FANBOXの始め方と支払い方法とか手数料とかの話

pixivというブランド名については、アニメ・イラストに興味のある方々ならもはや説明の必要もないでしょうが、pixivが運営している月額制ファンコミュニティサービス──FANBOXが2019年の4月で一周年となりました。

去年の4月にローンチされた頃から存在はぼにゃりと知っていたのですが、いざ触ってみると出来たてサービスらしい不便なところも多々ありまして、ツカイズレーナーと不満たらたら。ちゃんとサービスとして地位を確立していくのかと不安もあったのですが、一年と何ヶ月を経て、割りかし進化したんじゃないかと思います。

なんか成長率2500%とかだったみたいで。

それでですね、立ち上げ当初に触ったけど希望が見えず辞めた人も、もしかしたらすごい美味しい土壌なんじゃないのと期待高めにいまから始めようって人も、いまのFANBOXに少し詳しくなれば何かしらの、何かしらの活路を生み出せるんじゃないかとそんな与太話。

スポンサーリンク

pixivFANBOXの基礎知識

FANBOXではクリエイターに支援したいユーザーが集まります。

  • 支援料金はクリエイターが設定する(月額制
  • いわゆる”投げ銭系”とは思想が異なる
  • 支援者は基本的に手数料無料(支援金の受取時にクリエイターに手数料10%が発生)
  • 利用にはpixivアカウントが必要(後述)
  • 支払い方法はクレジットカード、Paypal、コンビニ決済、Vプリカカード、kyash

※FANBOXでは支援される側を「クリエイター」と、支援する側を「支援者(ファン)」としています。

月額制の支援形式

「月額制の支援」が目玉とも言えるこのサービスは、いわば「クリエイターへの継続的な支援」が基本的な理念になっていて、私の求めているワンショット評価的な「投げ銭」の感覚とは少しズレを感じており悩ましいところではありますが、ひとまず個人の感情は横においておきましょう。

1.クリエイターはコンテンツと支援プランを用意する

クリエイターは、テキスト・イラスト・音楽データ・動画データなどの「コンテンツ」をマイページにアップロードし、各コンテンツごとに支援プランを設定できます。

作成できる支援プランの料金設定は100円~10000円となっていて、複数のプランが作成可能です。段階にわけてコンテンツの公開範囲を設定しましょう。


すまねえ、絵を描くのはさっぱりなんだ。

 

このイラストの閲覧は300円、こっちは500円、みたいな感じです。さらに全体公開といって、ページの訪問者に無料で閲覧できるフリーの設定をすることも可能です。

お知らせや新規さんに向けたポートフォリオみたいなものは全体公開をして、潜在的な支援者への周知目的で使うのも手ではないでしょうか。無料と有料の使い分けでいろいろとやりようはあるかと思います。

支援金の受取手数料について

プラン上限の10000円でシミュレートすると、30人の支援者が10000円プランを選択するとその月は30万円の支援金がクリエイターの元に集まりますね。

しかし、集まった支援金を受け取る際には、手数料10%がクリエイター側に発生します(2019年1月からの新ルール)

300,000円の10%=30000円がpixivの運営費に回り、クリエイターの手取りは27万円。振込手数料300円も負担するとなると、26万9700円がこの場合の正確な数字となります。

FANBOX手数料
FANBOXのFAQより

 

つまり支援者の10000円の出資というのは実際のところ、

「クリエイターに9000円、pixivに1000円」(90:10)

と最初から振り分けられているという考え方もできますね。

しかし26万円、大きい……。

これが毎月となると、けっこうなドリーム感がありますね。
私だったら人が変わっちゃいますね。

※支援金受取(振込)の申請をしなければマイページ内にプールされていくので、毎月振込手数料がかかることはありません。

支援金の受取は銀行口座かPaypalが必要

たいていの銀行は対応しているので問題はないと思います。飛ばします。

>>Paypal(ペイパル)

Paypalは個人事業主/フリーランス志望なら持っておいたほうがいいツールなので、この機に作るのもありかと。しかし利用規約で登録できるのは18歳以上と定められています。18歳以下の方は銀行口座で対応しましょう。26万円を芸だけで稼ぐ17歳…………考えるだけで布団に入りたくなるからこれ以上はやめよう。

月額制、継続するマインド、継続させるマインド

ワンショットの投げ銭報酬とは違い、FANBOXは月額制がキモ。ですので、毎月お金の引き落としや請求が発生します。お客さん目線も考慮しつつ、自身のブランディングや生産ペースで設定すると気が病むこともないでしょう。支援者とは銘打っていてもやっぱり「お客さん」としての扱いが非常に大切だと私は思います。

 

これでクリエイター側の準備は終了です。良質なコンテンツをガンガン生み出して良質なファンとの関係を築くことに努力しましょう。余計なお世話だバカヤロウ。

2.ファンは支援したいクリエイターのページを探そう

Twitterユーザーは

  • 支援者がクリエイターのアカウントをフォローしている
  • クリエイターが自身のアカウントとFANBOXを紐つけている

上の状態であればメニューの「クリエイターを探す」からクリエイターを一覧を参照できますし、やる気のあるクリエイターならTwitterのプロフィール欄にリンクを用意しているはずです。FANBOXについてのツイートもするでしょうし。

pixivユーザーは

お目当てのクリエイターのpixivページ内のピックアップ欄からFANBOXのページに移動できます。プランを作っていないとリンクはありません。

支払いの方法

クリエイターページにある「支援する」のボタンから支払い方法を決定すれば支援完了となります。

FANBOX 支払い方法

現在選べる支払い方法は

  • クレジットカード(VISAとMastercard)
  • Paypal ※18歳未満利用不可
  • コンビニ決済
  • Kyash(銀行口座 / コンビニ / クレジットカード)
  • Vプリカ(コンビニ / クレジットカード)※18歳未満利用不可

R-18設定を行っているクリエイターへの支援には、PayPalを利用することができません。 

私はクレジットカードで支援してます

暦の上でも成人済の私はクレジットカードが楽なので、クレジットカード毎月引き落としになってます。もうなんか現ナマを見ないせいか残高が減ってる感触も薄く、こっちから支援停止するとかはほぼなさそうですね。永遠に吸われるのは、それはそれで考えないと……。

キャッシュレス化や増税に乗っかるって理由もありますが、クレジットカードは一枚二枚持っていたほうが良いと強く思いますね。メルペイとかファミペイとかも利用してる私ですが、食品以外のメインの買い物はネット経由ですし、決済はほとんどクレジットカードです。公共料金とかもクレジットカードで支払えば塵も積もればで得した気分で過ごせるんですよ。

宣伝がてらにクレジットカードのススメ

あくまでも作るならってことですが。わざわざ作らなくても支援はできます。

>>年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

選ぶブランドはVISAかMasterで。JCBで作ってしまうと結局Paypal経由でしか支援できません。

あとはクリエイター支援の本命として、Amazonの欲しい物リストの存在というか、効率の良さも外せないですね。指原さんが「SNSで公開してるの、底辺しかいない」とか評したキャプチャーをこないだ見かけましたけど、全編見てないからニュアンスの問題はあれど、基本的には、知らねえよそんなこと楽天からなんか言うように頼まれたんスカ的な気持ちです。人の営みはほっときましょうよ。

ともかくAmazonにもお世話になる機会は少なくないでしょうから、Amazonで作るのもいいと思います。

>>Amazon Mastercardクラシック(年1回以上の利用で年会費無料)

以上、アフィリエイト案件の宣伝でした。

コンビニ決済

コンビニ決済は年齢問わず、誰でも支援が可能です。財布を持ってコンビニにいくだけです。

しかし、コンビニ決済の場合は1クリエイターに支援するたびに100円の手数料がかかってしまうため、たくさんのクリエイターを支えたいんだって人にはちょっとした負担になります。

また、支援予約といって、3ヶ月や6ヶ月まとめて支払うこともできます。この場合は手数料100円で済みますが、もし途中で支援をキャンセルや停止させたくなった場合の返金は認められていません。クリエイターが支援プランを削除した場合に限り返金措置が取られます。

【参考】>>支援しているクリエイターのプランが削除された場合はどうなりますか?│FAQ

 

コンビニ決済は月末から27時間をきると利用できません。翌月になるのを待ちましょう。

うーむ。調べた感じだと、あまりオススメはできませんね。

18歳未満の利用と支払い方法について

きっと、18歳以下でもクリエイターを応援したいって人はたくさんいると思うんですよね。まあ口だけのやつもゴマンといるんだろうけど。

とはいっても、現時点の感じだと高校生なんかにはちょっとハードルが高いわけです。クレジットカードも作れないし、Vプリカ()も使えない。親に協力してもらうって手もありますが。なかなか理解してもらえなさそうな雰囲気がありますね。だからって勝手にカードを拝借するとかは絶対に駄目だぞ。

廃課金が問題にもなっている昨今、パトロン精神は成人からの文化だってFANBOXのスタンスなら、それはそれで好感が持てます。実際はどうなのか知らない。

そもそもクレジットカード持ってる人もpaypalアカウント作ってる人もまだまだ成人済みの人たちでも少数派だったりするわけで。私はどっちも持ってますけど(ドヤ

クレカもねえ、paypalねえ、おまけにコンビニはなんか損した気分になる。

そんななかじゃもう選択肢は「kyash」くらいしかないんじゃないか。Amazon payとかキャリア決済とかがいち早く対応してもらえると助かるんですけどねー。

支払いや引き落としのタイミング

支払いを済ませ支援が完了するとコンテンツが閲覧できるようになります。

ここで気をつけないといけないのが、

コンテンツが閲覧できるのは入金を行ったその月に限りということ。

入金したその日から数えて31日、というシステムじゃないんです。dアニメとかU-NEXTはそっちのシステムですけど。

つまり8月26日に支援を始めると、26日に8月分の支援金○○円を支払い、9月1日に9月分の支援金を払うことになります(支援ありがとうメールが来ます)なんかちょっともったいないね。(せこい

これは支援開始のタイミングを考える上で大事ですし。100円とかならまだ「ミスっちまったよ。へへへ」で済みますが、10000円が3日で消えたらイヤじゃないですか。

支援を停止するなら月をまたぐ前に

支援のキャンセルはできませんが、継続していた支援を停止することはできます。

自動更新が月の頭なので、月末までに支援の停止を行いましょう。

停止までの手順は

  1. 「支援中のクリエイター」から支援を停止するクリエイターを選択
  2. 現在支援しているプランの「お支払い方法の選択」を選択
  3. ページ内「支援中」表示下部の「支援を停止する」を選択

となっております。後腐れのない円満な停止を心がけましょう。

FANBOXを始める

ともあれ、まずは始めないと全部はわからないので、ちゃっちゃとアカウント作ってください(責任放棄)。

>>pixivFANBOX公式

 

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

関連エントリ&PR記事

タイトルとURLをコピーしました