【ベース機材】VOX 「Amplug 2 bass」で耳コピ、リズム自主練が捗る

【下のアイコンを押して あなたの周りにも この記事を拡めてくれたら、 それはとってもうれしいなって】

vox amplug 2 mio

ヘッドフォンギターアンプ『Amplug 2』の存在を知りながらどうにも購入まで到らなかった理由は、旧モデルが騙し騙しでなんとか使用できていたからなのです。が、とうとうノイズや操作性が我慢の限界を迎えたので噂の新シリーズに買い替えました。

長い間お疲れ様でした。よろしく二代目。

駆け出しベーシストだったら一台持っていても損はない、これからのベース活動にきっと役立つ製品だと思います。コンパクトなサイズによる使い勝手の良さもオススメ理由の一つです。

「耳コピが苦手で上手くやるコツがわからない」「リズム感を強化したい」「練習のたびにアンプとシールドを繋ぐのがいいかげん面倒だ」

そんな方々が読んでおいても損無いように、

VOX『Amplug2 bassのかんたんなレポートもといレビュー。はじめます。

余計なテキストが多くなったので必要だと思う情報以外は読み流してください。

1.前作との比較から(読み飛ばしてもOK)

vox amplug2 mio

私のなかでの初代はご覧の画像のように『VOX ヘッドフォンアンプ amPlug 秋山澪モデル』だったのです。秋山澪モデルって言っても外装のシールを貼り付けただけの付加価値で購買意欲をたぶらかそうと目論んだもので、チューニングは従来のAmplugシリーズと同様なのですが、練習中に視線をふと下げたところに澪がいるのと、いないのとではモチベーションに雲泥の差が生じる。

「無言で応援してくれてる。テンポキープの練習 頑張ろう!」

とまあ、これだけで躊躇なく「買い」だったのです。冗談です。

まずは形状から違いを見ていきましょう。(ここからは、旧型・新型と名称を統一します)

電源ボタン

vox amplug2 mio vox amplug2

電源がレバー式から単一のボタンに変わりました。

旧型は三段階のレバー、0オフ・1オン(クリーン)・2歪み追加、で大きくわけてふたつの音色でした。オーバードライブというよりはファズ系に近い”ザラっとした歪み”そのものはあまり調整の効くものではなかったので、個人的に使用頻度は高くなかったです。ピック弾きだと気持ちよさはある。

新型は長押しでオンオフの切り替え、短く押すことで三種類のアンプモデリングを切り替え。〈ハイゲイン・ノーマルゲイン・ローゲイン〉と、よく言えば「バリエーションに富んでいる」のだが、私自身これには大した恩恵も感動も感じられない。音が小さくなっていくのはなぜだ……。

上部コントローラーパネル

vox amplug2 mio vox amplug2

共通して左から、1.AUX接続ジャック 2.GAIN 3.TONE 4.VOLUME

──と大きくは変わってませんが、新型には新機能として「RHYTHM」が搭載されているので(リズム機能については後述)そのオンオフのスイッチが右端に増えてます。

vox amplug2

リズムの種類とテンポはココと〈VOLUME〉で調整します。

右部:イヤフォン・ヘッドフォン接続端子はミニ

スピーカーはついていないので写真に写っている差込口にイヤフォンなどを接続経由してベース音を聴きます。

vox amplug2 mio イヤフォンジャック
旧型新型ともに位置は変わらず

接続はミニ端子・3.5mm端子と呼ばれるタイプのものです。

普通のイヤフォン、普通のヘッドフォンと言って特に差し支えないと思いますが、標準プラグは入りません。念のため。ソンナニオオキイノハイラナイヨ

mdrCD900-st 標準プラグ

画像の銀色のが標準プラグ。その横が変換プラグ、後ろが標準の先端が3.5mmになっているわけです……ってこの記事読む人はベーシストやそれに近しい人物なんだからこんなこと基本知識ではないか。写真まで用意して損した気分。

ジャックの角度が180°変更可能

収納に便利。

固定で直角だった旧型から、新型になり可動域が180°になりました。「180°」といっても収納機能的な部分も含めての見積もりなので、差し込んだままの状態で自由が効くのは60°~180°くらいでしょうか。

vox amplug2 mio vox amplug2

”改良点”とはいえ、もともと「直角な作りによる差し込み角度の不満」というものはなかったのです。これまた個人的に。

私の使用ベースはfender系なので、シールドジャックは前面つまみの横にあるわけで、(fender系でも前面じゃないのがあったらすみません)座って弾いても立って弾いても特に支障が出ることはありませんでした。

レフティ用のベースなので必然Amplugが”内側”を向くことになり、ボリュームつまみやトーンのつまみに接近するのが邪魔といえば邪魔でしたけど、それはレフティの宿命というか限定的な話なので割り切ってます。今更と言ってしまえばそれまでのお話。

つまみをいじれないことはないですし、プレイの最中に頻繁にトーンをいじったりといった玄人なプレイはまだできないので。

vox amplug2

写真は新型ですが、直角に差し込むとこのような状態になります。
旧型のデフォルトとでも言いましょうか。

奥でかぶっているつまみはボリュームつまみ。
Amplug使用中は特に触らないので放置。左利きって大変ですわね。

vox amplug2
新型に変わり可動域が増え、最大に開いた状態

んー。特に感動するような変化ではないですね。パフォーマンス重視で演奏したときにイヤフォンのコードに手が引っかかる心配が少しは軽減されたりはしそうですが。つまみは触りやすくなりました。あんまり触らないんですが……

あとは、収納に便利な形態になりました。ザッツ コンパクト。

vox amplug2

【注意】
ベースの種類によっては「あぐら座りの状態では差し込めない!」みたいなこともあるかと思います。レスポール系やリッケンバッカーのようにボディのサイド淵(?)にシールドジャックが有るようなタイプだと、床と本体の間に入ったAmplugに負荷がかかるため、立って弾くor座布団を一枚敷くような対処を強いられると思います。ここは前作からあまり改善・強化はされていないですね……。VOX側の割り切りポイントなのかしら。


外装についてはここらでいいでしょう。正直、あんまり変わってません!

2.新機能:RHYTHM

『Amplug(2)』の主な用途は、

  • 外部音源接続で耳コピのお手伝い
  • ドラム音源などに合わせての(リズム感を主とした)練習あれこれ
  • 素の音じゃなくてアンプを通してのチョッパーの鳴りの確認
  • 環境音がうるさくてベースの音なんととても聞こえないときの対処

など色々な場面で役立ちます。

箇条書きの二番目──「ドラム音源に合わせての練習」ってのは、自作でリズム作ってそれを外部接続で聴きながらの個人練習。そういうことをしていた部分が新機能でいくらか手軽になりました。

しかし、こいつはなかなか付き合い方の難しいやつですよ……。
付き合い方さえ身につければ問題ないと言えなくもないですが。

操作性は優しくない

リズムパターンの変更は、〈RHYTHM〉ボタンを押すだけで切替ができるんですが、問題はテンポ(BPM)の調整がやりづらいこと。片手だとかなり難しい。

やり方は〈RHYTHM〉を押したまま〈VOLUME「TEMPO」〉の目盛りを動かす。目盛りが1だとテンポが遅くて、10に向かっていくにつれ速くなるという仕組み。説明を聞くだけだと単純ですが実際にやってみるとけっこう難しいんです。

運指が命のベーシストですから、これくらいで手こずっているようではダメか……。
片手にこだわらず両手でささっと変えてしまえばいいだけの話でもあります。


長押し+左の目盛りで調整するのだ。

癖のある操作性を通り越して問題なのが、

〈VOLUME〉と〈TEMPO〉がひとつのメモリで併用されていること

──です。

〈RHYTHM〉を押しているとき〈VOLUME〉は機能せず、〈TEMPO〉として機能する。

〈RHYTHM〉を押していないときに〈VOLUME〉が調節できるわけです。

えらく説明的で恐縮ですが、我慢してください。

刺さるような高音が耳を襲う

〈VOLUME〉(〈TEMPO〉)の目盛りが6の位置にあったとします。

リズムパターンのBPMを上げようと、長押し+で〈TEMPO〉目盛りを10まで上げたとして、そのあとリズムのボリュームが少しうるさいなと思い、〈VOLUME〉目盛りを5まで動かそうと思い立ったと仮定します。レベル6→5にボリュームを下げようって思考です。

忘れないでほしいのが、長押しを解除した〈VOLUME〉の見た目の目盛りは10のままになっているということ(内部ボリュームは6のままです)

そこで〈VOLUME〉目盛りを動かすと、内部で認識していたレベル6のボリュームが、(少し動かしたので)レベル9.9あたりで再認識するんです。

で、大音量の硬いドラムが耳を襲う……と、こういうわけなんですねぇ。
ついつい憎しみの気持ちが生まれますね。

逆パターンもあって、BPM遅くしてから音量をいじると「音、小っさ!」となるんですが、小さくなるのは また上げればいいだけです。大きい音で耳を痛めるストレスのが問題。

LINE6のPODでもこれと同じような事案がありました。ひとつのつまみに二つの機能をアサインするからヘッドフォンで作業していて誤って自分の耳を殺しそうになる。
みなさんもお気をつけください。

これは大きく減点ポイント。せめて使用機会の少ない〈TONE〉との併用だったらまだ救いの道があったように思う。

実際のリズムパターンの数は……

公式には9種類のリズムパターン(rock、shuffle、pops、jazz、funkなど9つ)と書いてあるけれど、「3種類のパターンとそれぞれのBPM変更」じゃないのか?
これは誤解を与えるような表現だと思う。

実際のところは(私の操作に不足な点がなければ)

8/8のロックビート、符点が付いたロックビート、ファンク系ビート、の3パターンがプリセットされていて、BPMの変化が9段階(10段階?)ある模様。

つまり、パターン(3)×テンポ(9)で27種類ないし30種類のリズムパターンと解釈できそうではあるけれど、「BPM135の四つ打ちとBPM160の四つ打ちを並べても、パターンでいえばこのふたつは同義でしょ?」というのが私の本音でもある。隙間が違うので解釈の余地は広がりそうでは有るけど……。BPM上げすぎるともはやドラムンベースみたいで、とてもベースを合わせていける気などしない。未熟。

どこをとって「9種類」としたのかは判然としないながらも、ひとつ断言できるのは、安定したリズムを──何らかの基準を聴きながらベースを弾くということは基礎練としては非常に大切なことです。なんか無茶な軌道修正?

実際に活用できそうなのは、テンポ変え含めて10パターンあるかないかくらいですが、素弾きやアンプに繋いでリズムなしで練習するよりはリズムありのほうが確実に上手くなるし、体内のリズム感覚も養えてアプローチのバリエーションも獲得していけるはず。黙々とベース音だけと付き合うことの楽しくないこと楽しくないこと。

新機能の〈RHYTHM〉は使い勝手には難あり、使い始めには難ありではあるにしろ、リズムに合わせての練習はやはりスキルアップには効果的なものであると思いますし、不思議と気分も上がってくるので一石二鳥です。

プラスマイナスでちょいプラスくらいに落ち着いた「新機能RHYTHM」でした。

3.耳コピのススメ

Amplug2 bass一番の買いどころがこれ、外部接続です。

脱・初心者のために。耳コピの大切さについて少し。

リズムキープに並んで重要な練習になるのが、様々な楽曲のベースに触れること。ベースの役割を知っていくこと。他の楽器との関係性を学習していくこと。色んな曲の色んなベースを知って、フレーズのバリエーションを増やすヒントにもなる。

そこで効果的なのが「耳コピ」なのです。(”耳コピ”で検索してきた方、長々とすみませんでした)

「耳コピ」と聞くと、フレーズのこと・音程のことに言葉の意味が先行しがちですが、音色の違いを知っていくことも疎かにできないくらい大事なことなので、「あの曲のこのベースの音がかっこいい」「このエフェクトと音作りはどうなっているんだ?」といったことを普段のリスニングから意識していきたいもんです。

耳コピというのはその名の通り(楽譜TAB譜を見ずに)耳で聴いた音から採譜あるいは運指を覚えていくこと」ですが、ぶっちゃけベースの音って埋もれてて聴きとりにくいと思うんです。歪んだギターが二本鳴っていたりするともうパニックに近い。

自分で言うのもカッコ悪いですが、私は音に対する感覚が乏しいです。Am鳴らされてもAmかどうか全くわかりません。「マイナーのコードだろうな」くらいの感覚です。dimとかはもう手に負えません。

関係ない話で脱線しましたが、要は「CDで一回曲を聴いてからヘッドフォン外して、ベースで弾いてみても、合ってるかどうかがわからない」のです。合っていようが合っていまいがどっちみち違和感を覚えない、というのか。CDで聴いたのはもう頭から消えているんで。

だから同時にCDを聴きながらベースも弾いて、そこでユニゾンして初めて「ああ、これで合ってたんだ」という気持ちになるんです。ね、自分のセンスに託せないこの辛さよ。書いていて地獄だなあこれ。

同時に聴きながらじっくりゆっくり耳コピを進めていくんですが、イヤホンにしろヘッドフォンにしろ、装着した状態でしかも音源が流れている状況で手元のベースの音なんか聴こえない。エレキギターでさえペチペチチャラチャラいうだけで聴こえにくいのにベースなんて指弾きしてたらほんとうに何も聴こえない。イヤホンを片方だけにして、もう片方の耳で手元のベースの音を聴こうとしても片方のイヤホンじゃCDのベースの音が追っかけられない。もはや袋小路。

──なんて全国どこにでもありそうな悩みの助けになるのが、『amplug2 bass』です。
というか『amplug』シリーズ全部に言えることですが。

vox amplug2 耳コピに使える

画像のようにウォークマンなどの音楽再生プレイヤーをオスオスのプラグで接続するだけで準備オーケーです。オスオスは電気屋とかでも300円から1000円くらいで大抵売ってます。

by カエレバ

スピーカーの後ろの配線にも使える両3.5mmのオスオスプラグ、二本入り。あると便利なオスオスですが、あまり短すぎると立って弾くときにプレイヤーの扱いに困るので1mは欲しいところ。しかし長過ぎると余って使い所にも困ったり……。

これでCDやらmp3やらを聴きながらにして、ダイレクトに自分のベース音も聴こえるという素晴らしい救済アイテムなのです。すごい捗る。

PCやスマートフォンにも繋げるので、youtube観ながらストレッチがてらにベースを弾く、なんてこともできるんです。

新機能のRHYTHMが8/8のリズムパターンしかないので、「5/5変拍子や6/8とかの練習がしたい」なんて場合は、リズム音源をDAWなどで自作してPCに繋ぐとか、ウォークマンにデータを移して再生するなどカリキュラム作成は無限大です。音源で用意したリズムなら先述の大音量で耳が襲われる心配もないですし自由度は高いかと。

ただしウォークマン(その他の外部接続)を繋ぐのと繋がないのとでは、見た目のごちゃっとした感じがぜんぜん違う、というのは留意しておくところですね。

私は主に室内での使用が多いです。

耳コピに向いているイヤホン

余談ですが、経験談としてリスニング含めてベースの音がしっかり聴き取れるイヤホンでオススメしたいのはSHUREのシリーズ、SE215とその上位モデル、Etymotic ResearchのER-6、少し落ちますがPHILIPSの9700系(その後継にあたる9710系)あたりですね。情報としては古めです。

4.環境音がうるさくて自分の音が確認できないとき

ライブハウスに演者として向かったときに、「今日、あの曲やろうと思うんだわ」などと記憶が曖昧な曲をメンバーから急に提案されたことはないですか?

私はあります。あのときの恐怖たるや。

しつこいですが、私にはセンスがないので二ヶ月手を付けないとほぼほぼ記憶から消えていってしまいます思い入れがないわけではないんだ……。

そこで必死の思い出し作業に移るのですが、対バン相手がリハ中のホールで自分のベースの音なんか絶対聴こえない。自室でも聴こえないのだから。聴こえないのに「これで合ってたっけ?」なんてなるわけもなく、静かな場所を探すハメになる。

控室がステージやホールから離れていればラッキーですが、ステージ裏が控室だったり、辛いときは控え室自体がなかったりもする。荷物置き場のみ、みたいな。

そもそもいくら実音の小さいベースといえど、対バン相手がいたりする控え室・楽屋ではあまり楽器を弾きたくはないのだ。控え室でチョッパーとかする人を見ると「なにイキってんねん」とか思ってしまうんだ。弦の張替えで5分位の試奏が最低限のルールだと私は思う。
本意気で歌うやつとかマジで(ry

「控え室なんだから、控えてろよ!」

っていつも陰ながら思ってます。

だからあくまでも隅っこでホソボソと自分のベース音の確認するときにこのアイテムが役に立つ。控え室じゃなくてホールでやっても良いけれど。

原理としてはシールドを直アンで接続しているようなものなので、イヤホンとAmplugだけあれば多少周りが煩かろうと音の確認はできる。これ、便利でしょ。

締め:「買い」だと思うんです

私は③、④あたりがオススメのポイントですね。耳コピの難度がわりかし楽になったと思います。耳コピだけじゃなくて、自分だけのオリジナルのベースラインを既存の曲に合わせることもできますし。アレンジ練習っていうんですか。そういうことも可能です。

あなたのベース活動が良いものになりますように。白々しい。

おしまい。

by カエレバ

【参照リンク】

VOX amplug2製品ページ<http://www.voxamps.com/amplug2

けいおん公式HP<http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/index-j.html

【下のアイコンを押して あなたの周りにも この記事を拡めてくれたら、 それはとってもうれしいなって】