[PR]
[PR]

悲しみのインスタント1

ブログのテーマ(構築システムのようなもの)を変えたので、テストがてら愚痴テキストを書こう。


こんなに狭い観測範囲のなかでも悲しいできごとは尽きないもので……。ブログの継続に支障が出ている。主に精神面に。

筆が走り出せばあとは早いタイプでもないし、重い腰はとにかく重いし、結果、始めるのが遅く動き出しても遅いというTHE凡人どころに収まっている。

なのでなので、とにかくリハビリも兼ねて硬くなった指を動かしているいま現在です。一ヶ月の放置は予想以上に自分に返ってきてて唖然としてます。日記のつもりで内向きに生産性の低い暗い話を書いていこうかなと考えてます。

悲しいことムカつくことは吐き出すのが吉。吐き出してなるべく忘れよう──こう書くと、偶然でも読まされた周りは迷惑でしかない、なかなかの傍若無人っぷりだけども、こうなったら細かいことは気にしないぞ。あとで笑い話にしよう。な。

で、最近の自分。

あまり言わないでおこうと心に留めて置いたんですけど、
どうもTwitterに毒されているようである

軽く依存している自覚が出てきてるしTwitterを開く機会が増えた。十回に九回は開いたところで通知も何もないのに。ほんとに世界と繋がってるのか、これ。監視ツールとして使いたいわけじゃないぞ。

色んな人の意見とか考えとかに触れれるのはまあいいとしても、余りあるマイナス要素に精神が音を上げている。

Twitterが嫌いになっている。Twitterにいる人間が嫌いに(ry

要はTwitterムカつくんだよって話である。Twitterにムカついてブログに力が入らない。嫉妬と八つ当たりで疲弊するなんて。

 

先日、『TO BE HEROINE』についての記事を書きました。

音響からの影響などをはじめ、日本版と原語版に差があるので原語版も観てみよう──なんて内容でした。

『TO BE HEROINE』の原語版も観てくれ
『TO BE HEROINE』がなかなか面白い

それが日本版のヒロイン:二葉を演じている声優さんに見つかってしまい、Twitterにて軽めに言及されてしまいまして。いいねとか本人のTL内でのツイートとか……。どちらかというと日本版サゲな方向でもあったんですけど、好意的に受け止めていただきありがとうございました。

で、そこまでは久々の新鮮フレッシュな経験に浮足立てて、よかったんです。

こんなにフォロワーがいるような人(6桁!)に紹介されたらそりゃゴイスーな訪問者が来ちゃうんじゃねえか、契約してる中級サーバじゃ手に負えないんじゃねえか、マズイなあ……ウェヒヒ。

そういう下心があったんですけどね、いつもどおりの訪問者数を描いたグラフを目の当たりにしてなんだか悲しくなってしまいました。120いいねってことは少なくとも120人は読みに来てくれたんじゃないんですか? 違うのかい?

フォロワーってなんなんだろうなとか、「いいね!」を押すのと紹介記事を見に行くのは別リソースなんだとか……、私の思っていたTwitterの使い方とは乖離が激しくて、Twitter始めたての悩みベストスリーみたいなことに今更ながら心をズダズダにやられてしまったわけである。いいね、じゃなくて、「あとで読む」とか「ピックアップ」なんてボタンだったらこんなに苦しむこともなかった。

これがどういうわけか一ヶ月くらい引きずる結果になりました。先週くらいにこれを言い訳に更新をサボりたがってる自分も見つかり、忘れ去る方向にシフトチェンジしている最中です。

 

たまに女性声優や若い歌手やアイドルが深夜の2時くらいに「だし巻き」とだけ呟いて、ものの30分で600いいね くらい付いて、「あー! 生産性ねえな! そんなものにいいねしてなんになるんだよ!!」と一人でブチギレることがよくあるんですが、(そんなとこで生産性について考えるなら明日の生産性のために早く寝ろって話ですが)

彼ら彼女らにとっちゃあ、そのときつぶやいた内容とか実際のところどうでもよくて、その人が発言したら即いいねを押しちゃうタイプの、まあ受け止め方次第では「温かい人」が一定数いるのだなあと。そういうのを間近で見られた驚き。嬉しくはない。これ以上は自分にも返ってくるので口を慎もう。

 

書いたら整理がつくと思ったけど、やっぱり嫉妬でしかないですねこれ。よく知らないくせにその人を見下す悪い癖も治ってないし。

そろそろまともな話をするぞ。「生産性の高い」話を。

コメント(承認制)