと言うとすこぶる抽象的なのですが、スカートのなびき──”はためき”と表現したほうがいいでしょうか。この”はためき”という現象を描くことを考えた場合、近代的な基準値と比較すると、枚数が少なめだと思うんです。

スカートのなびきは枚数が多くなる傾向にあるというか、観衆にはわかりやすく”書き込み”を示せるパートであり、作画パワーを注力するには持ってこいじゃないですか。

藤原書紀のスカートやリコのスカートを基準にしてはいけないとは思うのですが、それにしても雲母のスカートの枚数は少ない。

しかし、ただ少ないわけではなく、それでいて動きにメリハリがあり、こじんまりとはしていない。つまり省略が上手い。この絵があれば動いているように見えるというポイントに確実に絵を置いていく。

近年のよくわからない間をツメツメに詰めた細かい連なりが「ぬるぬる」と賛辞される風潮とは逆のポジションにいるような。私はこっちのが断然好きです。

はい、気持ちよさは残像と省略です。

リピート作画の良さ

そして、冒頭でも言いましたが、EDはほとんどがリピート作画なんですよ。そこがまたいい。同じ絵を繰り返すことで描き分ける枚数そのものは多くならずに済む。今回この記事を書こうと思った原動力です。

リピート作画とは、数枚の絵(原画や動画)をぐるぐると繰り返し並べていく作画。

1,2,3,4,5,6,1,2,3,4,5,6,1,2……」という具合に原画(や動画?)のブロックを繰り返し、実物の枚数よりも大きな効果を生むことができます。散髪屋さんの前でくるくる回っている3色のサインポールが上下に動いているように見えるのと同じ原理ですね。

ド級編隊エグゼロスED
『ド級編隊エグゼロス』EDより

この「H」のクルクルや周りのピカピカエフェクトとか、

ド級編隊エグゼロスED
『ド級編隊エグゼロス』EDより

セクシーな歩きのカットもリピートを回してます。

同様に、次のカットではセクシーキュートなコスチュームが、さらに次カットは髪の毛が風に揺られていますが、ここにもリピートを用いた省力が効いています。

ド級編隊エグゼロスED
『ド級編隊エグゼロス』EDより

次。

ド級編隊エグゼロスED
『ド級編隊エグゼロス』EDより

キック(バスドラムの音)のリズムに音ハメした、明暗転。

これは線画は1枚ですが、音と連動させて色をパカパカと入れ替えることで動きがそこにあるように見える。決して「静止画、止め絵」とは思わないんじゃないでしょうか。

ド級編隊エグゼロスED
『ド級編隊エグゼロス』EDより

この煌めき十字は戦闘服にあしらったデザインロゴだったのだが、髪の揺らぎカットからこのカットまで切れ間を感じさせない繋ぎで遠ざかっていくイエローこと星乃雲母。圧縮が上手い。

ここまでが歌い出しまでのイントロにあたる部分。

カット数で言えば、5カット

フル尺ver.で数え直すとここまでで8カットです

歌い出しからも省力された作画は続く

ド級編隊エグゼロスED
『ド級編隊エグゼロス』EDより

教室の寂しげカット。

動いているのはカーテンと雲母の髪、ネクタイ、スカートのみ。

これも2ストロークぶんリピートしているのですが、リピート作画に耐えうる現象描写といいますか、吹き抜ける風とカーテンの関係を物理的に考えても、特に不自然さは感じられない。もう少しカーテンの動きにランダム性が生じるはずだというリアリティを重視した意見もあるでしょうが、些事です。

髪やネクタイが揺れることも同じく。

ド級編隊エグゼロスED
『ド級編隊エグゼロス』EDより

実際に動いているのは右足だけ。

右足の動きから彼女の思索や逡巡のようなものがなんとなく垣間見える。

右足のアクションには軌道上いくつか重なる部分もあり(前半の引いた足は往復だ)、カロリー自体は少ない。足を戻すときにやや外向きに開くのがGOOD。

ド級編隊エグゼロスED
『ド級編隊エグゼロス』EDより

そしてBメロ。なぜかでかいボールギャグが公園に埋まっているのだがそれはともかく。

まったく動かなくなる時間があるカットなのですが、「止まってんなあ」とはあまり思わない(人による、のかもしれない)

その要因として考えられるのは

  1. これまでのカットごとの尺が長く大きなものだったので、観客の気持ちが落ち着いている
  2. イントロからのテンポ感を精算するAメロ、キックの数を減らしたBメロと、リズムの感覚がどんどん後ろに伸びている
  3. 教室のカット、足元のカットから「何か物思いにふけっている」様子が伝わり、同様のアクションとして観ている(動きを要求しない

これらのどれか、あるいは相互作用によって動きのない画面も退屈しないし意味を感じ取れる演出がなされていたのかな、と私は思いました。

キャラクターは(大きく)動いていないが、時間はたしかに動いている。

故に止め絵とは思わない。そんな意識です。

 

さて、手をのばすカットは飛ばしてサビに行きましょう。

サビのループ感はlofi-hiphopのサムネイルのよう

ド級編隊エグゼロスED 星乃雲母

ド級編隊エグゼロスED 星乃雲母
『ド級編隊エグゼロス』EDより

サビに入ると再度リズムが心地いい速さとなり、キックに合わせてスリープモードっぽいXEROギア(腕に装着しているアイテム)の表情が変わっています。少ないエネルギーなのに、動きは長持ち。素晴らしい。

サビでのアクションをブロック分けすると、

  • 「寝息を立てる口元、肩のあたりが上下」のリピート
  • 「目が覚めてウォッチを確認、再度眠る」アクション

この2つ。

このワンセットのブロックが、サビの小節と密接にくっついているわけです。サビも大きなブロックが2回繰り返されます。

そして、小窓ワイプのようにサイズが変化し、制作委員会がどん。キレイだ。

ド級編隊エグゼロスED 星乃雲母
『ド級編隊エグゼロス』EDより

 

終わってみれば、サビ頭のカットがEDのラストカットだったという、最後まで長尺のカットで走り切るあまり例のない作りなんじゃないかと思うのです。すげーよ、すげーよ。

が、私も観たサンプルは少ないので、断定はできません。でもきっと珍しいよ!

IS-インフィニット・ストラトス-』なんかはこの部類に属するかも。あとは一枚絵パターンの作品も

で、だ。

この寝息・目覚めのループ感をどこかで観た覚えがあったのですが、lofi-hiphop radioのサムネイルがこのテイストに近いのでは? とビビッときたんですよ。動画再生中の映像はサムネイルって言わないんだろうとは思うのですが、他に言い方を知らないのでサムネって言っちゃいます。

lofi hip hop radio – beats to relax/study to

大きすぎる動きのない画面。いつまでも観ていられる。というか、ずっと観てなくてもいい。そんな画面。

絵コンテの藤木かほる氏、初めてお名前を知りましたが、もしかしたらこの辺りのアンビエント系動画のエッセンスをエグゼロスのED映像に取り入れてはいないだろうか。

『ド級編隊 エグゼロス』EDアニメーション

絵コンテ/演出:藤木かほる

総作画監督:山本亮友 作画監督:廣冨麻由 原画:米田博司

背景:三宅昌和 前塚太一 撮影:project No.9撮影部

物思い×女の子の魅力

女の子が物思いにふけってるといったED映像で『素敵な小夜曲(frm.『ママレード・ボーイ』)、『ロマンティックあげるよ(『ドラゴンボール』)などを想起したので確認しましたが、ビビッとくるほどの類似点や共通項は発見できませんでした。時代性なのか、動きが小さいというかカメラはFIXが基本で、背景美術への負担のバランスがいまとはけっこう違うなと。機会があればこのへんは掘っていきたいです。

おしまい:タイムシートとか読めないけどね

当方、タイムシートも読めない弱小アニメ視聴者ですので、比喩で使うのもあんま良くないんだろうなという気持ちが少しばかりあるんですが、まあ綺麗なんだと思うんですよ、タイムシート。

阿部寛の公式webサイトのコードがすっきり綺麗だとか、アイツの辞書には一言〇〇って書いてるだけなんだ、みたいな単なる比喩です。

カット数も少なければ、動く線も少ない。枚数だって多くはないでしょう。おまけにほとんどがFIX(カメラが移動しない)の画面なのです。

でも面白い。アイデアでここまでできるんですよ。

カロリー少なめと評したとはいえ絵を書く作業は楽じゃないって認識は持ってますから、そのあたりを曲解するのはやめてよね

と、変な予防線を張って、しれっと終わりにしたいと思います。

おしまい。

U-NEXTの31日間無料トライアルで『ド級編隊エグゼロス』を追いかける

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください

関連サイト

『ド級編隊 エグゼロス』公式サイト

 

夏アニメ『ド級編隊エグゼロス』松岡禎丞さん&加隈亜衣さんインタビュー|二人の思うエグゼロスとは? 閉じてた◯◯が開いちゃう!? │animate Times

松岡禎丞&加隈亜衣、エロス“真面目”に向き合う 物議アニメ『ド級編隊エグゼロス』裏話 │oricon news

lofi-hiphop radio│youtube

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました