ハナヤマタのOPを観て、遠い日のFFを思い出す

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

はい、こないだの続きです。 続きといってもですね、今回は映像編というか、OP映像観てたら初期のFFを思い出したわけで、youtubeでぐるぐる巡回なんかしてたり。そっちがメインです。しかも短い。

なつ「まず、FFってエフエフのことじゃないんでしょ? フーファイ?」

ええ、植松伸夫大先生がその才能を際限なく発揮し私達ゲーム・キッズを魅了したファイナルファンタジーシリーズは今回関係ありません。 しかも私「ファイファン」派でしたから。

FFⅧ(エイト)で風神からパンデモニウムドローし忘れてセーブしちゃって泣きましたから。(それ以降やってない)

んじゃあ、FFってなんの略だよ? ってフジファブリックですよ。貴方。

「ああ、徒然モノクロームの――」

ってそうだけど、そうじゃなーい!

でも実際のところ、アニメライクな人にはそういう認識の人がおおいのかな。ノイタミナのタイアップで知った(知ってる)人も増えたようだし。とはいえ、もともと知名度が低いアーティストでもないわけですが。(なにそれ

遠回りでアナログチックな撮影手法

ハナヤマタのopで主メンバーがFIXで踊るシーンがあるじゃないですか? サビ入ったところから背景が花火→神社→屋上に差し替わるシークエンスです。これ、五人が踊る画と背景を重ねあわせているわけで。アニメーションならなんの変哲のない作業です。 そこで、実写ならこういった映像(あるいは写真)を作るときどうするかと言えば、クロマキー合成が登場するわけです。ブルーバックで一度撮影したものを誰もいない背景部分の映像にあてはめる、というあれ。

参考例として、前期放送の『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』のOP
 そこいらでおまーじゅやらぱくりをかもしたエビ中の『バタフライ・エフェクト』を。(そういえばこれもノイタミナか

前半、ジャングル風の一番後ろがセットものかはっきり分かりませんが、二番の歌い出し、メンバーに蝶がつく場面(羽が生えている体の)や後半の謎のスイミングシーンの背景。このあたりはクロマキーによるデジタル合成ですよね。これが一般的な手法。

  一方のフジファブリックはこれをアナログで実行しました。 演奏するメンバー全員の位置関係を細かく固めて、さらにはカメラとの距離もきちんと固めました。カメラも同距離にしないと、編集してくっつけた映像で微妙にメンバーが横にこぞって移動したり、前に出てきたりしてしまうからです。カメラから覗いた映像が、撮影場所が変わっても同じになるようにするのはなかなか大変な作業です。

ギターのストロークやドラムのスティックもスムーズにしないといけないしね。

このメンバー間は固定で画面も固定で(つまりFIX)背景だけが差し替わる映像がハナヤマタとフジファブリックのちょっとした共通項だったわけです。では、どうぞ。

フジファブリック/赤黄色の金木犀

どうですか? フジファブリックのMVのなかでも『』についで好きな作品なんですが。

青春は色褪せず

え? ボーカルが見ない顔? ドラムが刃田綴色じゃない? そうか、ティーンズは志村と足立を知らないのか…… 足立のドラムとアジカン伊地知のドラムと一悟のドラムで昔はわいわい騒いでたのに(遠い目

の後、アヒト・イナザワを知りやたら長いフィルインに凝り始めた時期がありました。 とにかく志村ボーカル時代を知らないなんてフジファブリックの半分知らないも同然なので、少し押し付けがましいけれども、『アラモード』か『フジファブリック』から聴き直しだ!  

by カエレバ

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

【あんまり更新しないけど、待機フォローしてくれたらそれもとってもうれしいなって】