米津玄師のライブと私達の手拍子

【下のアイコンを押して あなたの周りにも この記事を拡めてくれたら、 それはとってもうれしいなって】

Nighthawks ナイトホークス

たとえ話、ただの数字/算数の話ですが、

8って、2でも4でも8でも1でも割れますね。
どの数字でも割れますが割ったあとの数字が落ち着いてるって意味合いで。

拍の解釈もこれに近くて、ハーフをハーフで感じてもいいし、倍のテンポで感じてもいい。これはおかしいことじゃないし個人の自由な部分。
ただ、演者から提示されているのがハーフの場合、そこに倍のテンポの手拍子で拍を刻んで、周りのお客の耳を塗りたぐるのは違うんじゃないかと。

裏ノリが提示されているのに表ノリでパチパチするのは違うんじゃないかと。また逆のリズムも然り。

だから言いたい。

「きみ、そこの手拍子、違くない?」

逆ノリになった結果、演者の予想すら超えたいいアクシデントが起こる場合もなくはないんだろうけれども。まあ、あんまりないよね。

例えば教室で「日本の初代首相、分かる人いますか」って訊かれて、「はーい! はーい! 織田信長! 信長! これは間違いなく信長」って喚くのは違うような。そう思っていてもいいけれど周りには大きな声で言わないでね、と。そんな感じ。君の手拍子、ギターよりも聞こえてるんだけど? っていう。

なんの話をしていたっけ?

抜きの美学を感じてほしい

ある音楽をぱっと聴いたところ「8」だとしましょう。点数とかじゃなく。

これが「7+1」なのか「9-1」なのか、はアーティストの作風によって様々です。aikoなんかは「7+(1/3+2/3)」になりそう。

で、米津玄師はというと、「8(-1+1)」です。
自分で書いてよくわかってない。

そこ音減らすの? って抜きの部分(-1)と、それ入れるの? って部分(+1)が彼の音楽作りのキモになっている。そこに降りるの? ってメロディもさることながら。

そういう抜きの美学で「静」を味わう楽しみが、安易な手拍子に侵されるのは我慢ならない。『Nighthawks』のサビ前に手拍子一発入るのが許せない。ギターだけ、ドラムだけ、ベースだけ、ブレスだけ、それだけで成立しているものにわざわざ妙な味付けは要らないんじゃないですか。

(あと大阪初日に限った話でしょうが、『ピースサイン』2番のBメロが、ハーフに変わったのにAのテンポを引きずったまま手拍子を続けたもんだから裏拍アクセントみたいになってたりして酷かった。ほんとうに酷かった。これはただの愚痴です

手拍子するなら強弱を考えて

もうひとつ、初めから最大フルパワーででかい音を出そうとするのは止めよう。曲には盛り上がりなんかの流れがある。手拍子も楽器なんだから曲に寄り添っていかないとダメだ。クレッシェンドを意識してください。あと隣の人の耳の位置を考えて拍手と手拍子をするように。片方の手の腹を狙って無駄にハイを飛ばそうとするのもやめてください。というかマジで止めろ耳が悪くなるだろ。あなたの手拍子は会場の音楽に影響を与えているんだって自覚が必要だ。

以上。愚痴の数々。

手拍子が相まっていい雰囲気になっていた曲も勿論ありました。
これは伏せておいたほうがこれからライブに行く人の楽しみになっていいでしょうから、ここでは言わない。

そんな一日目でした。

ライブはみんなでつくるのだから

あくまで善意を持ってやってることに対して「曲の邪魔をするな」と断罪するのもおこがましい話ですが、しかし全体でつくるライブである以上、変な方向に扇動される事態は私も避けたい──。避けたいというか望んでないというか。

私自身、ひとつの間違いなく全部正解を知っているなんて、そんなことはあり得ない。あくまで私が正解らしいビジョンを描いているだけで。

葬式にアロハシャツは違うよ、とかそんな単純なニュアンスの話なんですけど長くなってしまいました。アロハシャツ着るのだって自由だ。ルールじゃなくてマナーだ。結局、どう扱うかは空気を読むってことになるのかもしれない。空気を読むって言葉が嫌なら、思いを汲むとかにしよう。

「ここはこうするのが最適解なんだよ」とマイルールを強制的に押し付けておいて、”感覚を共有したい”なんてのは、まあ周りから鬱陶しく思われやすいありがちな話で、「なんちゃらかんちゃらあーだこーだイェッタイガー」とかがその最たるもののような気もする。あれも言ってみれば、必要派不要派の正義と正義のぶつかり合いで落とし所なんて存在しないんだと思う。血でも流さない限りは。

要はみんな全員で楽しみたいとは思っているはずで、その方法がおのおの違う認識だってだけで、私としては「そこはこういう流れのリズムで進行しているのでこういうノリ方が気持ちよくなれるはずだよ」って、そんな提案がしたいような気持ちになったってことなんだな。たった4行で結論出ちゃったよ。

私の抱いた感覚を共有したいけれど強要はできないから、どうにか感化されてくれないかなと思って、ここに場を移して啓蒙活動のかじりみたいなことしてみました。

これを機に少しずつリズムの取り方とアウトプットについて考えてほしい。予習しなくたって直感で乗っかっていけるように。

それだけが 私の望みです。


【参照リンク】

米津玄師 公式サイト
http://reissuerecords.net/

【下のアイコンを押して あなたの周りにも この記事を拡めてくれたら、 それはとってもうれしいなって】