2018年 冬アニメの原作元のまとめと、ちょっとだけオススメ

【下のアイコンを押して あなたの周りにも この記事を拡めてくれたら、 それはとってもうれしいなって】

ヴァイオレットエヴァーガーデン

2018年の冬アニメ最速放送は2017年12月31日の『探偵オペラ ミルキィホームズ アルセーヌ 華麗なる欲望』です。んなばかな。

あっちゅうまに新年です。新クール到来です。「今期何観た?」なんて話す機会も相手も減りました。共感や共有や語らいが鑑賞のモチベーションでもあっただけに、モチベ下がってんじゃないかなと思うことしばしば。これが不純かどうかは知らないが。

なんかそういう統計というか考察があるらしいですよ。
作品外での動きも含めて、アニメは個人で楽しむよりも集団で楽しむものになっている、みたいな。

みんな寂しいんですね。ははは。

じゃあ、2018年の冬アニメ原作の傾向について考えましょう。
「休まない、愚痴らない、考えない!」

分類のルール

大カテゴリとして、まずは以下の8つに分けます。

  1. 漫画(紙媒体)
  2. webコミック
  3. 小説(紙媒体)
  4. ライトノベル(紙媒体)
  5. web小説
  6. ゲーム
  7. オリジナル
  8. その他(CD、イラスト、楽曲、etc.)

メディアミックスの変遷があるものは、放送時クレジットや公式HPのスタッフ・キャスト欄を参考にしています。

ブラウザゲーム、ハードありのソフト、PCゲームなど細分化が起きている「ゲーム」は中カテゴリとしていくつかに分類。

作品は主に”深夜アニメ”と称されるもの、とそれら関連のアニメから更に抜粋。

集計総数は47作です。あやふやな部分もありますが、よろしくどうぞ。PCで閲覧していただくと割りとちゃんと見れます。スマホの方見にくくってすいません。(ここまでほぼ前回のコピペ)

漫画:21本

『恋は雨上がりのように』
『恋は雨上がりのように』HPより

紙媒体に掲載された原作作品。
(※webコミックで発表→紙コミック化したものはwebコミックとして分類)

『カードキャプターさくら クリアカード編』──なかよし
『DEVILMAN crybaby』『七つの大罪 戒めの復活』──週刊少年マガジン
『刻刻』
──増刊モーニングtwo (講談社 計4作)

『覇弓 封神演義』『斉木楠雄のΨ難 第2期』──週刊少年ジャンプ (集英社 計2作)

『からかい上手の高木さん』──ゲッサン
『恋は雨上がりのように』──スピリッツ
『だがしかし2』──週刊少年サンデー (小学館 計3作)

『ハクメイとミコチ』──ハルタ(Harta Comics)
『三ツ星カラーズ』──月刊コミック電撃大王
『BEATLESS』──月刊ニュータイプ (KADOKAWA 計3作)

『ゆるキャン△』──まんがタイムきららフォワード
『スロウスタート』──まんがタイムきらら (芳文社 計2作)

『citrus』──コミック百合姫(一迅社)

『学園ベビーシッターズ』──LaLa(白泉社)

『伊藤潤二「コレクション」』──朝日コミックス(朝日新聞)

『キリングバイツ』──月刊ヒーローズ(ヒーローズ)

『ラーメン大好き小泉さん』──まんがライフstoria(竹書房)

『弱虫ペダル GLORY LINE』──週刊少年チャンピオン(秋田書店)

『まめねこ』──ねこまき(ミューズワーク) (さくら舎)

補足:2017秋クールと比較すると7本増。講談社が最多は変わらず。「でも、一ツ橋グループ的には……?」なんてやりだすと混乱するので割愛します)

webコミック:5本

『ミイラの飼い方』──comico(NHN comico)

『たくのみ。』──裏サンデー(小学館)

『ポプテピピック』──まんがらいふWIN(竹書房)

『銀の墓守り〈ガーディアン〉 第二期』──テンセントアニメ()

『25歳の女子高生』──コミックフェスタ(株式会社ウェイブ)

補足:2017秋クールと比較すると1本減。前期放送作品のなかで満足度上位だった『ネト充のススメ』や『少女終末旅行』がここの畑(?)だったので、媒体も作品数も多いですがしっかりした宝材も眠っている土壌なんだなーと思いました。土壌とか材料とか、いちいちコンサルっぽいな。

comicoで作者に支払い義務を果たしていない事案があったみたいですね。NAVER嫌いが転じてNHN JAPANにはろくな印象を持っていないので、こういうの聞くと「ああ、なるほどな」と。完全に後出し結果論ですけど。

ライトノベル:4本

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』予告編より
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』予告編より

「ライトノベル」の定義付け基準はレーベル制に準拠。とは言ったももの、メディアワークス文庫ってどちらかというと「エンタメ性に重きを……」みたいな創設理念で立ち上がったレーベルですしここに入れていいのかって気がしてきました。「小説」に移動すればよかった……。ご勘弁を。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』──KAエスマ文庫(京都アニメーション)

『博多豚骨ラーメンズ』──メディアワークス文庫
『グランクレスト戦記』──富士見ファンタジア文庫(KADOKAWA 計2作)

『りゅうおうのおしごと!』──GA文庫(SBクリエイティブ)

補足:2017秋クールと同数の4本。
口に出して読みたい作品名『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』がいよいよ登場。KAエスマの長らく空いていた大賞の椅子についに座した本作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が満を持してアニメ化です。同文庫からは『無彩限のファントム・ワールド』以来のアニメ化なので、けっこうな間隔が空いてたんだなーと。
2018年は京アニの年になりそうですが、その中心核になると思います。

web小説:2本

『デスマーチからはじまる異世界』──小説家になろう(ヒナプロジェクト)

『オーバーロードⅡ』──Arcadia(舞様)

補足:2017秋クールと同数の2本。前期にはなかった、「なろう」「Arcadia」ともに一作ずつアニメ化。『オーバーロード』はArcadiaに掲載後「なろう」にも掲載の経歴あり。さらにその後、エンターブレインより書籍版も出版してます。『デスマーチから-』のほうもArcadia掲載を経て富士見書房から単行本を出版してます。つまり両作品ともKADOKAWAからの出版です。

小説:1本

『バジリスク ~桜花忍法帖~』──講談社タイガ(講談社)

補足:前期は0本だったので1本増。分ける意義があるのかないのかわからなくなってます。講談社タイガも若いレーベルなので、もしかするとタイガ発のアニメってバジリスクがタイガ初なのでは?

作品の内容は『-甲賀忍法帖』あとの時代の話なので、新規は入りにくいのかなーなんて思ってます。一話での親切な導入を願う。

残りはゲーム原作とオリジナルアニメについて。続く。

【下のアイコンを押して あなたの周りにも この記事を拡めてくれたら、 それはとってもうれしいなって】