【映画】ボビー・フィッシャーの生き様『完全なるチェックメイト』

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

完全なるチェックメイト トビー・マグワイア

完全なるチェックメイト

人生終了みたいなタイトルになっちゃった。

ボビー・フィッシャー(本名:ロバート・ジェームズ・フィッシャー)という稀代のチェスプレイヤーがいまして、2008年にレイキャビークでお亡くなりになったんですが、その方の半生を描いた映画『完全なるチェックメイト』を観ました。まずまずの映画でした。

実話に基づく物語

ボビー・フィッシャーは実際に存在した人間ですが、なかなか数奇な人物だったらしく映画のなかでも狂人っぷりがいたるところで描かれます。自分は盗聴されているという強迫観念から電話を何回も分解してました。妄想に囚われて暴言とか吐くし。『テイク・シェルター』のマイケル・シャノンさんを思い出しました。「ああ、この人、精神を蝕まれておかしくなっちゃってる……」っていう怖さ。

その狂人をトビー・マグワイアが演じてるんですが、やっぱり上手いですね。トビー・マグワイアはいい役者だ。

完全なるチェックメイト トビー・マグワイア

登場シーンの三分の一くらいはずっとピリピリしてるんですが、怒りが爆発したときの手のつけられなさ聞き入れのなさといったらもうね。『マイ・ブラザー』なみの好演かと。

チェスの試合中に審判(進行?)の人がメモのボードを落としたときの嫌そうな顔がまたいい。そんなピリピリしなくてもっていう。

完全なるチェックメイト トビー・マグワイア

すごい神経質で、カメラの音がうるさいお客さんの咳がうるさいと要望ばかり出す。神経質というか、ボビーの気を散らすようにロシア側が仕掛けた策略だと思いこんでる。

母が共産党員なので、FBIからスパイ容疑をかけられてた描写なんかはあるんだけど、このざわつくお客さんや先述の盗聴もどこまでが実際に行われていたのかは映画ではあえて明示されていない。半分はボビーの妄想かもしれないし、ほんとうに徹底した監視下にあったのかもしれない。そこに不穏な怖さがあったりする。

チェスのルールがわからなくても問題なし

完全なるチェックメイト ボビー・フィッシャー

私自身、各駒の動きと大まかな勝利条件くらいしか知りませんが、頭に「?」を出すことなく見進めることができました。将棋でいうところの”美濃囲い””矢倉”というのがあるのは知ってるけどどういうものかは知らない、というレベルでもさして問題はないかと。

もちろんわかっていたほうが理解が深まるんだろうけど、盤上をがっつり映して……みたいなのは少なくて「いま戦法について話してるんだな」「すごい変則的な手を使っているようだ」「あ、詰んでる」というのは簡単にわかるようになっていました。

チェス映画ではあるけども、やはり中心は”冷戦という時代、ボビー・フィッシャーという人物あるいは世界王者ボリス・スパスキーとの対戦”そのものである。

裏のテーマとしてのチェス。チェスに魅入られる人と狂わされる人。チェスを極めようとするとまともではいられなくなると話すロンバーディ神父の言葉通り、世界王者のスパスキーも次第にまともな人間には見えなくなってくる。

完全なるチェックメイト ボビー・フィッシャー

「何か音が……音がする……」

天才とマッドは紙一重、とはよく言ったものです。

物語は面白いが画作りは退屈

すごい薄味な画面が続く。ラグジュアリー感が必要な映画では決してないけど、なんなんだろあれは。冷戦下のあの時代の貧相な感じなのか。

幼少のボビー役の子どもがトビー・マグワイアの面影があって、やっぱりこのあたりはしっかり配役を探してくるんだなーとご満悦。「──Again」がかわいい。

完全なるチェックメイト

ただこのあとの、チェスしてる間に15歳くらいのボビーまで成長して時間が飛ぶ演出は不発でしたね。「ちょっと演出っぽいことしましたでー」な感じが余計に見え透いて、というか鼻について嫌だ。それ、そこまでうまくねえよ、と。

娼婦のあの娘も無駄使いもとい消化不良。

『完全なるチェックメイト』という邦題

原題の『Pawn Sacrifice』には、冷戦下だったアメリカ・ロシア間においてのチェスプレイヤー二人(言わずもがなボビー・フィッシャーとボリス・スパスキー)は互いに国民からは英雄と呼ばれながらも、各国の首脳リチャード・ニクソンとレオニード・ブレジネフにとってはあくまでも国ありきの駒のひとつ(しかもポーン)でしかなかったという意味が込められている。

それがどういうわけか「完全なるチェックメイト」なんて邦題になっていて、とてもじゃないがその思いを汲み取るのは不可能に近い。こういうのはほんとにやめて欲しい。どうして「完全なるチェックメイト」なんてつけたのよ?

チェス映画 番外編『ボビー・フィッシャーを探して』

むしろこっちが本記事のメイン。

小話。

「何かおすすめの映画ありますか?」「面白いやつ知りません?」

これほど面倒な質問もない。どれだけの人が苦しんできたことか……。

まず要望が漠然としすぎていて、こちらも何が正解に近いのかすら見通せない。
サンプルデータでかすぎでしょう。

そこで結局こちらも質問を返すことになる。

「どんな系統のものがお好みで?」「グロいのは問題なし?」「160分越えてもいい?」

ああ、めんどくさい。

そんな二度手間を解消できるA層・B層・C層・D層、F1からM3まで全部まるっと対応した映画がある。「そんなもんあるのか」と思われるだろうが……あるのだ。

それが『ボビー・フィッシャーを探して』である。そもそも『完全なるチェックメイト』を借りようと思ったきっかけがこの映画を観ていたからなのである。

ジョシュ少年がチェスの才能に目覚め、チェスを通して人間的成長をしていくお話(ざっくり

チェスにはまるきっかけになる”ストリートチェス”の相手がローレンス・フィッシュバーンなんですよ。『マトリックス』シリーズのモーフィアス役の人。このときはまだ若くてスマートでした。この映画のローレンス・フィッシュバーンもすこぶるかっこいい。濡れながらの高速チェスにしびれる。

完全なるチェックメイト

この公園とチェステーブルが『完全なる-』でもでてきてちょっと嬉しかった。

天才にも葛藤がある。また天才と戦わなければならない人間にも葛藤がある。
あまりにも残酷な”同じ時代に生まれたことを後悔するんだな”的展開。

光があれば陰がある。スポットライトが強ければ強いほど、周りの陰は濃くなる。
そんな陰にも光をしっかり当てているのがこの映画のいいところだと思います。

感動系としてカテゴライズされるとどうしても斜に構えがちなボーイズとボーイズ延長組よ。ぜひ観るのだ。かつての神童、かつての自分がそこにいるはずだ。才能と向き合ってみよう。

ということで、チェス映画なら『ボビー・フィッシャーを探して』が断然おすすめです。