【アニメ】『昭和元禄落語心中』 落語シーンの演じ分けをアシストするカメラ……とマクラを少々

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

こんにちは、です。

現代に生きているキャラクターの回想でメインストーリーの時間軸に移動するというのは、物語の導入としてはそこそこ見かける部類のものですね。タイタニック永遠の0(元ネタとしての壬生義士伝)、スタンド・バイ・ミー、etc……

これも細かくみれば、終盤になるまでずっと現代に戻らないパターンと、ちょくちょく現代をはさんでくるパターンとに二分します。『昭和元禄落語心中』は前者のパターンですね、アニメを観ているいまのところは。もう少しで戻りそうですが。

それよりも落語中のカメラの話しようぜ!

OPは椎名林檎×林原めぐみ(女王×閣下)

すごいコラボレーションだこと。閣下のOPなんて『まなびストレート!』以来かあ──と思っていたらスレイヤーズの新作でも主題歌歌ってたんですね、知らなかった。

玉田豊夢 a.k.a 100sのドラマーがいい味だしてます。浮雲らしさはあんまり感じないんですが。

by カエレバ

OPの映像が『R.O.D』シリーズと似てるんですよ。文字の出し方とか昭和レトロな風味とか。冷たい温度とオドロオドロしい感じ。京極夏彦の世界観とでもいいましょうか。

共通のスタッフがいるのかな、と思って調べたらRODの絵コンテ、松竹徳幸。松竹氏は今期アニメでは『Dimension.W』のキャラデザなんてしてます。 

落語心中のほうは──
ws02439

なんと同じ人でした。なんじゃそりゃ。

RODのOP絵

ws02433 ws02432 ws02431

落語心中のOP絵
ws02438 ws02437

改めて画像探してみると……まあ通ずるものはありますね。
RODはやっぱり石浜真史の香りが。上の画像の音楽の「音」とか石浜の「石」の丸っこさ。
これ、種田梨沙の演技がグンバツ良かった「新世界より」のロゴなり作中文字なりで出てきたものに似てますよね? 監督が石浜真史その人なんですもん。

ついでに昔話を蒸し返すと、シリーズ構成熊谷純は「ギルティクラウンまじギルティ発言(私が勝手にそう呼んでます)」の人としてその名を知りまして。

「クリエイターたるものクリエイトしたもので周りを納得をさせていく(あるいは判断されるべき)もんだ」とも私は思っていたりするので、いいこと言いますね、と熊谷純氏の参加作品をチェックしたわけです。

で、ハマトラ』を見せられたわけだが。

ペルソナも見せられたな。

アクエリオンロゴスは流石に避けましたが。
ガリレイドンナの最終話も担当してました。これはノーカンでも構いません。

でもいまのところ、落語心中は楽しく観ています。
じゃあ、本題にいきましょうか(ギュイーーーーーーン

本題:カメラ位置による一人多役へのアシスト

ギュイーーーーーー。

なつ「もういいよ」

これ、ハマトラ2のアイキャッチというか場面転換のつなぎで使われてたSEのつもりなんですが伝わってなさそうですね。『NO MORE HEROES2』の拝借りだって話もありましたが。

まあどーでもいいけどねっ(CV:能登麻美子)

by カエレバ

第一話の『出来心』と第十話の『死神』落語シーンでのカメラがちょっと気になったので見てみましょう。

第一話での『できごころ』

いぶ前になりますがイマジナリーラインの話をしました。
絵が下手で見れたもんじゃないですが。今回もちょっとだけ踏まえた話です。

落語イマジナリーライン

寄席のシーンなので、噺家とお客さん(の中心)に引かれます。(絵が汚いですが、上に伸びてるのではなく奥へと伸びてるイメージです)

できごころ』にはキャラクターが同時に三人でてきます。大家、家主、泥棒です。

実際の落語を見たことのある人は見覚えがあると思いますが、通常噺家は座布団の位置から動きません。演じ分けには口調と表情、そして顔の向き(←ココ重要)でキャラクターを一人二人と描き出します。

右を向いて喋り、今度は左を向いて返答をする。こうして会話を成立、進行していくんです。

なつ「まあ初歩の初歩、基本ですね」

でも画的に真ん中で首だけ横に振ってるだけだとどうもつまらないものになりかねない。
そこで動きを生む目的で役が変わるタイミングに合わせてラインを移動しながら顔のアップにする。そうすると不思議なことに一人しか役者がいないのに画面上はリバースショットになっている! これは面白いですね。

ws02428
ws02429
ws02430

この三枚の画像。上の絵で説明するとA→B→Aとカメラが移動していて、キャラクターも

盗るようなものは何もなかったと怒り出す泥棒→それを聞いて問い詰める大家→バツが悪そうに白状する家主

泥棒→大家→家主と切り替わっていきます。この連続疑似リバースショット。いい。

第十話での『死神』

こちらは八雲の『死神』

きほどイマジナリーラインを跨いで擬似リバースショットみたいなことを言いましたが、イマジナリーライン上にカメラが入ると(立っていると)どうなるかというと、たいていがPOVみたいな画面になります。

point of view──人間の目から見ているような画面です。FPSのゲームとかのあの感じ。

イマジナリーライン上で撮るとPOVの画面でかつ役者はカメラ目線になることが多いですね。

ここでは後ろのロウソクの山があからさまにずれるような画にして、カットが変わったことをわかりやすく表現している。そうすることで死神と男が対面して会話をしている、というのがすっと理解できる。

落語

死神の対面gif

第一話 絵コンテ:畠山守
第十話 絵コンテ:名村英敏

後日談というか今回のオチ

今回はまともな文がかけたんじゃないですか。

by カエレバ

なつ「いやあ、どう見ても……乱文でございます」