【音楽】LILI LIMITというバンドにビビビビっと来ました。

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

こんにちは折田(兄).exeです。

ライブハウス行ってますか? 私は全然足が向きません。というか予定が空きません。

いや、そんな私事はいまはどうでもいいんです。

近畿圏・大阪エリアの方々。 

9月13日 身体は空いてますか? もう一度いいます。9月13日です。9月──

なつ「しつこい」

じゃあ、
9/19(土) 渋谷WWW
9/26(土) 福岡Queblick
9/27(日) 広島4.14
10/25(日) rise周南(山口)

どっか空いてないですか?

なつ「必死すぎる」

──お、ベンジーですか?

なつ「違います」

──ま、私大阪に住んでますからある意味「近畿圏すぎる」と言えなくもないですが(ドヤァ

今年はなんだか音楽の裾野が広がっている気がする

これ、使い方あってんのかな? まあいいや。個人的に、って話です。市場がどうだとかの話ではありません。(市場は衰退の一途? CD市場に限定するのか、ストリーミングも資料に入れるのか……と状況は様ざまですが)←このあたりの難しい話は──

なつ「……おいおい?」

──わかってんじゃないですか。

さて。

ライブに行きたくなるようなバンド・ユニットがちらほらと出てくるもんで、私ゃ何かと楽しいわけです。

こないだYou Tubeを漂っていましたら、で黒木渚の『君が私をダメにする』のMVを見ていたら関連動画に『at good mountain』のMVが並んでいるのを見つけました。

気になって聴いてみる。

これ、いいじゃないですか!? 面白いバンドだなあ。
久々にYou Tubeが仕事してくれましたね。

2013年からCDも出してましたが、知ったのはほんとつい最近で。過去作品も聴きたくなってネットで情報を探してみるも、廃盤だったりして手に入らず。非常にもったいないなー、と。
(8月頭くらいにAmazonとセブンネットで注文したんですが、セブンは取り寄せできずキャンセル、Amazonは延期メールからこっち一ヶ月音沙汰無し)

とりあえず、7月に出た『Etudes』という名のアルバムのダイジェストがYou Tubeにあるので聴いてみてください。

どうでしょうか?
PC技術・デジタル技術との親和性が高い次世代ならではの音響づくりって感じがします。
発想が若いっていうのかな。切り貼りが自然と身についてるDJ感覚っていうんですか? 言葉乗せまくってアレですけど。

なつ「で、実際若いの?」

──知らない。ただ、こないだ『崩壊アンプリファー』を小6で聴いて──みたいなの見かけたから、あのアルバムが出た当時の話なら3つ下の代くらいになるのかね。私が高校に上がる前には『君繋ファイブエム』も発売してたはずだし。懐かしい。そして忌々しい。

(本題に関係ないけど)『遥か彼方』がNARUTOのOPだったんですよ。三ヶ月くらいだったか。アジカンの初タイアップだったんじゃなかろうか、これ。

ほいで、その裏というかEDですか。同時期に『ハルモニア』を歌ってたのがRHYTHMっていう女性ユニットでして。このうちの一人だった新津さんが現在Neat’sとしてソロで活動しています。こないだもpangeaでライブをしてました。非常に楽しいライブでした。はい。

by カエレバ

amazonのレビュー一件もないってどういうことだよ!!みんな関心示そうぞ!

at good mountain だけじゃない『Etudes』

at good mountain。

最初はね、「あれ、シモネタ?」って思いました。

あれか、『モーニング・グローリー的な、とか考えてました。

なつ「あれもそういう意味合いではないんだけどね」

まあそうなんですが。でも曲はいやにポップンしてて高揚感つーか溢れる多幸感。

ピザも納豆も単体では大したことはない。でもピザに納豆ぶっかける奴はなかなかいないでしょう? しかしそれを成立させてるからね彼らは。決してプログレの域にいるという意識では活動していないと思う。ABBAっぽさはあれど。

でも音の拘りはビんビん感じます。あ、変な意味じゃないんで嫌いにならないで。

とりあえずリード曲である『at good mountain』のMVも聴いてください。

Dメロの高揚感ったらないね。

じゃあ、大勢のストリングが盛り上げてくれるイントロをスペクトラムで見てみましょう。

etudes
1000Hzあたりからじわ~っと音が出てきて、そこから高音と低音に広がっていくんです。面白いことするなあ、まったく。波形が山のようですね、グッドマウンテン。

Pangeaでのライブイベントが楽しみだ

んで、本題ですが13日心斎橋Pangeaでけっこう面白いイベントがあるんですよ。

面白いイベント、つまりワンマンではない。ワンマンでも全然構いませんけど。

本命の目当てはLILI LIMITですけど対バン相手がまたアツい面子。相手にとって不足なし。

ではさくっとMVに頼らせていただきます。You Tubeはほんと仕事するなあ、つって。

雨のパレード

残響レコード系のバンド。2013年結成。

残響のバンドカラーはけっこう共通している印象を持ってて、空間系というかドラムも合わせたアンサンブルがかっちりとしているタイトなイメージ。曲温度が冷たい。もちろん轟音もあるんですが。
代表的なバンドを挙げると、まずtèから始まって、cinema staff、ハイスイノナサ、people in the Box 、9mmも以前までいました。あとmudy on the 昨晩ですか。

スタジオで徹底的に叩き上げるのが信条の残響(というか河野さん)ですから。演奏力は高いと思います。

せっかくなので新しいものにしましょう。


ペトリコール』も好きですが、こっちの振れ幅も気持ちいいです。

asobius

UK PROJECT。2011年結成。

名前はよく聞いてましたが、今回はじめて曲も聴きました。

オフィシャルで「洋楽らしい」みたいな紹介も珍しいですが、確かに海の向こうの雰囲気はありますね。たぶんヨーロッパですね。


漆塗りのジャズマスターかっこいい。

STEPHEN SMITH

オープニング・アクト枠。前座枠じゃないですから。
だいたい30分くらいやるだろう、みたいな見通しでSTART時刻から30分後にフロアに入ってくるのほんとヤメろよ!

フロアの床が見える切なさよ。ちゃんと、ちゃんと観てくれよ……。

すみません、情報不足で未知数です。せっかくなんで生で確認してください。

真価はやっぱりライブで問われるんじゃないか

とまあ、私の気に入った部分をさらっと書きましたが、これでライブに足を運ぶ人が増えるんかね。謎だわ。小松未歩だわ。

その時期のメンタルや財布の状態にも左右されるもんですが、ごくたまーにたった一曲を生で聴きたいがためにライブ代(3000円くらいですが)払えるよってテンションのときがあるんですよね。 the pillowsの『MY FOOTとかチャットモンチーの『親知らず・染まるよとか。これ、生で聴きてえなあ、と。ばっちり自分にハマる瞬間。今回もそのパターン。

それって凄いですよね。mp3で150円とかにされちゃう一曲かと思えば単価3000円の価値にもなり得るんですから。いやあ、不思議面白いですね。

バンドってのは、演奏力あるいはステージングが最後のところで効いてくるんじゃないか、と思ってます。CD音源はいいのに生の演奏では「……」なバンドや歌手も多いのも事実なので。(シューゲイザーアイドル「……」はここでは関係ないよ!)

現代の編集技術は凄まじいなあ、なんて感想にならないと思いますが、そこも楽しみにしておきましょう。

チケットは□ーチケとかè十とかで買うんなら本人に直接取り置き申し出をだしたほうが喜ぶんじゃないかな?内情は全然知らないけどね! では、各地のライブハウスで!

心斎橋Pangea〈http://livepangea.com/〉