【感想】2016年夏アニメをニ回だけ振り返るぞい。<前篇>

【この記事のこと あなたの周りにも拡めてくれたら それはとってもうれしいなって】

クオリディア・コード

こんばんは。めっきり涼しくなりました。

ブログを書こうとPCの前に座ってもクオリティだのバッシングだのにいらぬ心配をしてしまい、どうにも思ったようなスピードが出ない。

ネット上や誌上には多くの”批評”があり、コピペとか一言の感想や批評で何かを言った気になる。偉くなった気になっている人間を見受ける。しかしそれは批評ですらなくて”知識の披露”にすぎないよ。

ブログ:ごみすてばのようです
[代入する病+映像ソフトについて]より概要をかいつまんで引用しました。<http://royal2627.ldblog.jp/

という身につまされるような記事を見かけて、「そうなんすよ、」なんて考えてますます記事の作成が進まなくなる。

戒だけど、マスゲームに負けて不満に思うのはわかる。色々アンフェアだなとか考える。凝り性はブログを書くのに向いてないというのはどうやらあながち間違っていないように思える。

なつ「え、これで『凝ってる』って言えるの?」

──こういう声がすぐに脳内に飛んできてしまうのだ。
ちょっとした末期である。早期発見でもやっぱ手遅れ。

でもやるんだよ!! 的なパッションとヴァイブスを持って続けていこうと思います。

”批判”と”批評”は違うんだぜ!!

 2016年の夏クール(春クールからの続きものも含める)観た作品から

本当に本数が多くて全部カバーは無理ですね(諦め

1話は全部チェックするマンの異名は誰かに譲ります。この夏はほんとアニメに触れなかったなあと思う。仕事辞めたのに何してたんだろ。多分無駄に悩んで無駄に逃避するためバイクで走ったり別のことしてる気になってたんだと思う。まあ、それはどうでもいいか。

仁義なき戦い

広島とか行ってました

1話は観たけど以降観なくなった作品

アニメーションとして面白くなさそう、とか
ジャンル的に新発見はなさそう、とか
前期観てないからいまさらだなあ、とか
色々あるけどとりあえず列挙。

;;;;

不機嫌なモノノケ庵、ベルセルク、食戟のソーマ 弐ノ皿、ラブライブ!サンシャイン!!、初恋モンスター、DAYS、テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス甘々と稲妻、魔装学園ハイブリッドハート、クオリディア・コード、91Days

;;;;

GIGAZINEの新作アニメ一覧  のページ見ながら書いてます。ちょっと重さが気になるけど便利なページ。毎度お世話になってます。
おそらく作品漏れはないかと。

で、この上に書いてないのは全く手を付けてないか、最後まで(一応)観続けたものに分類されていくんだけどこの書き方はややこしくなったな。失敗だ。

上記の作品中でも気になってるものは赤字でマークした。いずれ観ようとは思っている。秋クールが本数減ってきたら時間を見つけてチェックしたいところである。

いくつか感想。

ラブライブ!サンシャイン!!
また13話でなにやら一悶着あったみたいで、完全に門外漢だからそこだけチェックしてもしょうがなから観てない。モブがいきなり乱入してきて演出意図がよくわからない、という話らしいが、1話から観ないと良し悪しが判断できないよなーなんて。

私はラブライバーじゃないので(これが蔑称かどうかはさておいて)

初代も1話しか観てない。なんだか3Dが浮いてんなあーくらいの感想しかなくて「ああ、いま流行りのアイドル青春サクセスものね」なんて思ってスルーしていたらこんなビッグコンテンツになってました。

で、今期のラブライブ!

津島善子

中二病の子がかわいいかも、ってキービジュアル観たときは思ってたんだけど、いざ声優さんの演技が入ると血の気がサーと引いていったのを覚えています。1話以降あの子がどうなったのかしらないんだけどね。

DAYSはEDが2000年代真ん中のパンクみたいな音楽だった気がする。よくある最後あたりのサビでコード進行いじる系なんだけど、そこがもう時代の古さ・流れの早さみたいなものを感じた。いまそれすんのかよ、みたいな。少なくとも89.0秒サイズでの編集で出すもんじゃねえだろ、と。

で、映像もイマジナリーライン超えしてて、あえてというよりは完全にミスだろうこれって思ってたんだけど、アニメ関係者のツイートで「流石です」ってのがあって(ILに言及してたわけじゃない)、「はあ……そうすか」と。プロの評価はようわからん。

甘々と稲妻91Daysのふたつは1話から上々の出来で、これは面白いのが始まったぞ!! と思ったもののなぜか続きを観ていない。太字で書いてるように1話しかみてないけど好意的な評価です。
このふたつはちゃんと観る。

クオリディア・コードは1話から「ぼくのきらいな”らのべ”のかいわ」が炸裂してて作画もなかなかにトリップしてたのですぐ観なくなったんだけど、たまたま観た第七話『救済のパラノイア』で「あれ、ちょと面白くなってきてる?」なんて思った。知らない間にカナリアが死んでたんだけど。

クオリディア・コード

で、第八話『反転のクオリア』でやっぱり面白くなってるぞと。

「ゼイリブだこれ-!! ゼイリブだー」なんて。

はたして自分の見ている世界は現実なのだろうか、本物なのだろうか、っていうマトリックスにつながっていく概念。こういうの私の好きなテーマ。サブタイもかっこいい。

この回は渡航が直々の脚本だった。最近原作者が脚本にたつのよく目にするな。『NEW GAME!!』のお泊りお風呂回もそうだった(余談)。
しかし作画は難ありのまま。レガリアが可愛く思えるようなレベル。A-1の何処のラインだったのか。

結局このまま観続けたのでした。

に続く。