【音楽】RO JACK2017の一次通過の楽曲を聴いている。リスト作ろうかな。

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

あなたはリスナーかプレイヤーか、どちらにせよ音楽に多少の興味があって、RO JACKにも興味を持っているのは間違いないよう。

私はといえば、タイトルの通り、一次通過した数百曲に及ぶ審査(投票)曲を聴いている。「イントロでがつんとくる」とかクソみたいな怪しげな免罪符に抗うべくフルサイズ視聴である。どこにバンドのきらめきが仕込まれてるかなんてわからない。

9mmっぽいの、ミオヤマザキっぽいの、UVERworldっぽいの、ONE OK ROCKっぽいの、米津玄師っぽいの、シティ・ポップ、ブルース、ファンク、フォーク、ポエトリー、エモ、スクリーム、ハウス、エレクトロ……mixが雑いの、途中で切れてるの、ヒューマンビートボックスがいるの、ボカロにコーラスしてもらってるの、フランス語で歌ってるの、9分越えしてるの、マイナーで回すリフ、ペンタトニックのメロ、色々ある。4つ打ちは減っている傾向にあるのかも。

5月8日の18時が投票の締め切りなので、そこまでに全曲を耳に通したいと思っている。GWを無駄にしている実感がじわじわ。

さきに断っておくとこのページでは「気に入ったアーティスト」の類は出てきません。「俺達の名前はあるかな」とか期待した人がもしいたら、そンときは……ほんとすみません。まだ全部聴けてないので……。

(2017/5/12追記)
全曲聴き終えまして、泣く泣くデカすぎないサイズまで削ってリストを作りました。こちらから→<【音楽】RO JACK「聴けるまとめ」見送りのお知らせ、そして公開へ…

(追記終わり)


前回の467組から200組も増え、”665組”という目眩のしそうな膨大な数の一次通過者をみるにつけ、「優勝は……『栄えある665組の頂点!!!!』〇〇〇〇ですー」っていうコピーが欲しいのか? なんて邪推が……。”150組の頂点”よりは箔がつくでしょうし。「流石に今回はお断りで良かったのでは?」と思わなくもない楽曲もありましたし、もうちょい間引くのもアリだったのではないか。とかなんとか。

私がリストを作るにしても、『音楽に真面目に取り組んで欲しい』とかで作ると運営にハジかれる可能性があるのでこっちのブログで羅列しようという腹積もりです。そんな途中報告。

リストを作るのにもタメライが

今回始めて興味を持った私なので「聴けるまとめ」なるものが新システムなのかは知らないが、ぱっと目を通すとマイナビの記事みたいなタイトルがあって、立ちくらみがした。あと、エクスクラメーションマークは半角でお願いします。

※公開されている聴けるまとめ記事は、RO JACK製作委員会ならびにロッキング・オン・グループ各社の意見や考えを反映したものではありません。また、まとめ記事の内容やまとめ記事に掲載される頻度が、選考に影響することは一切ございません。(予選通過アーティスト発表以降は、リスナーのみなさまの投票の結果と、RO JACK製作委員会の推薦を合わせて選考を行います。)

RO JACK「聴けるまとめ、とは?」のページより引用

「まとめは選考に影響ないよ」なんて説明があっても、どうしても勘ぐってしまう。斜に構えちゃう。全曲を自分の耳で聴く人間がどれだけいるのかって。

明らかに少数だと思う。結果、ある程度のプレゼンに甘んじようとする状況が生まれる。リストを見て確かにいいね。じゃあボクっちも投票」で終わると、それは自由選択の機会が奪われているような気がする。この手の投票システムに「フェア」なんてのはファンタジーの一種だと認めるべきってのは重々承知してはいるけど。

前評判だって実力だ。それは間違いない。

「リスト製作者はどれくらいサンプル数を聴いたのかな」って疑問がずっとあって。全部で666組ですよ。一人やらかしたのか除外されましたが、とにかく665組。

聴いていた傾向として、9割が3分を越えている楽曲です。3分未満で収まってたのは15もなかったと思う。なかには6分に及ぶものもあったし、4分半強も珍しくない。

(おい、THE STICKMAN。1トラックに収納されてたらそれはもう一曲って強引にシークレットトラックっぽく別の曲入れてくんなよ。9分半付き合ったこっちの身にもなれ。どうしようもねーな、お前ら。運営もなんでこんなの通した?)

166曲×3分でどんぶり計算で8時間半から9時間半。666組で計算すると一曲が3分きっちりで33時間18分、平均は余裕で3分以上なので仮に3分半で計算する場合は38時間51分。これが(譲歩して平均を3分半と仮定すると)全部の楽曲をフルで流したとき過ぎさる時間です。ライトノベルの下読みの辛さを味わった気分。いや、いいバンドを見つけたから大損一辺倒ってわけじゃないんですがとにかく。

38時間と51分。のべ、2331分(なんで言い換えた?

これを全部聴いて、そこからリストを作ったということなんでしょうか?

──の結果が20そこらしか耳にヒットせず、だったのでしょうか?

世知辛いなあ、フェスのオーディション投票者は。たいへん耳が肥えておる。かと言って50も90もリストアップされてもそれはそれで困るか。

さっきから、全曲聴いた人間がいないと決めつけてるみたいで良くないな。
フル視聴300曲を前にしてストレスが一回頂点を迎えたせいです。ごめんなさい。先に謝っておきます。

「全曲聴いた」と「全曲のシークバーをいじった」は別だぞ、なんて苦言を心に留めながら、結局私もどこかで諦めて妥協したリストを作るんだろう。イライラしながら誠実さの欠片もないやつを。分担で聴いて作ったリストも聴いてなくて作ったリストも、誰の何が偉いわけでもない、とか言い訳しながらさ。

ジェネリック(バンド)の扱いに困る

(コメ印は5/12付の修正加筆部分)

私も最近知ったんですが、他のアーティストの既存の曲をがっつり出発点として演奏することを「ジェネリック」とかいうらしいです。褒めてません。おそらく揶揄の部類です。夏bot氏(For Tracy Hydeの)が言ってるだけかもしれません。揶揄されても自称して自虐して、開き直って始末が悪い。

ジェネリック医薬品と同等の意味合いで「特許の効果がきれたので作った模造品」と受け取ればいいんでしょう。といっても著作権が切れてるわけではないので、あくまでも「賞味期限がきれた。時効だ」って個人が判断して曲を作ってるようなもんなんですが、表層を見れば「パクリ元がバレても問題ないスタンス」のようなものを感じる。

「商用利用してないし、別に問題ないっしょ?」的な。
「お前らの音楽的IQを試してやったんだよ」的な。

個人的見解だけども。


(※ここまでが、ジェネリックと呼ばれうる人に対して私の思うところ)


そんなNew Cinema 蜥蜴みたいなのがちらほら一次通過楽曲にあってですね。参加者の思惑と製作委員会の思惑とがわからなくて、私は戸惑ってる。売名行為の一種なのか。いや、全組が自身のバンドの名を売りたいとは考えているだろうけど、それにしたって……。

思い出出場なら辞めて欲しいし(※思い出応募でもなんら問題はない、それは私がとやかく言うことじゃない)そもそも通してほしくなかった。
優勝して、それ演奏するのか? とか。(※これはそのまま思ってます)

〇〇の影響下どころじゃない

とりあえず一曲聴いてもらいましょうか。そのほうが伝わる。

ナイトサファリの詳細ページ
http://rojack.jp/contests/rijf2017/artists/35165

ナイトサファリっていう滋賀のバンドで、今回知ったので他の曲は知らない。すみません。

これの元ネタ(※と思われるの)が a flood of circleの『Buffalo Dance』

とまあ……オリジナルで勝負する大会なのかそもそも知らないけれど、これじゃ印象よくないだろ、と思ったらリスト作ってる方もいる……。「間違いないバンド」かそうかそうか。

SuchmosがJamiroquaiまんまだとか、[Alexandros]がthe1975やMumford & Sonsの拝借りだとかの話とはやや次元が違う。

こういうのがちらほらいたので、心象としては「こっちは頑張ってフェア(そんなものはない)に近づこうと全曲目指そうとしてるのに、手を煩わせないでくれ(※この部分はただの自分の都合ゆえのことでした。汚い言葉は訂正させてください)な気分です。そんな愚痴のはけ口でした。

聴き終えたら大会の内外関係なく面白かった人たちを紹介もとい羅列したいと思います。

 

【全体的な修正方針として】一抹のリスナーとしての立場を越え見誤った部分・物言いがあったので修正を施しました。


RO JACK2017 一次通過アーティスト紹介ページ一覧
http://rojack.jp/contests/rijf2017/first_stage_winner

上のページで全アーティストの楽曲をフルサイズで視聴できます。

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

【あんまり更新しないけど、待機フォローしてくれたらそれもとってもうれしいなって】

フレッツ光192,000円割引はこちら