Amazonプライムデーの前哨戦その1。注目のキャンペーンまとめと関連記事

Amazon,プライムデー,2022Amazon

2022年のAmazonプライムデー情報が公開されました。7月12日と13日の開催です。

今回の記事はプライムデーが始まるまでに参加できるものを中心に書いています。タイトル通り、「プライムデー前哨戦」という位置づけです。プライムデー当日はプライムデーに集中できる環境をつくっておきたいのです。

お祭りが始まる前に、プライムデーに参加するしないに関わらず認知だけはしておかないと後悔しそうなキャンペーンをピックアップしました。

Amazonプライムデー,キャンペーン,まとめ,ギフト券

サブスク系のキャンペーン、ギフト券のキャンペーン、スタンプラリー、中小企業応援キャンペーンなど乱立したイベントをスケジューリングして整理しました。赤いマーカがプライムデーの2日間です。

その他は先日公開されたキャンペーンもろもろ。字が小さくてガントチャートとして機能してないですね。

ちょっと拡大。こういうキャンペーンが現在展開中、なんですな。

Amazonプライムデー,キャンペーン,まとめ,ギフト券 Amazonプライムデー,キャンペーン,まとめ,ギフト券 Amazonプライムデー,キャンペーン,まとめ,ギフト券

とまあ、プライムデー前哨戦としてけっこう大型なキャンペーンがすでに始まっているわけです。私もAudible3ヶ月無料体験とAmazon music Unlimitedに乗っかりました(music Unlimitedはカムバック組ですが)。

しかし、本番はなんといっても7/12・13日。

「川を渡って宿を取れ」ではないですが、片が付けられるものは先に済ましておくのが賢明です。

スケジューリングの補足説明が6割方しか出来上がってませんが(つまり未完成)、ひとまずプライムデー本番の前にやっておくと少しでもオトクになるキャンペーンのことから書いていくつもりです。全部のキャンペーンがきっちり説明を要するものでもないですしね。kindle70%OFFセールなんかは、「kindle本がいま安いから『プロジェクト・ヘイル・メアリー』買いましょう」くらいしか言えない。

7月初めには記事全体を完成させたい。

では、始めます。

││スポンサーリンク││

【プライムデー企画1】スタンプラリー 最大50,000ポイントが当たる

プライムデー企画その1。スタンプラリーキャンペーン。

Amazon,プライムデー,スタンプラリー,細則,キャンペーン

プライムスタンプラリーキャンペーンのトップから本キャンペーンにエントリー後、5つあるミッションをクリアしてスタンプを集めると、①ポイント抽選②Amazonデバイスのプレゼント抽選が受けられます。Mrs.GREEN APPLEのライブチケットも懸賞品にありました。

参加資格はプライム会員限定のキャンペーンですが、いまからプライム会員に新規登録しても参加資格は得られます。ぜひどうぞ。

クリアするミッションは以下の5つ。

  1. ポイントアップキャンペーンにエントリーする[7/13までに]
  2. Amazonプライム配送特典の対象商品を購入する
  3. Prime Videoの会員特典対象商品を観る
  4. Prime Readingを読む
  5. Amazon music Primeを聴く[7/11までに]

それぞれ簡単に見ていきましょう。

5つのミッションでスタンプを集めよう

Amazon,プライムデー,スタンプラリー,細則

スタンプ1。ポイントアップキャンペーンにエントリーする。これだけ。

プライムデーに参加する方は当然事前にポイントアップキャンペーンにエントリーするものだと思います。エントリーしないで1万円以上買い物をしたら損しますよ。

商品購入後でも間に合うので、13日の23:59にプライムデーが終了するまでにポイントアップキャンペーンページでエントリーを済ませましょう。

プライム配送特典の対象商品を購入する

スタンプ2。Amazonプライム配送特典の対象商品を購入する。

「プライム配送特典」というのは、商品ページでプライムのロゴが表示されている商品のことです。Amazon倉庫から出荷される商品にはこのロゴマークがつきます。

Amazon,プライム配送,マーク,探し方

サイドバーでカテゴリを絞るときにチェックを入れることもできます。

Amazon,プライム配送,マーク,探し方

Amazonギフト券の配送タイプでもミッションクリアできます

スタンプ2のミッションに関しては、後述する別のキャンペーン──「Amazonギフト券を贈って最大1,000ポイントをもらおう」のキーアイテムである配送タイプのAmazonギフト券を注文するのがおすすめです。配送タイプ(5000円)を購入するとスタンプ2のミッションはクリアとなります。

2つのキャンペーンを1回の買い物でこなせ、自分はひょっとすると買い物上手なんじゃないかと錯覚できて、お得です。

プライムデーの買い物も対象

プライムデー当日にプライム配送特典の対象商品を購入する予定があるんだ、という方は、購入そのものは12日・13日に後回ししてもOKです。

購入する商品がプライム配送の商品かだけチェックするのを忘れずに。

残りの3つはAmazon配信サービス再生ミッションです

Amazon,プライムデー,スタンプラリー,細則

残りのスタンプは

  1. Prime Videoの会員特典対象商品を観る
  2. Prime Readingを読む
  3. Amazon music Primeを聴く

の3つでした。

3つのサービスで展開中の作品にアクセスするだけでクリアです。映画を1本まるまる観なくても大丈夫。

どーせ当たらんだろう、とは思いつつも3つ合わせて20クリック・1分半の作業でスタンプラリーは完了するので、せっかくですしパパっと終わらしましょう。

最近面白かった映画は『アオラレ』です。プライム見放題でウォッチできます。プライムデーまでに時間を作ってまったり観ませんか?

スタンプをすべて集めなくても抽選に応募できそうな……?

余談。

キャンペーンページのトップには、「キャンペーン中に5つのスタンプをすべて集めると、10人に1人に抽選で最大50,000ポイントが当たります(原文ママ」と書いています。

Amazon,プライムデー,スタンプラリー,細則

しかし、キャンペーン細則にはこんなことも書いています(テキストをコピーできなかったので、画像を引用します)。

Amazon,プライムデー,キャンペーン,スタンプラリー,細則

見てもらいたいのは4.の要項です。

「なお、こちらのページにアクセスすることで、スタンプを集めなくとも①ポイント抽選の抽選にのみ応募いただくことが可能です」

この要項に書いてある「こちら」のリンクを進むと、エントリーページっぽいものが表示されます。

Amazon,プライムデー,キャンペーン,スタンプラリー,細則
スタンプラリーキャンペーンのエントリーページより

私はトップページのエントリーボタンでエントリーしていたあとだったので、こんなふうに質素に表示されているのかもしれません。

ともかく、細則を読む限り、「すべてのスタンプを集めなくても”50,000ポイントの抽選”が受けられる」と書いているようですし、ということはつまり、2,000円の買い物(スタンプ2の達成)をしなくてもポイント抽選に参加できるのではないか……。タダ受けが可能なのかしら?

まあ、すでにギフト券を購入しているうえに、結局はプライムデーでそれなりの買い物をする予定なので優先度の低い情報なのですが。今回のセールで買い物する予定はないけどポイント抽選は受けときたい、という方はこちらでエントリーしてみるのも一興。細則を読み間違えていたらごめんなさいね。

 

ポイントをまとめると、

  • 7/11までにスタンプラリーキャンペーンへのエントリーを済ませる
  • ポイントアップキャンペーンへのエントリーも済ませる
  • プライム配送特典の対象商品はAmazonギフト券「配送タイプ」でもOK

こんな感じでしょうか。

次行こう、次。

【プライムデー企画2】Amazonギフト券を贈って1,000ポイントもらおう

プライムデー企画その2。

「最大1,000ポイント お誕生日やお礼にギフト券を贈ろう」キャンペーンです。

  • 対象者:プライム会員
  • 最低必要費用:5000円
  • 概要①:5000円のギフト券「配送タイプ」購入で500ポイント付与
  • 概要②:ギフト券を誰かに贈って登録されたらさらに500ポイント付与

商品券,Amazonギフト券,配送タイプ,キャンペーン,贈る

商品券,Amazonギフト券,配送タイプ,キャンペーン,贈る
「最大1,000ポイント お誕生日やお礼に、にギフト券を贈ろう」キャンペーンより

このキャンペーンは、STEP1とSTEP2のふたつに分かれています。各キャンペーンの条件達成で500ポイントずつもらえるようになってます。

元本保証でSTEP2をクリアするには協力者が必要です

参加するうえで気をつけたいのは、5000円以上の「配送タイプ」のAmazonギフト券を購入しないと条件達成にならない点です。

Amazonギフト券の「配送タイプ」とは

Amazonギフト券の形態にはいくつかタイプがあります。

  • ギフト券チャージタイプ
  • ギフト券E-メールタイプ
  • ギフト券配送タイプ(←今回の対象はこれ)

チャージタイプやEメールタイプは電子処理のみで完了するかんたん仕様なのですが、「配送タイプ」は物理的なアイテムの発送をともないます。

たとえば配送タイプのなかに「ボックスタイプ」というのがありますが、これを注文すると、画像のような小洒落た箱が届きます。

Amazonギフト券,ボックスタイプ,配送タイプ Amazonギフト券,ボックスタイプ,配送タイプ Amazonギフト券,ボックスタイプ,配送タイプ Amazonギフト券,ボックスタイプ,配送タイプ

このカードにはギフト券番号が記載されていて、このギフト券番号をAmazonギフト券をチャージするのページで入力すれば自身のAmazonギフト券残高に加算されます。

Amazonギフト券,アカウントにチャージ,登録

こういった物理的なアイテムを経由するのが「配送タイプ」です。その他にも「封筒タイプ」「商品券タイプ」など多数バリエーションがあります。

Amazonギフト券「配送タイプ」一覧を見る

STEP1:5000円以上のAmazonギフト券「配送タイプ」を購入する

まず、プライム会員なら誰でも参加できそうなSTEP1から見ていきましょう。

自分で購入した分のAmazonギフト券がそのままアカウントに加算されるだけなので、注文と登録作業だけで500ptが手に入ります。

商品券,Amazonギフト券,配送タイプ,キャンペーン,贈る

STEP1の流れをおさらい。

  1. 5000円分のAmazonギフト券「配送タイプ」を購入
  2. Amazonギフト券が届く
  3. 自分のアカウントにギフトコード番号を登録する
  4. Amazonギフト券残高が5000円増える

これで9月に500ポイントが進呈されます。

STEP2:ギフト券を贈る or 贈りあう

続いてSTEP2。

STEP2の条件は「自分以外の誰かのアカウントにギフト券番号が登録されること」となっています。

つまり、STEP1の手順3で自分のアカウントに登録していたのを、別の誰かのアカウントに登録することになります。

Amazonギフト券,配送タイプ,キャンペーン,贈る

贈った相手のギフトコード番号の登録が確認されたら、2023年1月ごろにあなたのアカウントに500ポイントが付与されます。

POINT:家族や友人と贈りあってお互いにポイントを獲得する

しかし、STEP2をそのまま実直に実行すると、トータル的に4000円のマイナスです。感謝の気持ちが返ってくるだろうって? 面白い冗談を言いますね。

そこで、同じような考えを持つ協力者を立てます。友人や家族でOK。

商品券,Amazonギフト券,配送タイプ,キャンペーン,贈る

手持ちのアカウントA・Bを巧みに活用する人もいそうですが、親方に目をつけられてもいいことないので、家族か知人か”信頼できるフォロワー”に協力を仰ぎましょう。

要するに、同じ額のギフト券を購入して贈ってくれる協力者が必要なのです。

肝心なのは、送り合うことです。それぞれが5000円のギフト券を購入し、ギフト券を贈り合えば、5000円分のAmazonギフト券と1000ポイントが獲得できるのです。

贈り合いに理解を示してくれる人を見つけましょう。めんどくさがる人が多いのでなかなか見つからない。

送り先住所を知らない同士でも可能である

基本は対面での手渡しか、相手先の住所に届く「ギフト注文」を想定しているキャンペーンだと思うのですが、協力者の住所(送り先)がわからない場合もあります。

実際のところ、ギフトコード番号を登録してもらう際に、物理的なカードが相手の手元にある必要は必ずしもありません。ギフトコード番号だけ教えあう、画像を送りあうという方法も可能です。

”協力する相手を信頼できるのであれば”、ネットでしか繋がっていないフォロワーとでも無理ではありません。

ギフトコードの番号教えろ系のネットを利用した詐欺が絶えず横行しているのはご存知だと思います。本当に信頼できる関係を持った相手と内々にやりましょう。ネットにコード番号をむやみやたらに公開しないこと! 公開すると後悔するぞ!

そんなこんなで、コード番号を教え合い、協力者が購入したギフトカードをアカウントにに登録できればSTEP2もクリアです。2023年1月に500ポイントが付与されます。ずいぶん遠いなあ。

注意事項として。ポイント付与時までプライム会員であることが条件です。6ヶ月の拘束を受けます。ほんとうに得なのかこのキャンペーン。

まあ、2ヶ月無料にするチャンスとでも受け止めましょう、どうせ当分プライム会員を止める気はないですし。

購入のタイミングについて

Amazonプライムデー,キャンペーン,まとめ,ギフト券

「最大1,000ポイント お誕生日やお礼に、にギフト券を贈ろう」キャンペーンは6/23~7/21の期間で開催中です。

Amazonギフト券の購入自体はポイントアップキャンペーンの対象外ですので、プライムデー期間中(7/12.13)にあわせて購入しても還元ポイントがより増えるということはありません。

今日明日に買っても損はなしです。

Amazonギフト券「配送タイプ」のデザインを選ぶ

【プライムデー企画3】日本の中小企業を応援キャンペーン

プライムデー企画その3。

日本の中小企業を応援キャンペーン。

中小企業,探し方,検索,Amazon,キャンペーン,エントリー
日本の中小企業を応援キャンペーンページより

”中小企業”ブランドの商品を購入すると、「最大10万円分のAmazonギフト券抽選」に応募できるキャンペーンです。100円につき1口の応募ができる仕様になっていて、5000円以上(50口)の買い物をすると10万円分のチャレンジ資格が得られます。応募は自動です。買うだけで勝手に応募してくれます。

抽選に参加するには、買い物の前のエントリーが必要です

こちらはプライムデーが始まる7/12には終了するキャンペーンで、ポイントアップキャンペーンと重複させることはできません。そして、各商品が大きく値下げしているわけでもありません。

だからいますぐ買う必要性は低いとも言えるのですが、そこは文字通り「買って応援」という名目なのだと思います。いっそポジティブに、「プライムデーまで買い控えする人は多いだろうから、逆に抽選に当選する確率は上がるかも」という考え方もできます。

ちなみに、エントリーするだけでも参加賞(300pt)の抽選が受けられるようです。

中小企業,探し方,検索,Amazon,キャンペーン,

当選枠は240,000名……24万名。これを外すと下半期は先行き不安になりそう。運試しにどうぞ。いや、買い物もどうぞ。

中小企業の商品をどうやって探すのか

いざ何かを買おうと思っても、該当する商品を探すのにけっこう難航しています。

中小企業,探し方,検索,Amazon,キャンペーン

対象かどうかの見分け方自体は簡単です。

商品ページに「中小企業応援」のバナーが出ていれば、その商品はキャンペーンの対象商品です。また、商品一覧のページでは、画像の下の方に「日本の中小企業」と文字が入っていればこれまた対象商品です。

中小企業,探し方,検索,Amazon,キャンペーン

文字が表示されてなくても、ページの詳細を開くとバナーがある、というケースも確認できました。案外精度が甘いです。

こういったふうに対象かどうか見分けは付きます。ただ、ピンポイントで探す方法はいまだわからず模索中です。ひとまず中小企業応援ストア全体という大カテゴリをキャンプ地(ベース地点)にして、地道に中カテゴリを探索しています。

日本の中小企業応援ストア」>「家電&カメラ」>「イヤホン&ヘッドホン」 →目でチェックしていく

といった具合です。

巷で噂の「&emi=AN1VRQENFRJN5」を信用しすぎない

中小企業とマーケットプレイスの話で思い出したことがあるので、少し本筋から逸れます。

中小企業,探し方,検索,Amazon,キャンペーン,&emi=AN1VRQENFRJN5

最近「&emi=AN1VRQENFRJN5」のことを、「検索結果のURLの末尾につけることで”悪徳業者”を検索から除外する便利なアイテム」といった誤解まみれの表現とともに広がっているのをよく見かけます。Amazonで買い物をするのときのライフハックだ、みたいな触れ込みで拡がっているし、有難がられているのが心苦しいです。

この文字列の実態は「Amazon.co.jpが販売している商品に限定する」です。

言い換えると「販売元がAmazon.co.jpではない、マーケットプレイス出品者」を検索から除外するコマンドです(※適した言葉が思いつかないので「コマンド」で代用します)。

悪徳業者だけを弾くなんて芸当、全然出来てません。

もちろん”悪徳業者”はAmazon.co.jp側ではなくてマーケットプレイス側にいます。ですが、マーケットプレイス出品者のなかには真面目に販売業務をしている方がたくさんいますし、今回の中小企業応援キャンペーンの対象はまさにそういった方々です。

それを「大阪ではひったくりが多発しているから、大阪にいる人間は全員ジェノサイドしましょう」といったキテレツな論調で『独裁者スイッチ』を配っているのが、多くのフォロワーを抱えたインフルエンサとか呼ばれてる人です。無茶なことを言って注目を集めたのちにアフィリエイトのリンクを置いてお小遣いにしようとしているわけですね。どうだ、キレイになったろう、じゃないんだよ。

「&emi=AN1VRQENFRJN5」で弾かれる中小企業たち

こういった風説の流布であおりを受けるのがマーケットプレイスで出品している中小企業です。

例を一つ挙げると、「株式会社シロ」という主に香水を販売している企業があります。ルクアや阪急うめだにも店舗を構えている”ちゃんとした”会社です。

株式会社シロ,SHIRO,ルクア
株式会社シロ公式サイトより

シロはAmazonに販売元として出店しています。マーケットプレイスとして参加しているということですね。もちろん、今回のキャンペーンの対象でもあります。

中小企業,探し方,検索,Amazon,キャンペーン 中小企業,探し方,検索,Amazon,キャンペーン,&emi=AN1VRQENFRJN5

実験として、「魔法の便利コマンド()」とされている「&emi=AN1VRQENFRJN5」を、「SHIRO 香水」という検索結果のURL末尾に付け加えて再検索します。

中小企業,探し方,検索,Amazon,キャンペーン,&emi=AN1VRQENFRJN5

すると、マーケットプレイス事業者である株式会社シロの取り扱う商品は検索結果から弾かれました。勘違いした情報発信者によって、真面目に商売をしている(※香水ギャグ)企業の販売機会が奪われましたとさ。

これ、めでたしめでたしですか?

SHIROの品質のことはユーザーじゃない私に語る資格はないですが、一定のリピーターの方は絶対にいるはずです。きっとないと困る方々がいるでしょう。

「anker」や「final」も悪徳業者だって言うんですか?

ほかにも、主にASMR向けのイヤホンを作っている「final」という企業があります。finalの製品を実際に購入して使っていますが、いいイヤホンです。【令和最新版】なんて言葉に頼らないちゃんとした運営をしています。

中小企業,探し方,検索,Amazon,キャンペーン中小企業,探し方,検索,Amazon,キャンペーン,&emi=AN1VRQENFRJN5

でも、「イヤホン」という検索結果に「&emi=AN1VRQENFRJN5」を付け加えられると、Amazonでは存在しないことにされます。理由はもうおわかりですね。同様に、ワイヤレスイヤホンからスピーカー、モバイルバッテリーまで幅広い製品を取り扱っている「Anker」でさえも村八分です。

「finalやankerやシロは”悪徳業者”なのだから問題なし」という主張であるなら、最初から相容れない人間だったということで腑に落ちます。でもそんなレイシズムからの発言とは思いたくないので、追っかけて訂正してほしい思いがあります。

思い入れのある話でかなり脱線しました。

「中小企業を応援キャンペーン」参加の注意点

中小企業,探し方,検索,Amazon,キャンペーン,エントリー

本キャンペーンは、エントリーしたあとに購入した金額の合計が抽選の対象になります。エントリー前の購入は抽選対象になりません。この点に注意が必要です。

ポイントアップキャンペーンのように、買い物のあとでも期間中にエントリーボタンを押しておけば成立するタイプではないということですね。

よって、なにか購入する前はもちろんのこと、ひょっとすると買う可能性があるかも、という方もエントリーだけはしておくのが吉です。参加賞の件もありますし。

日本の中小企業応援キャンペーン概要を詳しく見る 

中小企業応援キャンペーンについては。こんな感じです。

中断:続きはそのうち……

ひとまず終わり。6割もできてねえじゃねえか、と思ったでしょう。STEAMサマーセールに気持ちが移ろっているんるんです。

追記するとすれば、

  1. ギフト券チャージの還元率アップの話(Amazon payの話)
  2. Audibleやkindle Unlimitedでのおすすめ作品紹介
  3. ギフト券でサブスクの月額費を支払い設定の方法

このくらいでしょうか。2週間後、またここに来てください。きれいにまとまったページを見せてあげますよ。

過去記事があるから、また書く必要があるのかなと言う気持ちもあります。でも、古い記事ってほんとに読まれることがないですよね。

チャージ関連はこのあたりで復習を。

銀行のATMでAmazonギフト券をチャージしました(ゆうちょ・三菱UFJ編)
Amazonギフト券をチャージするときの支払い方法の解説、銀行のATM編です。コンビニよりも早く済む可能性もあります。要チェック
Amazon MasterCardによるギフト券チャージが便利になっていた
AmazonタイムセールはAmazonギフト券よりもAmazon MasterCardで支払いをしたほうがお得で効率が良い。ギフト券のチャージも現金よりもAmazon MasterCardのほうが良い、という比較など

買うものに迷ったときのポイントアップの小技記事。

100%還元のkindle作品をポイントアップキャンペーン中に買う
kindle本の購入もポイントアップキャンペーンの対象になるらしく、タイムセール中に100%ポイント還元の作品をいくつか買ってみました。Amazonポイントで買ってしまうと対象外ですので要注意
Amazonのポイントアップキャンペーン還元率がまた変更になりましたよ
ポイントアップキャンペーンと過去記事の訂正、ギフト券やらギフトコードの話

DMM鑑賞はFire HD 10がおすすめです、という記事も。

DMMブックスのアプリをFire HD 8(10)にインストールする
fire HD 10を購入しました。fireタブレットを使えばDMMブックスの電子書籍も快適に読めます。「DMMブックス+」というアプリをFireにインストールすることをおすすめします

そんな感じで〈Amazonプライムデー到来。ビッグセールがやってくる、ヤァ!ヤァ!ヤァ!〉でした。

おしまい。

関連リンク

7/12・13は年に一度の特大セール「プライムデー」開催!

 

その他キャンペーンまとめ

コメント,ご意見など (中傷発言はNO)

タイトルとURLをコピーしました