【前前前夜】『君の名は。』公開直前記念 これまでの新海誠作品について書く

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

お早うございます。

なつ「もう本日公開日なんですけど。前前前夜? おととい的な意味ですよね」

時間と納期を守れないダメ人間なんです。許してヒヤシンス。

期待がこみ上げてくるんですが、
この感情をどのように扱えばいいのか、(食い気味で)どこに持っていけばいいのか──

なつ「ブログに書けよ」

さわたりーーーー!!!

まずは私のなかの新海誠クライシス的な話から

私が新海誠というクリエイターを認識したのは、『秒速5センチメートル』が公開になった翌年のクリスマスでした。ちょっと記憶がおぼろげですが、クリスマス前に2ちゃんねるで『クリスマスに観たい映画』のスレかなんかで見かけたのが確か最初。2008年になるのかな。
そりゃぐっさぁーと来ました。当時、(あえて”当時”)彼女とかいないんだけどね。

『秒速5センチメートル』

秒速5センチメートル 

三部作で語られる遠野貴樹と篠原明里の物語。くらいしか言えない。

最初に観た新海作品なので「画が綺麗」ばっかり言ってましたね。
「背景ヤバイ。スミア眩しい」ばっか言ってましたね。

男性は”名前を変えて保存タイプ”、女性は”上書き保存タイプ”なんて恋愛へのスタンスがどうとか、BADENDしかかけない人だとかよく語られますが、観る人にとっちゃあ

「まあ、(人生)そういうもんだよな……」

といったある種の諦観の気持ちよさもあって。井伏鱒二的な。

整合性とは別の意味合いとしてのリアリティを持っているというのか。

秒速5センチメートル

ほうじ茶? 初めて飲んだ。

創作物はその名のとおりフィクションなんだけど、あまりフィクションを感じさせない。
もっと身近な、なんというんですかね。あるある、みたいな。あったあった、みたいな。

人生経験がモノを言うっていうと偉そうだけど、やっぱり

負けた奴の気持ちは負けた奴にしかわかんねえよ、と。そういう気持ち。

でも実際は経験していないがゆえに余計に想像しているのかも。とも思う。

なつ「どっちなんだよ」

──どっちもなんだよ!!  ってこと。

秒速5センチメートル

桜花抄で明里が「貴樹くんはきっと大丈夫だと思う」っていうじゃないですか。
そいで、第三部  電車の中で明里が昔の手紙を見つけた回想入る。
ここで明里は笑顔なんですよね。

貴樹くんはきっと大丈夫。って思ってるんですよ、まだ。

ああいいなあ。辛いけど……いいなあ。

ここがね、視聴四回目くらいで気づいた箇所。遅かったけど。

々の生活をふと見つめて、「あたしゃあどこで間違えたのかなあ……」と思うことありませんか。私はある。

この映画はそんな気持ちの代用品でもあるのかなとも思う。打ちに行ける一本。

貴樹くんに向けて「辛いのはキミだけじゃないぞ」的な。私も辛いぞと。これが励まし合いではなく、完全に傷の舐め合いになっているのが面白いところでもあるんですが。
秒速5センチメートル

一時期、PCの壁紙にしてました。

ほしのこえ

秒速5センチメートル』のあとは公開順に追っていくことになりました。『彼女と彼女の猫』はTSUTAYAにおいてなかった。

SFも作るのか、と。画が違うな、と。セカイ系じゃないか、と。久々に口にしたぞセカイ系。

『秒速5センチメートル』でも思ったことがあってですね。

新海誠作品の味っていうのは

『突如にして振り下ろされる「自由意志のない環境」の容赦の無さ』

みたいなことだったんじゃないのかな。そこが合わない人は無理くりなバッドエンドだとかそういう印象を持つ。

それに加えて、主人公たちに課せられる選択。そこでどうするか。どういう選択をするか、どう受け止めるのか。

さっき言った諦観の気持ちよさと重なるんだけど、そういう部分が「鬱作品ばっかり」とウケない人にはウケない部分なんだろうと私は分析します。

ほしのこえ』では舞台が銀河系にまで広がり人(意識)の存在の矮小さ、みたいなものはさらに顕著になっていた。(公開順が違うから変な言い方ですが)

ほしのこえ

あれに乗るんだ……

私たちの多くには自由意志がある。
それはやっぱり恵まれているんだなあとかそんなことを考える作品です。

雲の向こう、約束の場所

雲のむこう、約束の場所

さわたりーーーー!!!

なつ「もうわかったから」

逸脱するけど、私『北の国から』を6才ぐらいから観てたんですよ。再放送版なんですが。
だから純とほたると一緒に育ってきたようなそんな感覚があってですね。

「あ、純だ。」っていつも思うわけで。
Dr.コトー診療所のときも「あ、純だ。」って(完全に余談

南里侑香様がもう最高の演技なわけで。
新海誠作品で一番好きなヒロインが沢渡佐由理なわけで。
それはもうどうしようもなくダントツなわけで。

雲のむこう、約束の場所

かわいい。

新海誠のSFって設定や科学考証にどうこうはあまりつつくのも野暮な部類で、人情ものの一悶着が面白いんだなと。そしてやっぱり青春映画だなと。童貞映画だなと。観終わった後の感想は「どこまで行くんだ、新海誠」でした。

星を追う子ども

劇場公開前の予告編から「ジブリっぽい絵になってるなあ」と思い結局観に行かず。

でもこんな記事書いていて、「星を追う子ども? ジブリっぽいから観てませんが?(ドヤァ」じゃカッコもつかないので昨日借りに行きました。

星を追う子ども 

ジブリっぽいと思ったらほんとにジブリオマージュがいたるところに。ジブリオマージュというのかラピュタオマージュというのか。

一緒にサンドイッチを食うのは、受け入れメソッドとしては定番ですね。腹割っていこうぜという。同じ釜の飯を食う的な。

半から中盤にかけて、アガルタに入っていったあたりまでで、なんだか全く物語に引きこまれていない自分を発見しまして。レビュアー気取り目線で構えていた部分はあるにしろ、どうにも先がそこまで気にならない。

よくあることですね。簡潔に言うと「これ面白くなんのかなー」と思っている。

理由としては  キャラクターに感情移入できてないから。(後述)

よく聞く文言ですね。脚本指南書でもいつも出てくる。「読者を主人公に感情移入させろ」みたいな。もう耳タコですよ。確かに興味ない人間の生い立ちも将来もどーでもいいのは事実ですが。

なぜなのか? いくつか思いつく。

横文字造語が多い。それもある。後出しジャンケンをさせられている気分になるのは必然である。しかし、横文字造語は本筋には関わっていない。ややこしくはしたけど。

で、(後述はこっから)

今回のはそういうケース(キャラ感情云々)でもない気がした。
もっと前提として、根本の問題として

いまなにをやっているのか(何が行われているのか)がわからない

といった状態が視聴者を迷子にさせたんじゃないかと思う。そんな状態だと、

この後どうなるのかなんて気にしようがない

って思考の構造なのかなと思われる。

ぱっとラジオつけて

「広島対巨人の三戦目、8回ツーアウトから広島に満塁ホームランが出ました!!」

とだけ言われても、何対何のスコアから出たホームランなのかがわからないと意味がない。追いついたのか追い抜いたのか、同点から突き放したのか。それがわかればこの後の展開が予測できてさらに期待できるわけです。いまがわからないと先の展開なんてとてもとても。

ここはぐっと来たぜシーンもあったはあった

後半も後半。アスナに皆が呼びかけるシーンで回想風にキャラクターがピンで映り出されるカットで、マナ(ミミを引き取ってくれたアガルタの女の子)が「アーア」って言う。

これ、アスナって言ってたのか!! と。ここは鳥肌がぶわっとなった。娘がお父さんを初めて「おとーさん」って言ったときのあの喜びに近いんでしょうね。

命を全うして、泣いてくれる人がいるってのは幸せなことですね。私もそうありたい。そういうテーマが見えたのはいいことだ。二回目の視聴はないと思うのが少し残念。

言の葉の庭

花澤香菜、入野自由のWキャストに大江千里のカバーを歌うのが秦基博。

言の葉の庭

20歳に25歳の女性なんて出来るんかいな、とか思ってましたが、
概ねざーさん良かったですね。
元15歳、依然15歳のままな未熟な25歳だったからですかね。
でも泣きじゃくりの演技はあんまりこんかったなあ。(おい
Rainに救われた観はある。

予告編は完璧だっただけに。

で、。

雨がすごい。雨というか水分描写がもう何から何まで。
玉ねぎのみじん切りとか。緑とか。すべてが実線じゃないのも過去作品から変化しました点でしょうか。いわばこの映画で私と新海誠作品は同期を向かえたわけです。最新の新海をラグもない状態で浴びられるようになった。そんな映画体験が悪くなるわけがないじゃないですか!?

言の葉の庭

この段の裏に反射するゆらめきがもうね。もうね(便利な言葉)

言の葉の庭

コンクリの打ち返しとか。

美術は最新なのでやっぱり綺麗。綺麗すぎて一回じゃ堪能できない。

ちょっと「?」となったシーンが。

非常階段で本音をぶつけるところ。↓

言の葉の庭

あの向こうに見える電気のついたマンションの窓。これいらないだろう。

ws04929 ws04927

ユキノ先生の後ろはどにょりとした曇で統一しているから目移りしない。でもタカオの後ろには窓があり「なんかあっこから出てくるんじゃねえか」と気になってタカオの表情から視線が外れてしまう。

わゆるテーブルABCとかABC対話法とか言われている手法ありますよね?
勧誘であったり説得であったりといった場面で使用されるポジション取りの話です。
ネズミ講でも上から頻繁に教えこまれる手法。

要は、視界上からは目移りする要因になる要素はすべて排除しろ。というもの。

脱線しまーす。

なつ「きた、脱線グセ」

BCをネズミ講に誘います。一度話を聞いてよ、とファミレスに呼び出されるとBの先輩であるAがすでにテーブルに腰掛けて待機してました。

ネズミ先輩

Aがいかにこのプロジェクトが素晴らしいかを解説します。

Bは基本的には静観していてサポート。Cから質問が来たら「どうなんですかAさん」とあくまでもACの会話を意識させる。

Cは怪しいながらも話を聞くことに。

ここでCの視界にはAとAの後ろの赤い部分が写っています。
ファミレスです。この赤い部分はなにがありますか?

画像の赤い部分は壁です。Aは理解した上で厨房や道路が見える窓側を選んだりはせず、変化のない壁を背景に選んだ。
CAしか視界に映らない、Aの話を聞かざるを得ない状況をつくっているんですな。

これがテーブルABCみんなも気をつけて(経験者は語る)

脱線終わり。

言の葉の庭

なぜ監督はこれができなかったのか。それが謎です。

オススメは『ほしのこえ』から

まだ新海誠作品をひとつも観てない、今回の『君の名は。』が初めて、あるいはいくつか観たけど『ほしのこえ』はまだ観てない。という方。オススメです。

長ったらしく書きましたが、
どうかどうかたくさんの方が新海誠作品を観てもらえますように。

さて、『君の名は。』はどうなるのか。

どう楽しませてくれるのか。楽しみです。

私はムビチケで前売を購入したものの、26日はライブ活動に勤しむために劇場には寄れない。日曜日以降になる。そのときはまた駄文を生むと思うので、どうかどうか、優しい目で見守ってクレメンス。

by カエレバ

【9/16追記】

観に行った感想で一本書いたのでリンクしておきます。よければどうぞ。

【感想】映画『君の名は。』を梅田で二回鑑賞。プラスとマイナスの評価点を挙げる。
ネタバレあり。評価点と不満点を挙げていきます。あとオススメの映画も。