外に出ていけないので引き篭もり映画を観ましょう

LIMIT 映画映画の感想文

飛び交う情報や噂話、今日はじめて知った人(しかもよく知らない人)の怒りなどに感情を振り回されて、私はもう疲れました。

ディスプレイの向こうにほんとに人がいるかなんて、真面目に話してるかなんてわからないんだから、「箱がなんか喋ってんなあ」くらいでちょうどいい。

むしろ「自分の部屋に帰らせてもらう!」宣言してずっと引き篭もってたいくらいです。平日は厳しいですが、せめて週末くらいは、週末の夜くらいはゆっくり映画でも観てリフレッシュしましょう。

では、引きこもり映画特集(軽め)、始めます。

││スポンサーリンク││

おすすめ映画その1『CUBE』

男女六人が箱(CUBE)の中に引きこもります。

よせばいいのに外に出ようとするもんだから、残忍な罠が彼らの命を狙います。

危険が迫っているように見えても、下手に動かないでじっとしていればよい、という教訓が得られます。少しグロい描写もありますが、いまなお語られる傑作です。

キューブ(字幕版)- 予告編

Amazonプライムビデオは観られなくなってますね……。U-NEXTなら置いてます。

おすすめ映画その2『パニックルーム』

親子が引っ越す新居を探していると、引きこもりにお誂え向きの秘密部屋のついた家とめぐりあいます。さあ、今晩から引き篭るぞとワクワクしていると強盗が家に侵入してきて、一緒に引きこもったり鬼ごっこしたりの一夜を過ごします。フォレスト・ウィテカーさんが出演しています。

パニック・ルーム – 予告編

こちらもAmazonプライムビデオではレンタルに。U-NEXTにはあります。

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

おすすめ映画その3『オールド・ボーイ』

娘の誕生日、家に帰る途中、男は部屋で引きこもる固い決心をします。しかし、15年引き篭もりを続けていたところにある男(B)が介入し、男を部屋の外に出します。「なぜ出したんだ!?」と怒り、復讐を始めます。タコにむしゃぶりつくシーンがGOOD。

オールド・ボーイ(字幕版)(プレビュー)

Amazonプライムビデオにあります。

おすすめ映画その4『[LIMIT]』

映画が始まると(目が覚めると)寝返るのも一苦労するような箱の中で引き篭もっています。ひきこもるまでの描写とか外との対比とか一切なしです。新しい。

人は引き篭もり続けるとどうなるのか、『スーパーサイズ・ミー』的な試み映画かと思いきや、シニカルな指摘も含んでいて、「自分がどこにいるかは重要ではない。このスマートフォンがひとつあれば、自分は世界のどこにでも繋がっているのだ(まだ地上で消費してんの?)というオンラインがもたらした叡智と奢り、翻ってオフラインの大切さ温かみを噛みしめることが出来ます。VR埋葬。

映画『[リミット]』予告編

Amazonプライムビデオにあります。これを紹介したいがためにここまで書いたといっても過言じゃありません。なので、お暇なら(あくまで”お暇なら”)鑑賞していただきたい。

悲喜こもごもの多忙な日々

もうお気づきかと思いますが、紹介したあらすじはすべて歪んでいます。『ファニーゲーム USA』や『ダンサー・イン・ザ・ダーク』をハートフルに紹介するネタっぽく書いてみましたが、とてもむずかしいことがわかりました。

変な照れを捨てて、『サムサッカー』とか『十五才 学校Ⅳ』とかを紹介すればPVの伸びも良かったのでしょう。2本とも面白いので、当然おすすめできるはできる。

ほんとに『[LIMIT]』だけ鑑賞してもらえたら、そしてつまんねえじゃんかと言ってもらえたら満足です。

まあ、世のムードは暗く先行きは当面不透明ですが、一人になって落ち着いていきましょう。

おしまい。

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました