FANBOXの始め方から支払方法とか手数料とかの話

pixiv運営の月額制ファンコミュニティサービス、「pixivFANBOX(ピクシブファンボックス)」が2019年の4月で一周年となりました。と言ってる間にもうすぐ二周年。

登録ユーザーが着実に増加し、サービス規模の成長率も2500%だったみたいです(サービス規模ってなんだ?)


FANBOX公式投稿より

ロンチ直後の私は、出来たてサービスらしい不便さにイライラして「こんな投稿ツールでちゃんとファンコミュニティサービスとして地位を確立していくのか?」と不安もあったのですが、

一年と何ヶ月を経て、割りかし進化。あんとき悪く言ってごめんね。

そこで!

立ち上げ当初に触ったけど私みたいに希望が見えず放置した人
ひょっとしたら美味しい土壌なんじゃないのと期待高めに新規で始めようって人、
好きなクリエイターがFANBOXを始めたけど支援の方法がいまいち理解できてない人──。

そのあたりの人たちへ、現行のFANBOXに少し詳しくなれば何かしらの活路を生み出せるんじゃないかと、そんな与太話(と宣伝)。始めます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pixivFANBOXを始める前の基礎知識

FANBOXでは、クリエイターのもとに支援したいファンが集まります。

「支援のお礼として、文章やイラストなどのコンテンツを投稿し、ファンとの良い関係を作っていく場所づくり」というのが公式の理念/見解とされています。

FANBOXでは支援される側を「クリエイター」、支援する側を「ファン」としています

つまり、直接的に商品の売買や創作の依頼などを行う場所ではなく、あくまでも「クリエイターへの支援の窓口として機能しており、決まったペースで作品を投稿し続けないといけないといった義務(投稿の更新の義務)などはありません。

ファンが増えて、「グッズの販売も始めてみたい」とモチベーションが上がったときには、pixivが運営するBOOTHを利用すればいいでしょう。グッズの作成から販売/発送までお手軽に取り組めるので、販路としても活動の手助けになると思います。

 

少し話がそれましたが、FANBOXの特徴としては、以下の要素が挙げられます。

  • サービス利用者は全員、pixivアカウントが必要
  • プランと支援金額はクリエイターが設定し、月額制である
  • 支援者は手数料が不要
  • 支払い方法はクレジットカード、Paypal、コンビニ決済、Vプリカ、kyashなど

掻いつまんで説明していきます。

月額制の支援形式

「月額制」の支援が意味するところは「クリエイターへの継続的な支援です。継続的な、といってますが、1ヶ月で支援を停止することも可能ですし、実際に単発支援は多く発生しています。事情は様々ですが、そういったこともあるでしょう。クリエイターの技量の見せ所ですね。

継続が決まるタイミングは月初めです。月をまたぐと同時に支援の継続となり、毎月1日〜5日のどこかで請求のメールがきます。

そのときのメールがこんな感じです。

支援を停止するときは多くの方が月末を選ぶでしょうし、月の終わりは戦々恐々ですね。ははは。

投げ銭とは少しニュアンスが違う

私の求めている「投げ銭」支援──その場その場のワンショット評価的な感覚とは少しズレを感じており悩ましいところではありますが、ひとまず個人の感情は横においておきましょう。

支援のプランはクリエイターが作成する

支援プランはクリエイターが設定します。支援金の設定は、100円から10000円までの間で幅広く設定が可能です。用途に合わせて複数のプランを用意しておくのが良いでしょう。

  • おためしプラン/100円
  • 軽く応援プラン/500円
  • 熱く応援プラン/2000円
  • ハーゲンダッツ毎晩食うぜプラン/9999円

みたいな感じでしょうか。

投稿ごとに100円を払って、10つ閲覧するには10*100円で1000円かかる……というものではなく、投稿ひとつひとつをどのプランかに振り分けます。

  • 「この投稿はラフ画だから100円プランの人にも閲覧できるようにしよう」
  • 「こっちは内容も濃くてBOOTHのシークレットパスも入ってるから2000円以上の支援者限定公開にしよう」

と、こんな感じです。

もう少し踏み込んだ解説は、>>クリエイター登録編で。

FANBOXのクリエイターページの作り方、やっておいてほしいこと
クリエイター登録からページの作り方、Twitter連携やプランの説明などせっかく始めるならやっておいてほしいことを書きました

支援者は(基本的に)手数料が無料

出ました、「基本的に」

アカウントの取得も無料ですし、毎月の支援金の分だけ用意しておけば支援活動が継続できるのですが、それは支払方法をクレジットカードやPaypal決済にしている場合の話です。

コンビニ決済を行うと、クリエイター1人の支援につき100円の手数料が発生します。

多くのクリエイターを支援する場合は、コンビニ決済を避けたほうが賢明

サービス利用料はクリエイター側が負担する

FANBOXのサービス利用料は、支援金を受け取る各クリエイターが負担します。

FANBOX手数料
FANBOXのFAQより

受取申請をした総額から10%が利用料として差し引かれます。ファンが支払う支援金の10%は回りまわってFANBOX運営チームに移動している、という見方もできますね。

「クリエイターへの継続的な支援は、裏を返せばFANBOXへの継続的な支払い見えない手数料)も意味するのですが、私もオトナなので(少額しか払えないが)その辺に突っ込んだりはしません。何事もお金は必要だ。多くを気にするのは良くない。

安定した生活も夢じゃない

仮に、20人の支援者が集まり10000円プランを選択すると、その月は20万円の支援金がクリエイターの元に集まります。

集まった支援金を受け取る際に手数料10%がクリエイター側に発生しますので(2019年1月からの新ルール)、実際は200,000円の10%=20,000円がサービス利用料、加えて300円の出金手数料も負担しますので、クリエイターの手取りは「17万9700円」となります。夢がありますね。

出金先にPaypalを選択すると手数料は無料です
グッズの展開も軌道に乗れば、揺れがちな精神も安定して万々歳。頑張ってください(投げやり)

未成年でも始められる

クリエイター側・ファン側どちらも未成年でも参加OKです。ちょっと支払いの面でややこしい手順を踏むことになりますが、応援したい熱で乗り越えてください。

FANBOXを始めるには、まずはpixivに登録を

はい。主な特徴はこんな感じでしょうか。

支援するにしろ、クリエイターを目指すにしろ、まずはpixiv FANBOXにログインするためのアカウントの準備から始めないといけません。

すでにgoogle/ facebook/ Twitterのアカウントを持っているのであれば、連携ログインも可能ですので改めてpixivで作る必要はないです

で、ちょっといやらしい話をするんですが……友だち招待キャンペーンというのがありまして。

「友だち招待」を利用してクリエイター登録をする

友だち招待とは
お友だちのクリエイターをFANBOXに招待して、そのクリエイターが新規支援者を20名獲得したら、招待者とお友だち双方に5,000円分の招待ボーナスをプレゼントします!

よくある新規応援キャンペーンです。取り込みキャンペーンとも言う。

ボーナス成立の条件として、「翌月末までに20人のファンを獲得すること」とあるので、案外高い壁かもしれません。ちなみに私は、一ヶ月でファンになってくれた方が0人という記録を持っています。ガンバレ私。

あなたが有名になったときに、「○○はワシが育てた」みたいに「ワシが招待した」っていうやつをやりたいので、もしもこの記事が創出活動を始めるきっかけになったりしたのなら、ちょっとしたお気持ちをくださいな……というお誘いです。知人からすでに誘いを受けているのなら、そちらを最優先してください。切磋琢磨して仲良くやってくれ。

さあ、クリエイターを始めましょう。

「友だち招待キャンペーン」を利用してクリエイター登録する方はこちらから

お誘いを無視して、公式から登録を始める方はこちら

クリエイターのためのクリエイター登録の解説こちら↓↓

FANBOXのクリエイターページの作り方、やっておいてほしいこと
クリエイター登録からページの作り方、Twitter連携やプランの説明などせっかく始めるならやっておいてほしいことを書きました

 

では立ち位置をファン側に移し、支援方法などについての話。

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました