NAHAVANDを聴こうか。もしくは観に行こうか

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

前回彼らを観たのは花見が盛んだった季節で、大阪城でのお花見を中断し(ソロ花見に中断も何もないんだけど)京都にくりだした夜でした。

京都は二条、nano-モグランBARにてDJイベント? でのゲストライブで演奏するってことだったので、待ち時間が苦痛かもしれないと不安はあったものの『Made』を生で聴きたいなあと思い馳せ参じたのであった。

(DJイベントでの苦痛というのは、知らない曲が続いてかかったりするときに、「みんながなんか盛り上がってるのにどうして私はこの曲を知らないのかって自己嫌悪スパイラルに毎度陥るからである。「オレが知らない曲かけんな!」ではない)

クールorアンクールがルール

それが彼らの一貫したスタイルである。

たとえば、一曲聴いて「音楽性のシフト」とか言い出すのは早計というかナンセンスなんだけど、彼らが今年の3月か4月ぐらい(アバウトだな)に発表した楽曲で『Made』ってのがあって。

最初に聴いた『最強のふたり』に代表されるような、歪み/クランチ系サウンドのギターで、アルペジオときにストローク、といったトラック作りが主体だった前作のアルバム『最強のふたり』のころと比較すると、わりかし色味の違うリズムアプローチで出来上がっていて(「トラップ」というらしいが、いまいち掴みきれないジャンルだ)、初見でもアンテナを刺激されること請け合いである。聴きやすい、とか言うと当の二人に見つかり次第ボロクソに言われそうで怖いんですが。というか、一から十まで怖いんですが。

スローなBPMに、LやRからチチチチチチチチという刻みが鳴っていると「トラップ」と認識することにしている。ハイハット刻めばトラップかよって言われそうだが、それくらいトラップについての知識がない。ダブステップのときの「ヴイーー、ボアボアボア=ああダブステだ」くらい不真面目な認識。
普通は歌詞とかも加味してカテゴリされるもんだと思うんだが……。

ともかく聴いてみましょう。

うん、いい。

最後に下向いてニヤッとするのがいい。(そこかよ
あ、これはMVでの話でした。

おもわずハッとさせるリリック、歌詞、センテンスが飛んでくるのは大きな武器になる。武器になるってよりはすでに身につけてる観ありありですが。

たとえば私の好きな一節。

「1時に入りってそれはありえない」(『Nalycist』より)

(※ライブハウスなどに演者で出た経験のある人なら心当たりがあるかと思いますが、
出演者は音出し確認等のため、出番が20時でも会場入りは14時ごろだったりします。リハ30分前に会場入りして、リハが20分くらいあって、そこから本番の20時まで五時間くらいの空きができるんですよ。出番が遅い演者から先にリハをする”逆リハ”ってシステムなんですが、まあ持て余す持て余す)

このよくわからない時間、どうにかならんかな、とは常々思ってたんですけどね。まあズバッと彼は言うわけです。歌にするわけです。それだけでシステムが変わるわけではないけど。

うえのセンテンスはじめ、日頃の思いを代弁してくれるのって、それだけでころっとヒーロー視してしまう癖〈へき〉がある。この感情は言葉にするとこういうことだったんだって気づかせるというか。
まあ、ほとんどがどストレートな言い回しで、そこがまた気持ちいいんですが。

カート・コベインって発音してる……ふふふ。

次のアルバムが試金石

そんな彼らのライブを久々に心斎橋Pangeaで観てきました。

G3(たぶん)とMacノート1台で乗り込んできた時里氏。いまだに彼が喋ってるのを見たことがない。宮内氏はフレークレコードのパーカー着てました。FRAKE RECORDSっていうのは心斎橋の横、堀江にあるレコードショップです。初めて来店したときはなぜかカウンターのなかにチャットモンチーの福岡晃子がレジ係してました。それはまあ忘れがたい思い出でいいとして、とにかくアンテナの優れたレコードショップだ、というのが私の認識です。

フライングした情報で知っていたには知っていたけれど、どうやら2018年には満を持して新譜が出るらしい。いきなり話題が変わる。

しかもASIAN KUNG-FU GENERATION-後藤正文が主宰のOIDから、というのだから驚き。

本人も言っていたが、一度聴いてカッコイイかダサいかを判断すればいいと。ただ聴かれる機会がないのも寂しいので、フレンドリーファイアにならない範囲で小さく援護射撃がしたくなったしだい。

どうせ知るなら早いほうがいいじゃん?──おっしゃる通り。

おしまい。


【参照リンク】

NAHAVANDのTwitterアカウント
https://twitter.com/NAHAVAND_TOR

FLAKE RECORDS
http://www.flakerecords.com/

only in dreams
http://www.onlyindreams.com/

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】