美味しい瞬間を届けてくれ。『ゆるキャン△』と『ラーメン大好き小泉さん』の間にあるもの

【この記事を拡めてくれたら──それはとっても嬉しいなって】

ゆるキャン△ 第1話なでしこ

いま放送中のアニメで『ラーメン大好き小泉さん』という作品がある。タイトルの通り、ラーメンが大好きな小泉さんが大好きなラーメンを食べる小泉さんにまつわるお話である。

副次的な要素はあれど、いわゆる「メシアニメ」カテゴリに含まれる作品で、その看板に偽りなく、毎回そこらじゅうで節操なくラーメンを食べている。

(○○アニメって呼称についてはきっちりとした定義は私は持ってないですが、○○が抜けると作品の持ち味が破錠しちゃうような、最低担保しておいてほしい要素のことを指してるんだと思いま。将棋アニメは将棋に言及してほしいし将棋を通して自己を見つめてほしいです。戦争映画は戦争に言及してもらわないと、みたいな。実質論は置いといてね)

かたや、キャンプアニメ『ゆるキャン△』にも毎回ではないけれどけっこうな数の食事シーン・食事描写があり、いくつかの料理がでてくる。カップ麺・坦々餃子鍋・ほうとう・スキヤキなど、ラーメン縛りの小泉さんよりもレパートリはやや広い。

そんなゆるキャン△と小泉さんの食事シーンを見比べて思う──

「『ゆるキャン△』のほうが美味しそうやな」

……これですわ。

スポンサーリンク

萩原、焦げた飯は好きか?

アニメには「売り」がある。「推し」とも言う。

例えばアイドルアニメにはかわいさの純度が求められて、
ダンスアニメにはダイナミクスが求められる。

ダンスの素晴らしさ、将棋の素晴らしさ、冒険の素晴らしさ、子育ての素晴らしさ。

そこへ来てメシアニメ(メシ描写)の鑑賞ポイントというか売りポイントは、出てくる料理が「美味そうかどうか」だと思うんすよ。

言うなれば「食」の素晴らしさ。これをいかにして純度高くお伝えできるか。

どうして小泉さんはラーメンばっかり食ってるのかってテーマを、「彼女はラーメンが好きだから」で片付けるのではなく、それくらいラーメンには愛される魅力と人々を魅了する求心力がある──ラーメンはこんなにも素晴らしい──ってことを、小泉さんというラーメンフリーク(あるいはラーメンDD)とうるさいバーターを通して描いているんだと思います。ラーメンにはやっぱりバターが合うね。やかましい。

美味しく見えてこそのメシアニメだと。

その方針でいくと、ゆるキャンよりも小泉さんのほうが美味しく映ってしかるべき(というか力を発揮してほしい)と思う一方、悔しいかな、ゆるキャン△のほうが美味しそうなんですよ、これが。サッカー部より帰宅部のほうが上手にセンタリング入れてきてる状態なんですよ。

この差は何か。

食事とは何か(デカすぎる主語)

食事シーンを目にして、「ああ、美味しそう」と思うきっかけは色々ある。

食事シーンを観るときに考えたりすることといえば

  • キャラクターのリアクション(声優の演技と画の芝居…上品か下品か)
  • 料理に対する言及の程度
  • 食事を摂るシチュエーション(時間の制約、場所、同席者、空腹度、環境は快適か…)
  • 食材のグレード/料理のビジュアル(色味や形状や量。湯気/嘘エフェクト)
  • ものは熱いのか冷たいのか。適温なのか。
  • 新鮮か。
  • 調理の過程(調理器具の質)。この料理を作ったのは誰だ。

このあたりでしょうか。

あとはその都度、フード理論のフィルターを通してみたり。

食事シーンの多い両作品の明暗を分けた、とまでいくと少し大袈裟ですが、効果として大きいかったのは、

リアクション(食べ方)、シチュエーション、湯気、調理描写による焦らし。

このへんの演出力/ディレクションじゃないかって。

「花守ゆみり&東山奈央 VS 竹達彩奈&佐倉綾音」とかは不毛な喧嘩になりそうなんでスルー。

ゆるキャンを観ながら簡単に取ったメモがこんな感じ↓


字が汚いし漢字間違ってる? それ褒め言葉ね

小泉さんは個人的にそこまでドハマらなかったので全部は観返しておらず薄味の記憶を頼りに……。1・2話とドイツ幼女の回とかを再見。

だいたいあの顔の横の長い髪は画的なウソとして成立してないよ。あんなの丼に浸かるに決まってる。ここからすでに拒否反応が起こる。例えば丼の横に髪を逃がすの入れるとか……それも厳しいか。


こんな感じで(『イノセンス』より)

小泉さんの食事はアップや横アングルの割合が多かったのはこの制約のせいかもしれない。

で、とりわけ私が好きなのは、ゆるキャン第1話のカレー麺を食うなでしこ。

ゆるキャン第一話のカレー麺

”肌寒い”じゃ済まない冬のシーズン、しかも屋外のキャンプ場……濃い湯気が物語る厳しい環境下においては暖かい食べ物のありがたみも倍増するってもんです。この湯気がなんか外気のせいかうまく画面に映えてて綺麗なんですよ。〈湯気要素〉

とくに第一話のなでしこは軽い”遭難”中でもあり、ひどい空腹状態で(後々わかる燃費の悪さ)とにかく何か入れないといけない必要性もあった。〈シチュエーション要素〉

感謝とともに食がある。
そんなときに食べるカレー麺が美味しくないわけがない。(個人の見解)

食べものを”文化”や”嗜好品”として扱わない姿勢。このあたりを体現する なでしこのがっつき具合が最高にいい。これは画作りが上手い。

サンジがピラフを出してくれたときのギンを思い出しました。あれくらいの、「いつでもマンマが食べられるのは当たり前のことじゃなかった」みたいな反省&感謝の涙は悔しいけどキますね。

演技もいい。

「美味しい!」とか言わないでひたすら咀嚼と頬張るを繰り返して、たまに「んーー♪」って悶絶するような。この「んー」がまたいいんだ。やっぱり”喋る多幸感”こと花守ゆみりはこういうの強いですよ。〈リアクション要素〉

調理描写は湯を注ぐだけでした……。

秀逸なカレー麺のシーンはBGMの功績もデカい

「いただきます」から差し込まれるBGMはこんな感じ


 以下三枚『ゆるキャン△』第1話より

1.バンジョーでリフをテケテケ[なでしこ食い始める]

2.キックやブラッシングでリズムが明確に[なでしこ汁まで口にして美味い顔をする]

3.さらにピッコロが入ってきて アンサンブル感が増す[さらにがっついて至福の表情。爆発]

早い話が、画と音の三段構え。なでしこの感情と音の盛り上がりが重なっていくんですけど、2の時点で向かえた美味しさのピークが、三段階目になってさらにがっつくことで持続長めに描かれる。カップ麺なんて最初が(最初だけが?)一番美味しいはずなのにそれがこんなにも持続する。この瞬間に私は思いましたね、「こいつは良いやつだ」って。

食材じゃないんだな。料理って。

あとはしまりんの「こいつ、美味そうに食うなあ」って台詞ですけど、観客の心はすでに「美味そうに食べる女」を充分認識していたと思うので、説明ガイド的な機能というよりは、後押しとしての働きかけが強い……ような気がする。

ラーメン大好き小泉さんの らあめん事情

基本店内で食事を摂ることになるラ泉さんも湯気は立つ。しかしこれは「できたてのラーメンなので熱い」くらいの描写としてしか機能性がない。湯気にそれ以上の機能を求めるのも酷(コク)だけど。ラーメンだけに。

環境で比較すると、
空調の整った・椅子も柔らかい・快適な空間。お金を出せばラーメンが食べられるような、手間を掛けずともラーメンが眼の前に出てくるようなそんな環境。書き方に悪意が……。

なでしこのがっつきに対して、小泉さんのがっつきってなんか下品なんですよね。(個人の見解)ジロー回の画像持ってきて言うのもなんですが。

ここ三年くらい(『幸腹グラフィティ』あたり?)でよく見るようになった過度に高揚した顔というか過度に紅潮した顔というか。

「メスの顔」から転じた「メシの顔してやがる」って言い回しそのものはなかなかいいところ突いてて好きなんですが、ビジュアル面はなんか性の匂いを感じさせるのが下品でヤなんですよ。(個人の見解)

あとはやっぱり食事の最中もムスーとしてるのが、フェスやらライブなんかで言うところの”地蔵タイプ”なんだとは察していても、「ほんとにこいつ美味いと思ってんのか?」を加速させてる。手段が目的化しちゃったというか、ラーメンを処理してる感が先行するなあと思いながら観てました。〈リアクション要素〉

あとバーターが「なにこれ」「うまーい」とよく言ってましたが、列並ぶときだけじゃなくて店内でも静かにしてほしいっすね。ラーメン屋ってのはな、もっと殺伐と(以下略

調理描写の焦らしについて

調理描写っていうのは、ジェットコースターでいう下り最速までのカタカタ昇っていってる瞬間瞬間なんですよ。

例えば『ぐるナイ(ゴチになります!)』なんかでは、料理が出てくるまでに厨房内でシェフが調理をする様子が映し出されます。

ローストビーフをやや厚めにカット、フライパンのなかへ投入、油が浮き、焼き目が付いていくさまをアップで撮る。そのあとラム酒を垂らしてフランベ、皿に盛り付け特性ソースをスプーンでスーっと引く。完成──。

みたいなのがあったとして、フランベとかをみると「これ絶対おいしいやつじゃーん」「はやくはやくー」となるじゃないですか。

これがね、カタカタ焦らしタイムです。
パブロフよろしく、口内にヨダレが分泌されていく時間。
豚まんプレスのときの鉄板に引いていくバターだったり、鍋の煮込みの待ち時間だったり。

これがあるからさらに料理に夢中になれるんじゃねえかと私は思う。

対してラーメン。調理の過程はなく完成品が(10万ドルみたいに)ポンと出てくる。そのあとに「このラーメンは馬油がいい味出してる」だの「ミドリムシが何億匹」だのとうんちく補正が始まる。(ちゃんと覚えてない)

出された瞬間が一番美味しいんだから早く食べようよ! と思いつつも、すでに下り始めたジェットコースターが二つ目の昇りにさしかかるころ、ようやく箸をつける。

大澤悠が料理を振る舞う回(第3話)では、口頭による調理説明があったものの、あそこにもう少し具材に寄りそった調理の画がついてきていたら……と思わずにいられない。私が観たかったのは食材が動くところだったのに。

『ゆるキャン△』の海外ファン△

こっちは「さんかっけー」の意味で。

第10話で、キャンプ場の相談を受けたしまりんがなでしこに返信したとあるキャンプ場ホームページのURL”asagiri-kogen.camp”(架空)なるものがありまして、これを実際に海外ファンの方が、ドメイン取得してファンサイト(ページ)として立ち上げた、と。

これがすでに二回更新されてて背景の動画がバージョンアップしてたり、ソース内のメッセージが追記されていたり。見返してもほっこりする内容です。

下のリンクでページに飛べます。(いつまで安全かは保証できませんが)

asagiri-kogen.camp

【参照リンク】

アニメ『ラーメン大好き小泉さん』公式サイト

アニメ『ゆるキャン△』公式サイト

『ゆるキャン△』ファンサイト

by カエレバ

【この記事を拡めてくれたら──それはとっても嬉しいなって】

スポンサーリンク