Amazonほしい物リストにない商品を送る方法が変わったみたい

Amazon,ほしいものリストの送り方,,, Amazonほしい物リスト
本ブログは独自に商品やサービスを紹介しております。また記事内には広告が含まれます

任意の相手のほしい物リストに”入っていない商品”をこっそり送ることができる小技として、以下の方法がありました

「ありました」と書いたものの、いま現在も利用可能ならそのまま以下の送り方でギフトをプレゼントすればいいと思います。でもたぶん、もう使えなくなってます。

  1. リストから商品Aをカートに入れる
  2. リストにない「送りたい商品X」をカートに入れる
  3. 商品Aと商品Xをギフト設定にする
  4. レジ画面に進む
  5. 受取場所にギフト用住所を選択する
  6. 商品Aを削除する
  7. 商品Xだけを残し、ギフト用住所を選択して注文を確定する

最近はどうもこの方法がうまくいかないのです。

実際に手順を再現すると、

Amazon,ほしいものリスト,リストにない,送れない,商品,ギフト

この商品は、ほしい物リストなど、ギフト用に登録されたお届け先には発送できません

このようなメッセージが赤字で表示され、ギフト用住所は受取先の候補から消えてしまいます。手続きも進められなくなり八方塞がり。

何かルールが変わって、リスト外の商品だけを送るのは無理になったんじゃないか、というのがいま現在(2024年1月)の私の認識。カラーコーンを送るつまんないノリのせいで”小技”は制限されたのかもしれないですね。冗談です。

じゃあリストにない商品はもう送れなくなったのかというとそういうわけでもなく、「ほしい物リストにある商品と一緒に送る」という方法をとることで、リストに載っていない商品を相手に送ることができます。

このあたりのお話をもう少し。

では、始めます。

新しい、ほしい物リストにない商品の送り方

商品の”入れ替え”による方法では送れなくなった、という前提(仮定)で書いています

Amazon,ほしいものリストの送り方,,,

新しい手順(ルール)はこうなっています。

  1. リスト作成者が「このリストにない商品を追加購入者に私の配送先住所に発送させる」にチェックを入れているか、確認しておく
  2. リストにある「商品A」をカートに入れる
  3. リストにない「商品X(送りたいギフト)」をカートに入れる
  4. 商品Aと商品Xをギフト設定にする
  5. レジ画面に進む
  6. A・Xともに、受取場所をギフト用住所に設定する
  7. 注文を確定する(AもXも購入する)

こんな感じで、リスト外の商品をギフトにするには、リストにある商品と一緒に購入することが条件になっています。

ちなみに、贈るギフト選びは「販売元がAmazon.co.jp」になっている商品から選ぶとレジで送れないエラーが出ることが少なくなります(マーケットプレイスの商品は受け取らない設定にしているリスト作成者は多い)。0円から30000円までに範囲指定してリストアップするように作りました。おやつは400円まで。ギフトは1万まで。

Amazonの商品一覧ページ。左メニューからはカテゴリから絞り込みができることを示すように矢印が差されている。右上には並び替えのタブがあることを指す矢印がある
けっこう便利だろうと自負/「販売元:Amazon.co.jp」になっている商品一覧(0~30000)より

話を戻して、新しい手順で重要なのは①、太字の部分です。

これがやっかい……といえば、やっかいなのです。

「このリストにない商品を追加購入者に私の配送先住所に発送させる」とは何か

リスト作成者がほしい物リストを作成するときに設定する項目のひとつに、「このリストにない商品を追加購入者に私の配送先住所に発送させる」というものがあります。

Amazon欲しいものリストのオプション「このリストにない商品を追加購入者に私の配送先住所に発送させる」にチェックが入っている
「リストの設定」より

この項目は、「リストにある商品を送ってくれるなら、リストにない商品も一緒に送ってきてもいいよ」という同意の確認です。これがオンになっていないと、リストにないギフトを一緒に送ることはできません。

まずはこの項目をリスト作成者がオンに設定している(チェックが入っている)ことが大前提となります。つまり、リストにない商品を送るには、リスト作成者の協力(許可)が必要というわけです。

「この商品は、ほしい物リストなど、ギフト用に登録されたお届け先には発送できません」というエラーメッセージが出る

これは失敗パターンです

「このリストにない商品を追加購入者に私の配送先住所に発送させる」のチェックをオフの状態にしてもらって、商品Aと商品Xをまとめてレジに持っていくと……。

Amazon,ほしいものリスト,リストにない,送れない,商品,ギフト

Amazonほしいものリスト,のお届け先住所選択画面。「このリストにない商品を追加購入者に私の配送先住所に発送させる」にチェックが入っていないと、リストにないギフトを送ることはできない

画像のように、リストに含まれていなかった商品Xはお届け先からギフト用住所が選択できなくなります。これでは同じお届け先には送れません。

購入者側からチェックのオンオフは見えない

ちなみに、チェックがついているかどうかはリストを眺めても確認できません。

商品Xと商品Aを同じお届け先に設定できたら、「ああ、ちゃんとチェックが入っていたんだな」と事後確認的な流れになります。エラーが出たら、チェックがついていない可能性も考えられます。チェックを入れてもらうよう相手とコンタクトを取る必要が生じるかもしれません。

チェックはオンになっていても、サイズの関係などで一緒に送れない商品もあります

リストにない商品を送る場合、マケプレ商品は避けたほうがベター

話は少し変わって、「ギフトに何を送るか」のお話。これも意外に重要。

リスト外から送る商品は、出荷元・販売元Amazon.co.jpであるものを選ぶのがベターです。

Amazon,ほしい物リスト,作り方,注意点,マーケットプレイス,出荷,

これは主にセキュリティ・セーフティの観点のお話です。

マーケットプレイス出品者が出荷もおこなう商品を送る際には、Amazonが出品者(や購入者)にお届け先の情報を共有することがあります。そうすると住所の特定や身元バレに容易に繋がりかねないので、リストの仕組みに詳しいリスト作成者は「配送先住所を販売者と共有する」の項目のチェックをオフにして、マーケットプレイス出品者が出荷もおこなう商品をリストから購入できないようにしていますし、Amazon自体もこの設定をオンにすることは非推奨としています。

この危険性について理解しているリスト作成者がどれくらいいるのかは、ちょっとわかりません。あんまり多くないかもしれないですね。

そんなわけで、送りたい商品がマケプレ出品者が出荷を担当している商品の場合、その商品は作成者の人に送れない可能性が高いです。レジ画面まで進んで最後に「これは駄目です」とエラーが出るのは面倒なので、商品選びの段階でAmazon.co.jpが販売・出荷をおこなっている商品を選ぶほうがいいです。

送る側/受け取る側の双方が納得してマーケットプレイスの商品をギフト購入する場合は、私は何も引きとめません

では、そろそろ送ってみましょうか。

実践:チェックがオンの状態なら、商品A,Xを一緒に送ることができます

リスト作成者の協力を得て、「このリストにない商品を追加購入者に私の配送先住所に発送させる」のチェックがオンの状態になっていると仮定して話を進めます。

もともとリストに入っていた”商品A”と、リストにはなかった”商品X”をカートに入れ、さらにレジ画面へと進んでください。

Amazon,ほしいものリスト,リストにない,送れない,商品,ギフト

「お届け先を選択」の項目では商品Aと商品X、それぞれお届け先を選択することになります。商品A商品Xともにギフト用住所を選択します。タブのなかから「プライバシーの保護のため~」と書かれた項目があるので、それを選んでください。

続いて、ギフトメッセージの記入や支払い方法の選択を終えて、注文を確定させればよし。

Amazon,ほしいものリスト,リストにない,送れない,商品,ギフト

本名ではなくてニックネームでギフトを送りたい方は、ニックネームで送るための設定解説の記事をあわせて読んでください

送る側、受取る側が互いに気持ちよくプレゼントができるように

ここからはリスト作成者とコンタクトが取れる方に向けた内容です。

さきほど、チェックがついていないかどうかコンタクトを取ってもらって……という話をしましたが、リスト作成者と気を遣わないコンタクトが取れるのであれば、

「消しゴムなどの低価格な商品」をリストに入れてもらうこと

──も合わせてお願いしてみるといいんじゃないでしょうか。

なんで消しゴムなんかをリストに入れるのか、というのはもちろんそれなりの理由があります。

一緒に送る商品Aが安いほど負担は少ない

商品Xを送るには「リスト内の商品Aと一緒に送る」という条件をクリアしないといけないのでした。

一緒に送らないといけない”商品A”がいいお値段だとちょっとキツイなあという気持ちがどうしても出ちゃうので、比較的低価格なアイテムがリストにあると、AとXを組み合わせるこちらとしてもお財布的に助かるんですよね。そこで消しゴムですよ。

消しゴムに限らず、探せば代用品は見つかります。

これで送りたいギフトの代金+100円そこらで送ることができる。経済的!

「リストに入れておく商品A」のおすすめ候補をまとめました

といってもいきなりじゃ難しいかもしれないので、300円以下の価格帯でAmazon.co.jpが販売している商品(送料も無料)のまとめを作っておきました。ページ内で安い順に並び替えることも可能です。

よくわからない方は、このなかから送られてきても気を悪くしないやつを探して、商品ページをチェックして販売元出荷元がAmazon.co.jpになっていればリストに加える、という流れでいいと思います。

Amazon,ほしい物リスト,作り方,注意点,マーケットプレイス,出荷,

話が作成者側にズレてしまいましたので、このへんで。

おしまいに:ほしい物リストにない商品を送るには作成者の協力が必要になっている

今回の話をまとめると、リストにない商品を送れるかどうかはリスト作成者の設定次第ということですね。雑なまとめ。

  1. リスト作成者は「このリストにない商品を追加購入者に私の配送先住所に発送させる」にチェックを入れておく
  2. (購入者は)リストにある「商品A」をカートに入れる
  3. リストにない「商品X」をカートに入れる
  4. 商品Aと商品Xをギフト設定にする
  5. レジ画面に進む
  6. A、Xともに受取場所はギフト用住所を選択する
  7. 注文を確定する

こういう手順で、リストにない商品も送ることができるようになる……はずです。またルールが変わるまでは。

そんな感じで、〈Amazonほしい物リストにない商品を送る方法が変わったみたい〉というお話でした。

おしまい。

P.S 本名を伏せたほしい物リストの送り方とか決済方法とか、基本的な部分はすっ飛ばして説明してしまいました。まずはそちらでセットアップをやっておいたほうが良いかも。

それなりに役立つ記事だと思います。情報も比較的新しいものですし。これ大事。

関連リンク(Amazonのキャンペーン、スケジュールまとめ)

1000ptもらえるプライム紹介キャンペーン
Amazon公式のプライム紹介ページよりプライム会員に登録。30日以内に2000円以上の買い物をすると、Amazonポイント1000ptがもらえる紹介プログラムです。よろしければどうぞ

その他キャンペーンまとめ

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました