【メモ】黒澤明の『生きる』に出てくる芥川っぽい文豪さん

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

四歳で盲腸と診断されたけど、折田(兄).exeは元気です。

レンタルビデオショップには通うもののどうにも黒沢作品に手が伸びず、「いつか観なきゃいつか観なきゃ」と思いながら陳列を眺めている日々がここ10年くらいありましたが、ようやく一本借りる決意がつきました。映画の素養をしっかり身につけないと黒沢は理解できないんじゃないか? と不安になっていたのが原因でしょう。

気負いせずこれから二週間に一本は黒沢作品を観ていこうと思います。(特に名の上がっているものに限るかもしれない)

描いたのは人生観への問いかけと、どこまでも怠け者な人間の体質

生きる 黒沢明

あの志村喬がブランコにちょこんと座っているビジュアルがあまりにも先行していてみんな本当に観てるかな、なんて思いながら、”胃がんを宣告されて死と向き合う男の話”という前情報はパッケージの後ろで把握はしていたんですが、物語の描き方は思ったよりも湿っぽくはなくてむしろ前半はユーモラスな会話があったりして、意外な印象を受けました。

細かい文豪ネタ

主人公の渡辺が病院の待合室にいる間、同じく胃を患っているおっちゃんが隣に腰掛け、とある患者を話題に挙げ、この病院の医師の言葉にある裏側の意味を教えてくれる。

それは、「胃がんの患者には事実通り胃がんと告げずに〈かるい胃潰瘍です〉ってこういうことを言うんですな」といったことや「食事制限は特に問題視しなくてもよい」などで医師は必ずお茶を濁すとおっちゃんは教えてくれる。

生きる 黒沢明 芥川 生きる 黒沢明 芥川

左の画像奥、右の画像では鏡に写っているこの男、どうにも見覚えがある。

例に挙げられた体調の悪そうな患者だが、台詞はないのだが戦後の文豪のような恰好からもやや浮いて見える。注目してくれといわんばかり。『人間失格』の作者の太宰治に似ている気がした。

その後、渡辺が胃がんであることが視聴者も知るところとなり、退出した渡辺を尻目に医師と看護婦(時代的に”看護婦”)がこんな話をする。

医師「きみ、もしあと半年しか生きられないとしたらどうするかね?」

すると看護婦は、所詮他人事とでもいった具合に真面目に考えもせず、

「そこの戸棚にベロナールがありますわ」

と、すまし顔で返す。

ベロナールとは、バルビタールという睡眠薬の商品名のこと。

つまり苦しんで生をまっとうするよりも、眠っているあいだに死を迎えます、という意見。

そこでピンときた。

なるほど。太宰ではなくて芥川なのか。そういえばそうだ。

芥川龍之介

芥川龍之介の死因はベロナールの過剰摂取による自殺なのである。

という小ネタが挟まれていたのでした。

後半、通夜のカットバック

五ヶ月後、渡辺は死んだ。

渡辺は自身の胃がんにはたして気づいていたのか、なぜ公園づくりにあんなに躍起になっていたのか、といた疑問を通夜に参列した役所仲間が「そういえばあのとき……」と振り返りながらひとつの推論が展開されていく。

ヘンリー・フォンダ版の『十二人の怒れる男(1957)を思い出しましたね。もしかしたら黒沢明の影響があるのかもしれない。

by カエレバ

それから『キサラギ』ってしょうもない映画もありましたが、あれって”『いきる』ごっこ”がしたかった映画だったんだな。本作観てやっと気づいた。

話を戻しましょう。

渡辺の死の間際の行動に触発された役所仲間は、役所の人任せ体質・ことなかれ主義の薄っぺらい仕事に嫌気がさし真っ当な仕事をしようと誓い合うのですが、そんなにすぐに人は変われない、という少しシニカルな幕引きでした。

志村喬の演じた渡辺にしたって、自分に降り掛かった「死といういずれ訪れる現実」に触発されて初めて考えを改めたような人間であり全肯定できるような人間ではなかったわけで……。
といったような無常観・ヒューマニズムを描いたことが黒澤明素晴らしい功績なのではないかと思う次第。