FANBOXの始め方から支払方法とか手数料とかの話

pixiv運営の月額制ファンコミュニティサービス、「pixivFANBOX」が2019年の4月で一周年となりました。

絵もかけないのにクリエイター登録していざ触ってみると、出来たてサービスらしい不便なところが多々ありまして、ツカイズレーナーと不満たらしてこっち、特に更新しておりません。本当はモチベーションが持続しなかっただけです、すみんせん。

こんな不便な投稿ツールでちゃんとファンコミュニティサービスとして地位を確立していくのかと不安もあったのですが、一年と何ヶ月を経て、割りかし進化を見せてきました。あんとき悪く言ってごめんね。

登録ユーザーも増えたり、サービス規模の成長率も2500%とかだったみたいで(サービス規模ってなんだ?)

FANBOX公式投稿より

それでですね、立ち上げ当初に触ったけど希望が見えず辞めた人も、もしかしたらすごい美味しい土壌なんじゃないのと期待高めにいまから始めようって人も、いまのFANBOXに少し詳しくなれば何かしらの、何かしらの活路を生み出せるんじゃないかとそんな与太話。そして、宣伝

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉

pixivFANBOXを始める前の基礎知識

FANBOXではクリエイターに支援したいファンが集まります。

  • 支援料金はクリエイターが設定する(月額制
  • いわゆる”ワンショット投げ銭系”とは思想が異なる
  • 支援者は基本的に手数料無料(支援金の受取時にクリエイターに手数料10%が発生)
  • 利用にはpixivアカウントが必要(後述)
  • 支払い方法はクレジットカード、Paypal、コンビニ決済、Vプリカカード、kyash
支援される側を「クリエイター」、支援する側を「ファン(支援者)」としています。

支援形式は月額制=継続的な支援を促す

「月額制の支援」が目玉とも言えるこのサービスは、いわば「クリエイターへの継続的な支援」が基本的な理念になっています。

私の求めているワンショット評価的な「投げ銭」の感覚(ストリートミュージシャンの歌ってる曲がいい感じだから500円渡そうみたいな)とは、少しズレを感じており悩ましいところではありますが、ひとまず個人の感情は横においておきましょう。

この「継続支援」は、裏を返せばFANBOXへの継続的な支払いも意味するのですが、それも置いておきましょうか。

ファンの支援金は90:10の割合でクリエイターとFANBOXに還元されます。

pixivアカウントを登録する

なにはともあれpixiv FANBOXにログインするためのアカウントの準備から始めないといけません。すでにgoogle/ facebook/ Twitterのアカウントを持っている方は、それらを利用した連携ログインも可能ですので、改めてpixivで作る必要はないです。

FANBOXアカウント ログイン

入力するのはニックネーム、性別、メールアドレス。ニックネームはあとから変更もできます。

登録したメールアドレスに承認メールが来るので、URLからクリエイター登録ページへ進みます。

「クリエイターになる」(かっこいい)をクリックして登録完了です。

クリエイターページを充実させよう

最初にすることはプロフィールづくりです。

プロフィールをつくる

カバー画像、ポートフォリオなどの画像を設定したり、プロフィールに活動内容などを書くと良いでしょう。デフォルトの真っ白い状態やぽつんと一言の自己紹介はミステリアスな雰囲気を演出できますが、悪手だと思います。むしろどういったペースで運営していくのかといった詳細があると活動的な人だと思われてGOODなんじゃないでしょうか。

プロフィールにはテキストリンクも貼り付けることが可能なので、別サイトへのリンクを用意することも出来ます。このあたりが「ブログ的なホームとして活用できますよ」と私が言っている部分。ほしいものリストをここに置くこともできます。Twitterに置くと指原氏に底辺とか評されるらしいので。こわいですね。ははは。

R-18コンテンツを投稿する場合はこちらにもチェックをつけましょう。あとで変更もできますが、少し面倒です。

支援者が集まるようなプランを作成する

プラン名、支援金額、プランの説明を書きましょう。一度プランを作成すると金額の変更はできなくなるので要注意です。

支援の金額を変更したい場合は、プランを削除してからの再作成となる。

プランは複数作成できるので、アンカー効果を期待して三段階くらいを意識したプランを作るのが常套手段かと思います(運営ペースや運営の計画にもよりますが)。個人的な意見として最高額10000円に設定することは問題ないですが、「石油王向け」とか支援者をバカにしたプラン名は辞めてほしいですね。お金を出してくれる人をなんだと思ってんだ。

コンテンツを投稿しよう

投稿の形式は現在、「ブログ・画像・ファイル・テキスト・動画・音楽」となっています。

画像やテキストを取り合わせたハイブリットな新機能として「ブログ」が出来あがったので、いまはほとんど「ブログ」の形式で投稿すれば問題ないと思います。PCからの投稿しかブログ形式を選べないのが少し玉にキズですね。

「ブログ」でできること

ブログ形式を選択するとさっそく投稿制作画面になります。

あんまり太くない太字やテキストリンクなどをはじめ、画像やファイルの挿入、ツイートや動画の埋め込み(下記を参考)が可能になりました。CSSはいじれません。フォントを大きくもできません。

埋め込み対応サービスはTwitter、YouTube、SoundCloud、Vimeo、Pawoo Music、Googleフォームとなっております

投稿の内容が完成したので公開設定に、すすみます(完成していない場合は下書き保存もできます)

 

公開設定→公開

全体公開を行うか、作成したプランの範囲の公開にするかを選ぶと公開となります。

ういす、公開となりました。

全体公開の投稿ページはGoogleにインデックスされるので、ネットで文中のワードなどを検索すると当然ヒットします。

投稿したコンテンツは「投稿管理」からいつでも内容の編集・公開プラン設定のし直しができるので、ばんばんやっていきましょう。バックナンバーも貴重な資材です。

クリエイターページの作成はここまで

とりあえず最初のスタートラインまでということで、プロフィール作成、プラン作成、短いテキストをひとつ投稿しました。

こんな感じになりましたが、プロフィール画像がデフォルトなので、やっぱり寂しいですね。活動的で華やかなトップページにしていきましょう(無責任)

だいたい二十分あれば、プランなど考えながらここまでの下準備はできると思います。

プランの金額設定だけ修正が効かない箇所だけに少し悩みどころではありますが、時間がかかるのはそこぐらいです。Twitterなどで積極的にシェアしない限り誰に見られるということもないですし。

あとは支援金を受け取るために口座の設定などが必要になってきますが、それはまた次の話。

ここからは先はお金の話。

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました