買い替えたELECOMのブルーライトカットメガネが快適なのでおすすめします

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

「ブルーライト? プラシーボ効果ってやつじゃないの?」

──と思っていたのは三年ほど前。

ブルーライトの存在自体が半信半疑だったとはいえ、何の気なしに400円で購入した安いノーブランドのメガネでいざブルーライトのカットを実践してみると……、いや、実践した数日ののちにメガネを外してみると、「こんな危なっかしいものをずっと裸眼で浴びていたのか!?」と、もうメガネなしではPCのまえに長時間居たくないなと思うようになりました。

そしてその三年使っていたBLカットメガネがめでたく先週壊れたので、すぐっさまELECOMのブルーライトカットメガネに買い替えました。これが実にいい。実にいい値段。

そこまでお高くもないのですよ、お父さん。

ブルーライトカットメガネ

というお話をもう少しします。

(JINS? zoff? 知らねぇよ馬鹿野郎というスタンス)

ブルーライト、カットしてますか?

実際のところ、ブルーライトが「有害」かどうか医学面では素人の立場なのでわからないんですが、単純にPCのデフォルト設定だとディスプレイの色合いが悪くなっている気がしてしょうがなくなってきまして。意外に青みが強いんですよ。青白く、眩しい。

だから私は、眩しさ軽減&ブルーライトカットを目的として装着していることになります。

グラフィックプロパティで明度や三原色のバランスを変えられるのは知っていて、かつすでに好みの設定にしているのです。していながらメガネをかけている。

フィルムをディスプレイに貼るっていう選択肢もあったんですが、どんなにクリア(透明)なものでも色合いが変わってしまうのはどうしても避けられない。私はイラストレイターではないけれど、画像データを持ち寄っての色合いチェックやフライヤーのチェックの機会が少なからずあるので、デフォルトの色で観られる環境も残しておきたい。フィルムだと張りっぱなしになってしまうが、メガネだとすっと外すだけでいい。

フィルムが貼れない環境の人には推していきたいと思います。

メガネを装着することでオンオフのやる気スイッチの効果も期待できそう。
それこそプラシーボ効果レベルだけども。

ELECOMの「OG-YBLP01GY」こんな感じです

PCの備品を購入・検討した人ならば、名前を聞かないなんてことはないでしょう。私も電源タップなどでお世話になってます。サンキューELECOM

そんなELECOMのブルーライトカットメガネ「OG-YBLP01GY」がこちら。

ブルーライトカットメガネ ブルーライトカットメガネ

そのお値段2400円なり。無理じゃない。

もともと私は裸眼で基本的な生活を送っているので、眼鏡をつけるのはPCの前で作業するときくらいです。そんなわけで25年間も裸眼で、おしゃれサングラスさえ持っていなかった私は、三年経ったいまをもってしても視界に入ってくるフレームの存在や耳の上をテンプルが軽く押さえつける感覚にやっぱり慣れません。苦ではなくなったけれども。たまに「フィルムを貼れたらどんなに楽だろう」と思わなくもない。

話は変わって、今回の買い替えで重視したポイントが「フレームの存在感を消す」こと。わかりやすくノンリム(リムレス)のタイプが手に入れば一番いいなと。(メガネ慣れしていないので重みもできれば軽いものがいい)譲歩して上部だけ芯があって繋がっているようなタイプ。マラソン選手がつけるようなタマムシ色のあれ。あれでも良かった。

そんな理由をもとに購入した「OG-YBLP01GY」ですが、供養代わりの参考資料として以前まで使っていたメガネと比較してみます。

ブルーライトカットメガネ ブルーライトカットメガネ

まず、レンズ部分が大きくなりましたね。頭の包容サイズも大きくなった気がしますが、先セルの部分が内向きに閉じてきているぶん、側後頭部(?)軽い装着感をおぼえます。先端が長いので装着したまま枕に頭を乗せると浮きます。補足。

軽くなったのでもしかしたら堅牢性が下がったかもしれませんが、個人的には使用スペースが限られているのでそこまで心配はしてません。

ブルーライトカットメガネ 

両方の先セルに幅2cmの厚み0.6cmくらいの穴が空いてます。

メガネチェーンも実装できますよ。私は趣味じゃないけど。

そして最大のポイント。先述のフレームの存在感。

これがぐっと、ガッツポーズしたくなるくらいぐっと抑えられました。消えたと言っていい。ブリッジを眉間に向けてキュッと押し込んで装着するとフレーム上部は視えなくなります。意識的に、鼻でも見つめるような感覚で視線を下げるとフレーム下部のラインはやはり見えますが、まっすぐにPC画面を見ていれば死角に入ったみたいに視界に溶け込みます。
サムズアップ!

難点じゃないけども……

で、悪いところとして挙げるわけではありませんが、紹介文を書いてる以上書かないわけにもいかないので性質として「視界の暗みが増える」というのを書いておきます。全然、短所とかじゃないんですけど。サングラスをして「視界が暗くなったぁ!」って言われても、そういう性質ですし……としか言いようがないですし。そんなレベル。

参考動画として。デジタルカメラで撮った動画なので、カメラの色味とか言われても知りません。参考程度なので!

PCでyoutubeの動画を再生しながらカメラのレンズの前でメガネのレンズを行ったり来たりしているんです。グラフィックの設定はデフォルトです。青みがキツイでしょ? 白が白じゃなくなるでしょ?

もうひとつ。普段使いとしては景色がどう変わるかの参考に。当日はすごい曇ってた日。

ひとつ目が前まで使ってたメガネ。ふたつ目が「OG-YBLP01GY」です。いま思えばどうして以前のものを動画内で映したのかはわかりません。

ようはこれくらい変化するよ、ということを理解してほしいということです。特に白色が一番影響を受けるようです。当たり前か。

いいポイントを列挙しよう

「お値段」手が伸びにくいってことはない低価格。

「装着感」軽い。付けてるのを忘れるのは無理だけど、作業に集中できないのをメガネのせいにはできない。それくらいの寄り添いフィット感あります。メガネへの慣れは必要ですが。

「フレームが邪魔にならない」メガネへの抵抗感の最大の理由がフレームの存在だと思いますが、その面はクリアできてます。

「疲れを体感しにくい」BLカットメガネ総じて言えることですね。

「メガネを持ち上げるだけで通常の状態が確認できる」利点かどうか怪しいながらもフィルムとの差異として。

付属の備品について

付属品は収納ポーチがひとつ。

ブルーライトカットメガネ

「これが眼鏡拭きにもなります」って説明が公式にあるんですが、実物を見る限りこれで拭くのは流石に抵抗がありますね。「このズボンは油分を吸うのでポテトをつまんだあとはここで指を拭いてください。大丈夫です」みたいなもんですよ。それはちょっと嫌だ。

とはいえ裸で眼鏡を机のどこかに置いておくと、レンズに傷が入ったりホコリが付着しちゃうので、使わないときだけ収納することにします。

レンズのメンテナンスについては、ポーチの外皮とは別にいいアイテムがあります。

メガネクリーナー メンテナンス

メガネクリーナー

っていうどストレートな商品で、クリーナー(液体薬)とコットンが入ってます。まず水道水で軽い洗浄をしたあとにティッシュで乾かしてクリーナーを一滴&コットンで「スッ」で終了。これはFLETSなどの100円ショップに出向けば同類の商品が見つかるはずです。

すごいぞ100円ショップ!

休ませづらい部位なだけに負担は少なくしたいもの

そんなこんなで、ブルーライト対策に優良なELECOMのメガネの紹介記事でございました。
働くあなたのお眼鏡に適ったでしょうか(これが言いたかっただけ

長く使っていたブルーライトカットメガネが壊れての買い替えでしたが、むしろ壊れてよかったのかもしれない。天寿をまっとうしたと受け止めよう。

普段眼鏡をかけない人には装着自体にそもそもの抵抗があると思います。グラフィック設定でも十分な対策にはなるんですが、それでも「なんか違うのかも」と思ったらそのときに選択肢に入れればいいんじゃないでしょうか。このページを見てくださっているってことは、もう検討中は検討中なのか。であれば、「ブルーライトカットメガネとして外してないですよ」と言っておけば十分だと判断します。

軽い、安い、疲れにくい。

お値段以上のBLカットメガネ「OG-YBLP01GY」──是非ともおすすめです。

それでは、良きPCとの付き合いを。