【アニメ】『甲鉄城のカバネリ』一話観る。たまんない。

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

雑記

第二話はいつになるんだろう? つっても熊本・大分へのライフラインがしっかりと供給できてない状態で「アニメ見せんかいこらー」ってあまりにも人情味に欠けるよな。野球中継で金曜ロードショーがずれ込んで予約録画失敗したときはよくご立腹したもんだけど、娯楽が娯楽を押しのけるのとはわけが違うからねぇ……。生活あっての娯楽ですから。

邪推・嫌な勘ぐりになるのかもしれないけど、「寄附金控除」制度があるから、球場の前で募金箱とかあっても入れない。誰かが基金を立てるよう計らってくれないと始まらないのは当然理解はしてるつもりなんだけど。

だから自分で郵便局まで募金しにいくことにしてる。わざわざ郵便局に出向くのはめんどくさいっちゃそのとおりだし、窓口で自分の出した金額が少額だって局員に思われるのとか嫌だなって気持ちは誰もが持つのかもしれない。思い出作りですか? とか思われてるかもって不安は私も感じる。そのあたりは募金箱にさっと入れたほうが気持ちも手間も楽なのはわかる。

でも自分で窓口に向かうとより実感できると思う。自己満足に酔ってるといえばそのとおり。
因みに寄附金控除は申請した場合に返ってくる、というものなので、悪法でもなんでもありません。節税は大事……なんだけど。雑記おしまい。

『甲鉄城のカバネリ』はスチームパンクである

スチームパンクの「パンク」が何を指してるのかはいまだ不明だっていうね。サイバーパンク、サイバーゴスなんてファッション(主に服)が存在するから、ないないと言われてきた音楽ジャンルとして扱われる「パンク」ともしかして関係あるんかも。ゴスがゴシック──ゴート族の〇〇的な修辞系──なのは知ってるんですが。今のところ「かばん語」だって説が有力。

スチームパンクとは、設定についてのワードである。蒸気機関エネルギーが榮えたヴィクトリア時代がそのまま文明の中心になった、なっている世界などを指す。というてもようわからんか?私もようわからん。

要は

デジタルが登場しないまま文明と時間が進んだ世界線

くらいの受け方をすれば大方間違いじゃない。ここで重要なのはまだデジタルが栄えていない世界、というニュアンスとは全くの別物だということ。

例えば明治大正時代とかを忠実に描いた話があったとして(JINとか? 観てないけど)それは違うわけですよ。鉄道員(ぽっぽや)も違うわけですよ。

スーファミのFF6とか(7も加えてもいいか……)の世界。ラピュタみたいに変な要塞が浮遊してるんですけど、そこらじゅうから「プシューッ!!」って蒸気が出てて、これ動力ディーゼルなの!? みたいな。

こんだけ現代っぽいけど、ギミックに関してはなんかアナログだなあ……みたいなところがリトマス紙です。ハウルの動く城とかもそんなんだった記憶があるんですが。(ちらっとしか観てない)つーか「現代っぽい」の定義を説明しろって話だな。すみません。

サイバーパンクの画像検索

スチームパンクの画像検索

百聞は一見にしかずってことで。

一話観る。画がやばい、というか陰ヤバイ

ジブリの、特に『もののけ姫』を思い出した人も多いことでしょう。

なにこれ、とんだ手間かけるんだなあ。光源とか全部チェックしないといけないのに。
ようやるわ。

甲鉄城 カバネリ
このシーンの光の使い方とか進撃の巨人スタッフっぽさ全開だな。あと色彩ね。

しかも陰の付け方もただの二段構えのラインじゃなくてグラデーションっぽくなってる。仕上げor撮影の仕事膨大だな。

甲鉄城 カバネリ いこま

工場(?)に入ってくるところは光源が変わるので陰の位置も変えてる。

甲鉄城 カバネリ いこま

首まわり、鎖骨のあたりに注目gif

ようやるわ(二回目

ここでシャフトが陰のつけた忍を見てみましょう。

シャフト 化物語 忍

白いってどういうことだよ

イコマの作ろうとしてる銃器について

貫き筒って言ってるんですかね。武士の持っているのとは違うものを作ろうとしているようです。仕事仲間が「炸薬は増やした?」みたいなこと言ってましたが、火薬ですねおおまかに。起爆剤というか玉を飛ばすエネルギー源。んで、どこが武士の背負ってるデカいマシン(火縄銃的なやつ。)と違うのかっていうと、
イコマが作ろうとしてるのは

ライフリングの精度向上を目指したもの

なんですよね、おそらく。

原理をしっかりわかっているのか微妙ですが。
仕事仲間の「空洞部分を長くしたんなら云々」という節からも推測できます。

ライフリングというのは弾が出て行く銃砲身のなかに螺旋状の溝を作り、直進性、安定度、威力を高める目的で作られたギミックです。1850年ごろに弾薬が球体から現行のようなロケット型に切り替わるタイミングとほぼ同じくして世界に広がりました。火縄銃にはもちろん実装されていませんよ。※

甲鉄城 カバネリ  ライフリング

冒頭で威力がまだないとき。プレートに回転の跡が残る。

甲鉄城 カバネリ  ライフリング

弾が回転しているので旗が巻き込まれているgif

旗の動きからも弾薬が回転しているとわかります。

意思の強い人間はかっこいい

この京まふで藤沢氏がデザインした子に似てるキャラクター、無名ちゃん。強かわいいってやっぱいい。※藤島(康介)氏です。たいへん失礼しました。(4/27追記

甲鉄城 カバネリ  無名

付き人がちゃんと死に絶えたかしっかり確認するところとか抜かりないです。カバネというのはゾンビみたいな存在ですから、そこズボラして足元掬われるような展開は面白みにかけます。いい。

甲鉄城 カバネリ いこま

覚悟の決まった人間は怖えぞ、つって。

あとは伏線っぽい箇所とかこぼれ話

ラピュタのパズーがムスカに金貨もらって「あの子のことは忘れたまえ」みたいなこと言われた帰路、転んでこぼれた金貨を拾うシーンありましたよね。「バルス!!」には参加するけど観たことはないなんて

にわかはここにはいねえだろうな!

そのオマージュっぽいやつです。

甲鉄城 カバネリ いこま ラピュタ

拾うgif

パズー

真偽は不明。

甲鉄城 カバネリ 無名 QTB

ズームgif

カメラが無名ちゃん映して、ちょっと揺れるのがいいですよね。渋い。

。。

カバネの性質がまだ全然わからない。(視聴者的にもキャラクター側も

カバネは一般的に民も知っている存在なのか。

オリジナル(感染元)はどこにいるのか。病気なのか。治療は可能なのか。

運動能力や知能はどうか。などなど。

一話じゃその存在は出てこなかったけど、カバネリというのがいるんですよね。トレイラーで知りましたけど、カバネと人間の間──みたいなこと言ってました。

もう大方察しがつくでしょうが、

無名ちゃん、イコマがカバネリなんでしょう。

ws02600 甲鉄城 カバネリ 無名

この目の光り方がカバネの心臓の光り方と同じ。

能力増幅(制御?)については首がキーポイントっぽいんですが、無名ちゃんの首に巻いてた紐もキラキラしてたしあの石も何かあるんでしょう。

カバネの謎として幼女が襲われたかはっきりと描かなかったシーンがちょっと謎を解くキーになりそう。『ワールド・ウォーZ』?知らない映画ですね……。

カバネリ4

馬と大人の男の人形が落ちる(消える)gif

ws02647

もうお父さん(とお馬さん)にフラグ立ってますやん……

フラグといえば、顔アップのときに髪が本気作画になるじゃないですか?
筆で描いたような艶っぽい画。これ、一話で出てきたところpickupすると……

ws02600 甲鉄城 カバネリ  あやめ 甲鉄城 カバネリ  無名

とメインに絡んでくるであろう三人です。

なつ「それで_?」

まあメインキャラクターをしっかり描くのは変なことではないです。

じゃあ序盤ガチ作画でもよかったはずのイコマのアップはどうして……(銃の出来に不満を出すシーン

ws02649

髪に注目

なつ「!????」

あらペンで描いた普通の作画ですね。いや全然普通レベルではないですが。

因みに上で並べた三枚のイコマはカバネになるのをセルフ首絞め~で食い止めた流れの

あとつまりカバネリになったあとです

なつ「アヤメもカバネリなんだ……」

あるいはカバネリ化しちゃうんじゃないかなぁ、といったところでお開きにしましょう。

これにまだEGOISTとAimerの楽曲が乗車してくるとか、胸熱ですわい。

by カエレバ

ありがたいコメントご意見ご感想

  1. hoshiimo より:

    すみません、消し忘れました。や、それ以上に意見には無用な言葉でした。
    武士のことを語る資格が無いのは私です。失礼しました。
    このアニメ、久々に作画が良くて熱い展開なので期待値が凄いです。
    ブレずに良い感じで話を落としてくれればなあと思います。

  2. hoshiimo より:

    熱いですよねカバネリ。今期ぶっちぎりの一番です。
    少しコメントを。

    >>付き人がちゃんと死に絶えたかしっかり確認するところとか抜かりないです。
    >>カバネというのはゾンビみたいな存在ですから、そこズボラして足元掬われ
    >>るような展開は面白みにかけます。いい。

    これ、どうでしょうか。
    「足下を掬われるような陳腐な考え」などの陳腐な考えで最期を確認してるわけじゃなくて、誇り高き武士が自害するところをきちんと最後まで見届けているように私は思いました。

    • 折田(兄) より:

      hoshiimoさん コメントありがとうございます。

      二回も「陳腐」と言われるとヘコミます……というのは戒めとして受け止めまして。

      武士に対して跪いたり、別れの言葉を告げたりと仰るように四門への敬意が無名にはあったのですから陳腐な考えと一緒にでも列記しておくべきでしたね。
      一話冒頭の泣きじゃくって自害していった武士と、自ら、静かに自害することを選んだ四門との人間の強さ・誇り高さの対比でもあったわけで。野良猫のような飄々としたキャラクターに見えていた無名への印象が変わる大事なシーンだけにそこはおさえておいてしかるべきでした。反省。