【アニメ】『スクールガールストライカーズ』第2話における室内のイマジナリーライン跨ぎ

スクールガールストライカーズ2話アニメ演出・分析

冬クールの変わり目になってようやく『スクールガールストライカーズ(以下 SGS)を追っかけ始めました。第3話まで観ました。サントラがなかなかいい。五拍子のやつ。

これはあれですね、遠くない未来にスロットの実機か何かになるやつですね。いつなるかって言われるとわかりませんが、利根川方式で言い切ります。(いつか)絶対になる」

いい沢城みゆきがいる。沢城みゆきの声でも好きな声域かつ好みのキャラクター。

バレーに向いてなさそうな体躯含めて、ぐへへ。

沢城みゆきの”艶やかな女性A”系の演技はあんまり好きじゃないんですよ。不二子とかシンフォギアの博士(?)のような。そっち系よりは、神原駿河のような”清純”さこそが沢城みゆきの真骨頂なんじゃないかと私は思いますね。

……。

イマジナリーラインの話しましょ。

││スポンサーリンク││
││スポンサーリンク││

イマジナリーライン”跨ぎ”について私なりの考え

イマジナリーライン
『パプリカ』より

イマジナリーラインとは? なんてのは今更こと細かく書かない。興味ないかもしれないし、時間が惜しい。

イマジナリーライン(通称I.L)について詳しく知りたい奇特な方々には、らしくもなく頑張ったこちらの記事を読んでください。

イマジナリーラインを守るとき、越えるとき
映像作品におけるイマジナリーライン超えの効果について考える

「跨ぐ」と言ったり「超える」と言ったり、同じ意味です。

個人的な前提のようなものだけ挙げておくと、

  • I.Lを跨ぐ・越えると、観客は多少なりともショック(衝撃や驚き)を受ける
  • 観客は常にI.Lのこちら側にいるので、(普段は)”跨ぐ”という行為は意識の外にある

このふたつです。これは定義などのそれとは別のもの。ルール?いえ、マナーです。
跨ぐことの是非は説いてません。

要約すると「観客がスムーズに物語を見進めるため」のひとつの作法が確立、映像作成の前提/基本──いわば枠や型のようなものとしてイマジナリーラインの制限というものが認知された。そして発展を目指しての常套手段、基本のぶっ壊しがなされた。それがI.L跨ぎ。

結局のところ、映像にしろ音響にしろ文章にしろ演技にしろ、観客それぞれが「かっこいい」「かっこよくない」か、どう思うかの判断でしかないところに行き着く運命なのかもしれない。悲しいかな。

SGSの第2話におけるイマジナリーライン越え

うえで言ったように、効果として気持ち良いのかどうかの判断になることが多い。
無駄かどうかとも言えそう。

で、当該シーン。

第2話、美山椿芽の部屋に夜木沼伊緒がトレーンングのスケジュールの提案持ってくるシーンです。物語が始まって初めて椿芽の部屋が出てくるシーンでもある(これ重要)。

スクールガールストライカーズ2話
『スクールガールストライカーズ』第2話より

まず俯瞰の画。

奥のカーテンと机がわずかにフレームインしているけど、やっぱり真っ先に目が行くのは椿芽、ベッド、つまり画面右の方向でしょう。光源も右側にありますし。部屋の全体像までは見通せなくてまだなにも把握できない。狙ってのものと思われる。

スクールガールストライカーズ2話
『スクールガールストライカーズ』第2話より

 

椿芽寄りのカットになってノック音が鳴る

スクールガールストライカーズ2話
『スクールガールストライカーズ』第2話より

 

椿芽が左からドアに近づいていって伊緒登場↑

スクールガールストライカーズ2話

カメラが伊緒側に回る。ここでもソファは映らない。


ここです。いま跨ぎました。

スクールガールストライカーズ2話

この二枚のカット切り替えの間に、カメラはイマジナリーラインを跨いで右側に行ったんです。

 

イマジナリーライン6
イマジナリーラインを書くとこんな感じ?

普通は、位置関係はそのままでソファに腰掛けるか、立ち位置の交換をカメラに映すのがセオリーです。が、二人の位置関係が変わる(交わる)動きが一切なく、唐突に玄関からソファに移動する。
私の感覚では客人を部屋の奥には置かないからこの構図は受け入れがたい……。そこも引っかかった理由です。

イマジナリーライン想定

椿芽伊緒はカメラ位置と方向。下から上に移動します。

観客の頭のなかではこういう部屋のイメージができあがると。部屋の全体の描写がないから広さも家具の配置もわからない。ゆえに効果(勘違い)があったのかと。

そうして訓練の話が進み伊緒が部屋を出ようとすると、あらぬ方向に伊緒が歩きだす。

スクールガールストライカーズ2話

「そっち部屋の奥ちゃうんかい!?」「どこいくねん」

──と心中つっこみをつかの間入れそうになるのだが、すぐに奥のカーテンも映り「あ、そうか」と気づく。伊緒のスタイルやっぱりええな。

イマジナリーライン5の実際

実際の二人の動きとカメラはこうなっていた

この位置のソファに違和感なく座らせるなら、①伊緒が座るところまでカメラで追う②ソファに座ってるときに俯瞰あるいは大きい引きでベッドなどとの位置関係を示す③二人の位置関係が交差する瞬間を撮る、などいくらでも方法はあるでしょう。

「カメラから見て」の考え方で補足

スクールガールストライカーズ2話

左が部屋の奥、右が玄関だったのが……

スクールガールストライカーズ2話

左が玄関、が部屋の奥になっている。

 

このあとは二人の間にカメラが入って、リバースショットで収束。いいね!

スクールガールストライカーズ2話 スクールガールストライカーズ2話

以上、第2話のイマジナリーライン絡みのシーンでした。

『スクールガールストライカーズ』第2話

脚本:吉岡たかを

絵コンテ・脚本:錦織 博 演出:橋本 敏一

第1話に続いて錦織氏のコンテでした。

第1話、図書室での怪談のくだりでも立ち位置が変わったりカメラがころころ移動したり、森田芳光ワールドみたいでしたけど錦織氏のクセなんでしょうか。

 

話は逸れますが、ちょっと『パプリカ』のホテルっぽさありましたね。そんなことない?

U-NEXTでパプリカを視聴する

パプリカはマスト視聴()ですよ。

スクールガールストライカーズ、継続

あんまり立ち位置とか向きとか気にしない人が動画を撮ると、イマジナリーラインが食い違って話として繋がらなくなってしまったり。違和感はあるんだけど原因はわからない……みたいな困ったことになるのはよくあることです(何を偉そうに

さきほども言いましたが、かっこいいかどうか、無駄に混乱させているだけで終わってないかが重要なんだと思います。

騙される心地よさがその”跨ぎ”にはあるのかどうか。

ミスってI.Lを越えてしまったのか、ギミックとして越えたのかは難しいところで、最初は「おい!! 体鍛えるってレベルじゃねーぞ」なんて貶してやろうかなって下心があったんですが、この記事書いているうちになんだか好きになってきました。光源の扱い方からしてどうやら作為的ですし(俯瞰-伊緒が訪ねてきたカットでソファの横のランプを隠しているあたりで推測)

お話は別段面白くはない

この伊緒との会話シーンにおいても、「でも」を二文の間で二回しかも同じトーンで使っちゃうってのが、どうなんだっていう。どうなんだっていうか、ダメだろ!」を遠回しな表現で言ってみただけですが。

お話の流れとそれにつながってくる会話、それとは関係ないけど楽しい会話のバランスがひっちゃかめっちゃか。私はいま何を魅せられているんだろうか? って気持ちがぽんぽん浮かんでくる。

今のところの見どころはOP冒頭のユニフォーム姿の伊緒のバウンスですね。
あれはみんな観たほうがいい。餓狼伝説2がしたくなる。

まあまだ三話ですしおすし。これから楽しくなってくるといいなあ。

おしまい。

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください

関連リンク

スクールガールストライカーズ公式サイト

U-NEXTの31日間無料トライアルでアニメを観ましょう

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました