【映画】『ザ・レイド GOKUDO』観る

映画の話

公開時に観に行けなくて随分時間が経ちましたが、ようやくレンタルにて鑑賞。

最強格闘技シラットと美しい身体の動かし方と迫力満点のカメラ。アクション映画の金字塔『ザ・レイド』が帰ってきました。

今回は続編『ザ・レイド GOKUDO』の感想話。GOKUDOは日本用のタイトルで原題は『the RAID2: Berandal』です。ならずものといった意味合いのよう。

〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉

格闘アクションをアップデートした『ザ・レイド』

主人公含むSWATの精鋭が、麻薬王が立てこもってるマンションビルの制圧に向かう。手下がもう危ない連中ばっかりで、バンバン味方とかやられちゃっていくなか『ザ・ロック』的に孤軍奮闘していくようなお話。

そんなん立てこもってるマンション空爆したら一発で終わりやがな、なんて言うなかれ。一般人も住んでるから静かに制圧しにいくの! 設定にこまけえこたあいいんだよ!

オーラあふれる予告編をどうぞ。

映画『ザ・レイド』予告編

『ザ・レイド』はインドネシアの映画なのですが、これがもう よだれものの面白さ痛快さ(ほんとに痛そう)なんです。接近戦まみれの人体アクション映画が好き、大げさな銃器の出てこないタイプのアクションが好きな方にはぜひオススメしたい。

ここで登場するシラットという格闘技がまあかっこいい。ブルース・リーよりトニー・ジャーよりグッと来た。

というのが、無印を観たときの私の所感。

初代は超えてない、かなあ

正直なところ、さっきGOKUDOのほうを観終わって、改めて脳内比較したときに「1を超えてないなあ」と思いました。つまらなくはなかったんだけど、1の打ち立てた金字塔アクションのハードルが高かったのか、減点ポイントがちらついてそんな評価になりました。

アクション自体は見どころがあったので、どちらかといえば話の筋のほうですかね、減点対象になったのは。

2があまりハマらなかったところ、ざっくりと箇条書きに。

  • 時間が長い
  • 画面の明るさ
  • 潜入捜査官の動かし方
  • キャラの濃さ
  • 日本ヤクザ絡まないのかよ

時間が長い

前作が100分の間、ほぼ全力走り抜けのトライアスロン型だったのに対し、今回は140分でアクションシーンが少ないわけじゃないですが、合間合間に挟まれるマフィアらしさのやりとり(取り立てとか川に沈めるとか)がいまいち緊張感のないもので、「こっちはアクションかゴア処刑を待ってるんだけどなあ」なんて気持ちに。緩急というには停滞具合がなんとも。ドラマ成分に時間を割いてしまったのだと思います。

画面の明るさ

無印はマンションをひたすら登っていく話で、このマンションが廃墟ふうというか寒色系に湿っててボロボロなんですよ。家賃もでら安そうな。こんなとこに住んでるなんてやばいやつに決まってるじゃないですか(偏見

加えてその地域特有のものかわかりませんが、雨が降っててどよーんとした陰鬱な雰囲気のなかろくに光もささない暗い廊下と階段を登っていく。高級ホテルの半分くらいしかない狭い幅の廊下でそんな奴らと鉈vs拳で対峙する。この狭さも閉塞感があってピリッと緊張感が出ていたのが無印のいいポイント。舞台もほとんどマンション内に限定されている。

対して「GOKUDO」では、潜入捜査官としてマフィアの仲間入りをしてマフィアと繋がっている汚職刑事を検挙する、という名目でいろいろと舞台が動きます。街にも出ます。

「GOKUDO」の予告編もどうぞ。

映画『ザ・レイド GOKUDO』予告編

ヤヤン・ルヒアンさん(このシリーズのアクション監修の方)がナイフの殺し屋(1とは別人の役)として再登場してちょっと興奮しました。仁義なき戦い方式だー、なんて。

 

無印予告編に比べて2は画面が明るいんですよ。昼間にドライブなんかしちゃって。

なつ「それはいいじゃん」

なんというか孤立感がないんですよね、マフィアの中に潜入捜査しているわけだから、ライオンの小屋に放たれたウサギみたいに味方はいないわけなんですが、どうも危機感に同調できない。

そのほかにも戦う舞台が、クラブ、あばら家っぽい食堂、厨房、電車の中、公道、刑務所のトイレ、刑務所の広場(どろんこ大運動会)マフィア事務所、裏ビデオ撮影所、等々。色々と移動があるわけです。しかもほとんどが綺麗で明るい。清潔。

なんとゆうかダーティさが薄い。アーシーさとでも言いましょうか。やっぱりマフィアってのはスーツ決め込んでガンをぶっ放すもんだろ? って方向性なのかな。

なつ「ガン?」

『ザ・レイド GOKUDO』より
『ザ・レイド GOKUDO』より

この距離で連弾ぶっ放す93R。バイクの兄ちゃんかわいそう。

潜入捜査のおいしさ

ラマ(主人公)はマフィアに潜入捜査に入るために、マフィアのボスの息子が服役している刑務所に入っていきます。で、2年後(二年後!?)に出所して首尾よくマフィアの軍門をくぐるようなお話の入り。

ラマが、潜入捜査官なのは視聴者もわかってる。こういう場合って”実は捜査官でした”がバレないかどうか、のハラハラシーンが挟まったりすると緊張が保てるようなもんだと思うんですよ。ボスがカマかけてきたり、見つかったらタダじゃすまないぞ的な見せしめがあったり。『インファナル・アフェア』とか『エレクション』はそういうのあったじゃないですか。

そういうのがない。最初の盗聴器を外すくらい。

けっこう自由に動いてるのも「案外こんなものなのか?」なんて。用心深くないぞこのおっちゃん。

ラマが必要以上に相手を痛めつけて心苦しそうにするシーンなんかは好きなんですけどね。

そして、エカの「ここがお前の部屋だ」のあたりの台詞の翻訳。あれ、どうにかならなかったのかあなあ。後半の展開に支障が出てるんだけど。

キャラの濃さ

今回、敵の陣営に殺し屋が三人登場するんですが、この三人がなんというかコミックキャラだなあと。キラーマスターとハンマーガールとベースボールバットマンって名前なんですが。

なんだか『刃牙』の最凶死刑囚編がちらつきましたね。
あー、ドイルっぽいなこの人、みたいな。

あんまりキャラっぽいのは真剣味を削ぐような気がしたな。ハンマーガールの「あっ、ハンマー持ってかなきゃ」はかわいい。

日本ヤクザ絡まないのかよ

これが予告編詐欺の最大のポイントですかね。三つ巴かと思いきや……何もないだとぉ!?

あんまり言うとネタバレかもしれないのでこのへんで。「1人対1000人!!」みたいなこと言ってたくせにどこにそんだけいたのかと。

カメラが相変わらずいい

シラットのアクションもさることながら親和性の高さを見せるカメラも気合入ってる印象でした。カメラ職人のワザに魅せられましたなカット。

いいなあ。ローラースケート履いて撮影したんだろうか。

総評と不満点

ザ・レイドのシリーズの売りが私のなかでわからなくなってしまった。もちろんシラットだけしていればいい映画、なわけじゃないんだけども。無印とは少し味付けを変えているのだ、と思って観るのがたぶん正解。

シリーズ通してのシラットはマジにかっこいいので(ガン=カタ級のエポックアクションかと)まずは1から観てみるべし(なにい

Amazon.co.jp | ザ・レイド Blu-ray Prime Video・ブルーレイ - イコ・ウワイス, ヤヤン・ルヒアン, ジョー・タスリム, ドニ・アラムシャ, レイ・サヘタピー, ギャレス・エヴァンス
Amazon.co.jp | ザ・レイド Blu-ray Prime Video・ブルーレイ - イコ・ウワイス, ヤヤン・ルヒアン, ジョー・タスリム, ドニ・アラムシャ, レイ・サヘタピー, ギャレス・エヴァンス
Amazon.co.jp: ザ・レイド GOKUDO(字幕版)を観る | Prime Video
マンションでの壮絶な戦いを生き残ったラマは、上司から警察内部にはびこる汚職の全貌を知らされる。 この街は警察上層部を取り込むインドネシアマフィアと、後藤が率いる日本ヤクザの停戦協定の上で、なんとか平穏を保っていた。上司はラマに残りの汚職経験を一掃するため、摘発チームの仲間に加わるように要請する。 そして同じころラマは、...

 

映画の話
〈スポンサーリンク〉
〈スポンサーリンク〉
〈与太話も楽しんでもらえたなら幸いです。ネットの世界に拡めていただけるともっと幸いです〉
おりあに劇場

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました