【夏の大処分祭】トレトクに遊戯王カードを買取してもらった

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

トレトクtop

テイストがいつもと少し違う個人的な雑記。需要は少なめ。※当社予想

「夏の大処分祭り」と題して、家具やら衣服やら小説やらを部屋から追い出しています。
目指せアマチュアミニマリスト!

その処分祭りの一環として、長い間タンスに眠らしていた遊戯王カードをこの度解放しようと思いまして。

レアリティは低くとも枚数だけはあるもんだから近くのカードショップまで持っていくのも一苦労。店が近くと言ってもさすがに3000枚強のカードを抱えて運ぶのは、この時期 二の足を踏む。もしかしたら枚数多すぎて引き取ってくれないかもしれないなんて不安。段ボール箱抱えて来た道を往復……こんな暑い夏の日中にありえない。店員さんの目も少し気になる。

そこで現役プレイヤーである知人に買い取り先の相談をしたところ、「トレトクかカーナベルにでも投げろ」と言われたので今回トレトクに投げようと思います。

その結果報告。

申込みから完了まで

トレトクに買い取り先を決めてからの流れ

  1. トレトクのHPで無料梱包キットを申し込む
  2. (二日後)届いた梱包キットにカードを詰める
  3. 梱包完了、依頼書に必要事項を書き込む。依頼書も封入
  4. 佐川急便に集荷依頼の電話。当日集荷で荷物を送る
  5. (土日挟んで四日後)メールにて査定額の連絡。金額等に関して承諾の返信
  6. 入金確認。買取終了

ざっと書くとこんな感じでした。HPで申し込みしてからちょうど一週間。
カードが占めていたスペースがすかっと空き、代わりにビッグボーイの炙り大俵ハンバーグ150gが食べられる程度のお金が手元に入りました。はやく金額を言え。

今回送ったのはノーマルとレアのみ

お目当てのカードのためにパック購入をしたりすると出るわ出るわ。
大量のノーマルやレアはほんとに困る。手に余る。

手売りでさばいていくにはどうしたって時間と労力がかかりすぎるので、ゴミ箱に捨てるよりかは……」の気持ちでトレトクに買い取りをお願いしましたが、捨ててしまうよりは遥かにいい結果になったと思います。まあ時間を得るための手間賃だと受け止めればよし。

「全てのお仕事は外注であり代行なのである」

この気持ちが非常に大事なのですよ。

売りの機会や時間がないことにつけこんで買い叩かれるのが基本かと危惧してましたが、
約3500枚ほど送りまして、一点では値段つかないものを「まとめ」、一点で値がつくカードは各いくらの値がついているかといった詳細がずらっとメールで来ました。

トレトク買取 結果

これはメールの一部分。こんな感じで詳細を送ってくれます。

で、気になる数字はというと、約3500枚のノーマルとレアを送る→1390円でした。

「これは……」

高いのか? 安いのか? 

悩ましいところではあるけれど、ゴミ箱に投げ捨てる一歩前の状況からすればわりと良い結果になったかなと。箱詰め作業も一時間は使ってないし。時給に換算できるもんじゃないけれど、まあこんなもんじゃねえかなって。

逆に考えると、3500枚のノーマルとレアを自らの手足で1390円に変える苦労を私は背負えるのかと。いやあ、けっこうきついぞ。そんな時間は今の生活のなかにない。

処分したつもりが昼飯代をもらえた、と思えば儲けもんですよ。

早速、週末に大俵ハンバーグ食べに行こうと思います。

おしまい。

遊戯王カード買取トレトクへ移動する。


──と結果だけ書いたわけですが、はたして読者の需要は満たせたのか?

まだなにかしらの不安や疑問がある人に向けて書けそうなことも もうないので、当日の梱包の様子を見てもらいましょう。オフショット的な。

無料買取キットが家に届いた

MTGからデュエルマスターズまで幅広い買い取りに対応しているトレトクですが、私がおっと思ったのが梱包準備から発送まで無料で完結する点。そこが決め手のひとつ。処分にお金がかかるならもう勝手に自分でゴミ箱かゴミ捨て場に捨ててたと思う。

送料も手数料もない。ダンボールも用意しなくていい。
そのぶん査定額に影響が出ている可能性は忘れてないけども。

トレトク遊戯王カード買い取り

大小サイズのダンボールが用意されています。私は小サイズをひとつ。
これで約3000枚入ります。(大サイズだと約8000枚)

内包物は以下。

トレトク遊戯王カード買い取り

ガムテープ(紙テープ)

トレトク遊戯王カード買い取り

買取依頼書

トレトク遊戯王カード買い取り

送り状

そして緩衝材。カード以外も買い取りをしているのでそういった場合の外身の保護用です。

以上。

ガムテープまで用意されているのはありがたい。
届いたキットで発送の準備が最後までできます。

組み立て、カード詰め

トレトク遊戯王カード買い取り

まずは箱を組み立てて底の感じをチェック。段差ができているのでカードが痛まないように収納する方法を検討します。(結局A4の用紙をひくだけ)

平積みだと圧がかかりそうなのでカードは立てて、詰めていきます。
正解かどうかはわからないが……。

トレトク遊戯王カード買い取り

ノーマル山に含まれるレアはノーマルとして査定されない場合があります……」というのは某買取ショップの有名な注意書き。今回トレトクではありますが、念のため、へんに査定額に響かないようしっかりと分けておきます。心象は良いに越したことはないでしょう。

【2017/7/27追記】
ノーマル/レア仕分けについて確認したところ、トレトクではノーマルとレアの仕分けは不要でした。しかもスリーブに入れたまま送っても問題なしですって。完全に取り越し苦労だった。
【追記終わり】

一層目が詰め終わりましたが、まだ数百枚残っていたので仕方なく二層に。ゴムで留めて良いものか迷ったのち、「バラけるよりはまし」と思い100枚程度でくくることに。

トレトク遊戯王カード買い取り

カード詰め完了。あとは同封する依頼書に必要事項を書いていきます。

依頼書の内容

トレトク遊戯王カード買い取り

名前とハンコ、年齢、発送する箱の総数、電話番号、住所、メールアドレス(査定連絡が不要なら無記入でも可?)、身分証明書のコピーの詳細、職業、振込先の口座情報(金融機関とゆうちょ銀行の選択可)

ほんの数分で書き終える程度の項目ですね。赤文字注記のない「職業/メールアドレス」あたりは無記入でも問題なさそうです。

これに本人確認書類のコピーの二点をセットにして同封クリアファイルに入れます。そして段ボール箱の中に。見やすいように箱を閉じる前、一番上に入れましょう(トレトク推奨)

そして箱を閉じる。ガムテープはどうしてよいのか明記してなかったので箱のなかに戻しておきました。あれ、貰っておいてもいい分だったのかもしれない。紙テープだし。でも盗難扱いされるのはもっと困るのでね。返しておいたほうが後腐れないでしょう。

トレトク遊戯王カード買い取り

集荷依頼

トレトク遊戯王カード買い取り

同封のクリアファイルに集荷依頼先の電話表が載っています。親切だなー。

集荷サービスの利用がそもそも初めてだったので、やり取りの流れも予想しないままにとりあえず番号をプッシュ。

「オデンワァ アリガトウゴザイマス」

ナビダイヤルじゃないか。

その後、すごく気だるそうな──仕事なので仕方なく対応しているんです私といった空気を醸し出す女性スタッフ(あくまで空気)に繋がり、電話番号の確認、名前/住所/荷物の総数/種別(「おもちゃ」と答えました)を伝える。最後に都合の良い時間帯を訊かれ手続き完了。

あとは「順を追ってスタッフが集荷に伺います。ご利用ありがとうございました」的な挨拶があって通話は終了。こちらも、のべ三分程度。

ここでひとつ失敗をした

いまから回収に来ていただいても問題ないですの意味合いで「いつでも大丈夫です」と応えたつもりだったのが、向こうは「順を追って回収しますので」と短い返答だけで通話を終えられたので、集荷のスタッフがいつ来るのかまったく予想できなかった点。

日々忙しい陸運のお仕事の方々の気持ちを汲んで「そちらの都合に合わせてどうぞ」と思いやってみたものの裏目に出た感じ。「だいたい何時頃になりそうですか?」の一言を返せばまた違ったんでしょうが。いつでも大丈夫、って一回言っちゃったし……。無駄な思考だなー。

結局のところ、お昼の12時に依頼、集荷スタッフがきたのが17時半。

その間、いつ来るのか分からずに自室でもやもや、近くのスーパーはおろかトイレにも行けないお風呂にも入れない。晩御飯の買い出しが……。

集荷サービス、時間指定をすれば良かったなと思いました。
サービスの範囲内なのだから考慮して利用するべし。

(初めて利用した集荷サービスですが、このサービスっていま問題の再配達よりも自らの首を絞めているような気がしてならない……。よくしらないが)

求めるものは高価買取? 適正価格の買取?

どちらといえば少数派なのでしょうが、(例外はあれど)所持するカードに特に愛着が湧かない私。

「捨てるよりは」と前述したように、あと三手ほど手続きに作業が増えていたら申し込み以前にゴミ箱に放流することも辞さなかったかもしれない。大いに有り得る。
とりあえずカードをどうにかしないと、って気持ちが勝っていたので、カードの買い取りが高いか安いかは二の次でした。

そんな気持ちもあり、買取価格に対して「このカードがこんなに安く……悔しいみたいなものはまったく無く。言ってもノーマルとレアのみですからね。そのうちまた引いちゃうだろうし。「買い叩く」がそもそも難しいよな、と。

なので今回、約3500枚ほど”投げた”わけですが、適正価格だったって思ってます。繰り返しますが、手間賃というものは大きいですから。これは、「手間賃を甘くみるな」って私個人による謎説教と思って受け止めてください。慈善じゃないんだぞ。

手間と時間を自分の生活のなかで捻出して、それで納得できる適正の価格を決めてカードを売るなら、それでもいいと思います。メルカリでもオタマートでも実店舗でも場所も機会もいっぱいありますし。

でもそういう いっさいに嫌気がさした人間としては、投げられるサービスがあるなら使わない手はない。実店舗への持ち込みも値段交渉も疲れた

段取りはほんとに簡単だったので、フリマ系を逐一チェックとかめんどくさくなったら一週間をゆっくり使って利用するのも大いにありです。

そんな感じで〈トレトクで遊戯王カードを買い取ってもらった〉でした。

おしまい。

遊戯王カード買取トレトク】で買い取りの申し込みをする